中村保男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

中村 保男(なかむら やすお、1931年12月21日 - 2008年12月9日)は日本の翻訳家作家

人物[編集]

東京府生まれ。1955年東京大学文学部英文科卒業、1958年同大学院修士課程修了。在野の福田恆存に師事し、1957年福田を中心に沼沢洽治谷田貝常夫横山恵一と読書会「蔦の会」を結成する。

初期の訳書では、福田と共訳のコリン・ウィルソン『アウトサイダー』(1957年)、G・K・チェスタートンブラウン神父シリーズ」(1959 - 1961年)が代表的である。単独では伝記の『フランクリン』(R・バーリンゲーム、時事通信社、1956年)、小説の『苦力』(マルク・ラジ・アナンド、新潮社、1957年)などが挙げられる。1960年代から1990年代にかけて安定したペースで翻訳を継続し、訳書の総計はフィクション(主にSFミステリー)だけで100を超える。シルヴァーバーグ時間線を遡って』、J・G・バラード『燃える世界』、パングボーン『オブザーバーの鏡』など、創元推理文庫SF部門の初期を飾る名作SF群を手がけた。 ミステリーでは前述した「ブラウン神父シリーズ」を初め、フレドリック・ブラウンハドリー・チェイスen)、ピーター・ラヴゼイ等がある。小説以外の翻訳としてはオルダス・ハクスレー『永遠の哲学』(平河出版、1988年)やコリン・ウィルソンによる複数の思想書などがある。

著書としては、主に英語と翻訳に関するものが約20冊ある。中・高校生向の『英語なぞなぞ集』、一般向けの『翻訳の技術』、専門家向けの『翻訳の秘訣』など。

翻訳業と併行し、立教大学慶應義塾大学早稲田大学白鴎大学などで大学講師として働いた。

2008年12月9日埼玉県さいたま市病院にて肺炎により死去[1]。76歳没。

著書[編集]

  • 『翻訳の技術』(中公新書) 1973年
  • 『楽しむ英語』(中公新書) 1975年
  • 『言葉は生きている』(聖文社) 1978年
  • 『イメージとしての英語 - 超辞書的英語征服術』(日本翻訳家養成センター、Babel双書) 1981年
  • 『翻訳の秘訣 - 理論と実践』(新潮選書) 1982年
  • 『ユーモア辞典』(中央公論社、C books) 1982年
  • 『翻訳はどこまで可能か』(ジャパンタイムズ) 1983年
  • 『実用英語サクセス和英表現辞典』(日本英語教育協会) 1985年
  • 『英訳日本語らしい表現660』(日本英語教育協会) 1986年
  • 『英語なぞなぞ集』(岩波ジュニア新書) 1987年
  • 『名訳と誤訳』(講談社現代新書) 1989年
  • 『現代翻訳考- 超訳・名訳・誤訳を読む』(ジャパンタイムズ) 1992年
  • 『続・英和翻訳表現辞典』(研究社出版) 1994年
  • 『中村保男の使えますか、この英語』(研究社出版) 1995年
  • 『日英類義語表現辞典』(三省堂) 1998年
  • 『創造する翻訳 - ことばの限界に挑む』(研究社出版) 2001年
  • 『英和翻訳の原理・技法』(日外アソシエーツ) 2003年
  • 『絶対の探求 - 福田恆存の軌跡』(麗澤大学出版会) 2003年

共著[編集]

  • 『英和翻訳表現辞典』1 - 3(谷田貝常夫共著、研究社出版) 1978 - 1982年
  • 『「大学入試」英語長文要約法』(谷田貝常夫共著、三省堂) 1994年

主な翻訳[編集]

ミステリー[編集]

  • チェスタートン
    ブラウン神父」シリーズ(福田恆存共訳、のちに中村保男訳名義、東京創元社、創元推理文庫)
    ブラウン神父の童心』 1959年
    ブラウン神父の不信』 1959年
    ブラウン神父の知恵』 1960年
    ブラウン神父の秘密』 1961年
    ブラウン神父の醜聞』 1961年
    『奇商クラブ』(福田恆存訳名義、東京創元社、世界推理小説全集) 1959年、のち中村保男訳名義、創元推理文庫 1977年
    『詩人と狂人たち』(福田恆存訳名義、東京創元社、世界推理小説全集33) 1957年、のち国書刊行会世界幻想文学大系12 1976年(福田恆存訳とされているが実質は中村保男訳)、のち中村保男訳名義、創元推理文庫 1977年
    『ポンド氏の逆説』(福田恆存訳名義、東京創元社、世界推理小説全集56) 1959年、のち中村保男訳名義、創元推理文庫 1977年
  • 『第二の男』(エドワード・グリアスン、福田恆存と共訳、東京創元社、現代推理小説全集10)1957年
  • 『リトモア少年誘拐』(ヘンリー・ウェイド、東京創元社、クライム・クラブ5) 1958年、のち創元推理文庫
  • 『モーテルの女』(フレドリック・ブラウン、東京創元社、創元推理文庫) 1975年
  • 『裁判』上・下(V・ビューグリオシー、創林社) 1979年
  • 『ソフト・センター』(ハドリー・チェイス、東京創元社、創元推理文庫) 1976年
  • 『キーストン警官』(ピーター・ラブゼイ早川書房、ハヤカワ・ミステリ文庫) 1985年
  • 『ロケーションの女』(ハワード・エンゲル、早川書房、ハヤカワ・ミステリ文庫) 1986年
  • 『殿下と七つの死体』(ピーター・ラブゼイ、早川書房、ハヤカワ・ミステリ文庫) 1991年

SF[編集]

特記せぬ場合は東京創元社、のち創元推理文庫(一部はのちに創元SF文庫へ)

コリン・ウィルソン[編集]

  • 『ガラスの檻』(新潮社) 1967年
  • 『夢見る力 - 文学と想像力』(竹内書店) 1968年
  • 『オカルト』上・下(新潮社) 1973年
  • 『黒い部屋』(新潮社) 1973年
  • 『純粋殺人者の世界』(新潮社) 1974年
  • 『新時代の文学』(福村出版) 1976年
  • 宇宙ヴァンパイアー』(新潮社) 1977年
  • 『賢者の石』(東京創元社、創元推理文庫SF) 1982年
  • 『フランケンシュタインの城 - 意識のメカニズム』(平河出版社) 1984年
  • ルドルフ・シュタイナー - その人物とビジョン』(河出書房新社) 1986年
  • 『コリン・ウィルソン評論集 - 新楽観主義を求めて』(扶桑社) 1987年
  • 『現代の魔術師 - クローリー伝』(河出書房新社) 1988年
  • 『コリン・ウィルソンのすべて - 自伝』上・下(河出書房新社) 2005年

その他のフィクション[編集]

  • 『苦力』(マルク・ラジ・アナンド、新潮社) 1957年
  • 『ホロコースト』上・下(ジェラルド・グリーン、パシフィカ) 1978年
  • 『癒されぬ傷』(リー・グルーエンフェルド、TBSブリタニカ) 1994年
  • 『エイリアニスト』(ケイレブ・カー、早川書房、ハヤカワ文庫NV) 1995年
  • 『少年ピーターのささやかな冒険』(エリック・クラフト、新潮社、新潮・現代世界の文学) 1997年
  • 『ロス・アラモス運命の閃光』上・下(ジョゼフ・キャノン、早川書房、ハヤカワ文庫NV) 1998年
  • 『再開』(エリザベス・リチャーズ、飛鳥新社) 1998年
  • 『誇りへの決別』(ギャビン・ライアル、早川書房、ハヤカワ文庫NV) 2000年

その他のノンフィクション[編集]

  • 『フランクリン』(R・バーリンゲーム、時事通信社) 1956年
  • 『空想動物園 - 神話・伝説・寓話の中の動物たち』(A・S・マーカタンテ、文化放送) 1976年
  • 『冒険の文学 - 西洋世界における冒険の変遷』(ポール・ツヴァイク、文化放送開発センター出版部) 1976年、のち法政大学出版局、教養選書 1990年
  • 『ブレザレン - アメリカ最高裁の男たち』(ボブ・ウッドワード、TBSブリタニカ) 1981年
  • 『ベルリッツの世界言葉百科』(チャールズ・ベルリッツ、新潮社、新潮選書) 1983年
  • 『サイエンス・アドベンチャー』上・下(カール・セーガン、新潮社、新潮選書) 1986年
  • 『永遠の哲学 - 究極のリアリティ』(オルダス・ハクスレー、平河出版社) 1988年
  • 『教養が、国をつくる。アメリカ建て直し教育論』(E・D・ハーシュ、TBSブリタニカ) 1989年
  • 『男らしさの心理学』(ロバート・ムーア、ジャパンタイムズ) 1993年
  • 『アメリカ教養辞典』(E・D・ハーシュ、川成洋共訳(監訳)、丸善) 1997年
  • 『はじめての死体解剖 - 医学部新入生の16週間』(A・H・カーター、飛鳥新社) 1999年

関連項目[編集]

主要参考文献[編集]

  • 『翻訳の技術』(1979年第8刷)
  • 『翻訳の秘訣』(初版)

脚註[編集]