ピーター・ラヴゼイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ピーター・ラヴゼイ

ピーター・ラヴゼイPeter Harmer Lovesey1936年9月10日 - )はイギリスミステリ作家

息子のフィル・ラヴゼイもミステリ作家。

略歴[編集]

イギリスのミドルセックス州ウィットン生まれ。英国空軍や講師などの職に就き、1970年『死の競歩』でデビュー。ピーター・リアー名義を使っている場合もある。エドワード皇太子が活躍する「殿下」シリーズの他、『偽のデュー警部』『キーストン警官』等、いわゆる歴史ミステリー物の作品が知られる。現代を舞台にした作品では、偏屈な頑固オヤジ、ピーター・ダイヤモンド警視が活躍する人気シリーズを生み出している。

受賞歴[編集]

英語圏

  • 『死の競歩』 CWA賞英国推理作家協会) 最優秀新人賞受賞
  • マダム・タッソーがお待ちかね』『バースへの帰還』『猟犬クラブ』 CWA賞 シルバー・ダガー賞受賞
  • 『偽のデュー警部』 CWA賞 ゴールド・ダガー賞受賞
  • 『最後の刑事』 アンソニー賞 最優秀長編賞受賞

非英語圏

作品[編集]

クリッブ巡査部長シリーズ

  • 死の競歩 - Wobble to Death (1970年)
  • 探偵は絹のトランクスを穿く - The Detective Were Silk Drawers (1971年)
  • 殺しはアブラカダブラ - Abracadaver (1972年)
  • 帽子屋の休暇 - Mad Hatter's Holiday (1973年)
  • ダイナマイト・パーティへの招待 - Invitation to a Dynamite Party (1974年)
  • 降霊会の怪事件 - A Case of Spirits (1975年)
  • 絞首台までご一緒に - Swing,Swing Together (1976年)
  • マダム・タッソーがお待ちかね - Waxwork (1978年)

アルバート・エドワード皇太子シリーズ

  • 殿下と騎手 - Bertie and the Tinman (1987年)
  • 殿下と七つの死体 - Bertie and the Seven Bodies (1990年)
  • 殿下とパリの美女 - Bertie and the Crime of Passion (1993年)

ピーター・ダイヤモンド警視シリーズ

  • 最後の刑事 - The Last Detective (1991年)
  • 単独捜査 - Diamond Solitaire (1992年)
  • バースへの帰還 - The Summons (1995年)
  • 猟犬クラブ - Bloodhounds (1996年)
  • 暗い迷宮 - Upon a Dark Night (1997年)
  • 地下墓地 - The Vault (1999年)
  • 最期の声 - Diamond Dust (2002年)
  • 漂う殺人鬼 - The House Sitter (2003年)
  • 処刑人の秘めごと - The Secret Hangman (2007年)

長編作品

  • ゴールデン・ガール - Golden Girl (Peter Lear名義) (1977年)
  • 偽のデュー警部 - The False Inspector Dew (1982年)
  • キーストン警官 - Keystone (1983年)
  • 苦い林檎酒 - Rough Cider (1986年)
  • つなわたり - On the Edge (1989年)
  • 死神の戯れ - The Reaper (2000年)

短篇集

  • 煙草屋の密室 - Butchers and Other Stories of Crime (1985年)
  • ミス・オイスター・ブラウンの犯罪 - The Crime of Miss Oyster Brown and Other Stories (1994年)
  • 服用量に注意のこと - Do Not Exceed the Stated Dose (1998年)

関連書[編集]

  • 直井明『本棚のスフィンクス 掟やぶりのミステリ・エッセイ』論創社 - 『偽のデュー警部』のプロットを詳細に分析した文章が収録。

外部リンク[編集]