アンソニー・バージェス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アンソニー・バージェス(1986年)

アンソニー・バージェス(Anthony Burgess, 1917年2月15日 - 1993年11月22日)は、イギリス小説家、評論家。アントニー・バージェスとも表記される。彼はまた作曲家、詩人、脚本家、ジャーナリスト、エッセイ、旅行記、翻訳などでも有名であった。彼は東南アジア、アメリカ合衆国、中央ヨーロッパなど様々な場所に暮らし、著作活動を行った。

生い立ち[編集]

ジョン・バージェス・ウィルソン (John Burgess Wilson) はマンチェスターのハーパーヘイに、カトリックの父親とプロテスタントの母親の間に生まれる。幼少時はジャックと呼ばれ、堅信式の後にアンソニーと名付けられてアンソニー・バージェス・ウィルソンとなる。1956年からアンソニー・バージェスのペンネームを使い始める。

母エリザベス・バージェス・ウィルソンはアンソニーが1歳の時に死去する。母は1918年から1919年にかけて流行したスペイン風邪にその命を奪われ、アンソニーの妹のマリエルも同じくスペイン風邪の犠牲となった。エリザベスは地元の女優およびダンサーであり、マンチェスターの音楽ホールのステージを踏んでいた。彼女の芸名はバージェスによると「ザ・ビューティフル・ベレ・バージェス」であったという。

バージェスが「アウグスチヌス主義のカトリック教徒」と評した父ジョセフ・ウィルソンは1948年に死去した。父はブックメーカー無声映画の伴奏ピアニスト、百科事典のセールスマン、肉屋、タバコ屋と様々な職を手にした。ジョセフは妻の死後、パブの女主人と再婚したが、バージェスは「ほとんど酔っぱらって不在であり、自分のことを“父親”と呼んだ」と書き表している。

バージェスは母方の叔母によって育てられ、父親の再婚後は継母に育てられた。彼の家は叔母が経営したタバコ・酒類販売店の上にあった。

主な作品[編集]

小説[編集]

  • A Clockwork Orange 『時計じかけのオレンジ
  • The Wanting Seed 『見込みない種子』
  • Inside Mr. Enderby 『エンダビー氏の内側』
  • The Eve of St. Venus 『聖ヴィーナスの夕べ』
  • Nothing Like the Sun 『その瞳は太陽に似ず』
  • Tremor of Intent 『戦慄』
  • M/F 『MF』
  • Napoleon Symphony 『ナポレオン交響曲』
  • A Long Trip to Tea Time 『どこまで行けばお茶の時間』
  • Beard's Roman Women 『ビアドのローマの女たち』
  • Abba Abba 『アバ、アバ』
  • 1985 『1985年』

絵本[編集]

  • The Land Where the Ice Cream Grows 『アイスクリームの国』

その他[編集]

  • The Novel Now 『現代小説とは何か』
  • Shakespear 『シェイクスピア』
  • New York 『ニューヨーク』
  • Ernest Hemingway and His World 『図説ヘミングウェイの世界』
  • They Wrote in English 『バージェスの文学史』

映画[編集]

外部リンク[編集]