小津次郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

小津 次郎(おづ じろう、1920年3月22日- 1988年8月30日)は、日本の英文学者

経歴[編集]

愛知県名古屋市生まれ。小津三家の一つの出身で、三重県松坂を本籍地とし、小津安二郎はまたいとこに当たる。1940年、東京帝国大学英文科に入学、中野好夫助教授の指導を受け、1942年、繰上げ卒業。大学院に進学し、1946年、國學院大學予科教授、1950年、東京大学教養学部助教授となる。1958年、これを辞して東京都立大学人文学部助教授となる。

1962年、東大英文科助教授、1971年教授。1981年の退官後は明星大学英文科教授。シェイクスピアを専門とし、日本英文学会会長、日本シェイクスピア協会会長を務めた。没後正四位勲三等旭日中綬章

主な著書[編集]

翻訳[編集]

責任編集[編集]

還暦記念論集[編集]

  • 『イギリス・ルネサンスー詩と演劇』 紀伊国屋書店 1980年