創元SF文庫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

創元SF文庫(そうげんエスエフぶんこ)は、株式会社東京創元社が刊行する文庫SF叢書。これまでに600点以上の作品(主に海外SF作品)を刊行している。

歴史[編集]

1963年9月創刊。第1弾はフレドリック・ブラウンの短編集『未来世界から来た男[1]。1959年から刊行されていた創元推理文庫[2]の「SF部門」として始まり、1991年11月に現行の「創元SF文庫」と名称を変更、独立した叢書となった[3]。この年、東京創元社刊行の文庫が、それまで著者別に付けられた番号(601番以降が与えられていた)で分類されていたのを、他社と同様に著者名の五十音別で分類するよう変更されたことに伴うもの。この際、それまで作品別に付けられていた背色・背にある文字(題名、作者名等)の色も、すべて藤色の背と黒字に統一された。

2007年2月からは、日本人作家のSF作品も刊行されている。第1回配本は田中芳樹銀河英雄伝説』と堀晃バビロニア・ウェーブ』であった。2008年~2019年には大森望日下三蔵共編による《年刊日本SF傑作選》を刊行した[4]。また、この《年刊日本SF傑作選》の関連企画として2009年創元SF短編賞を創設した[4]

収録作品の移動[編集]

「創元SF文庫」への名称変更に伴って、それまで「SF部門」で刊行されていた一部作品が「創元推理文庫F」(それまでの「怪奇と冒険部門」ないし「帆船マーク」)に移動された。

また、ジュール・ヴェルヌ作品は、「推理文庫F」と「SF」にまたがって刊行されていたが、「創元SF文庫」に統一された。

代表的な刊行作品[編集]

創元SF文庫を代表する刊行作品に、以下のものがある(2009年の「読者投票によるベスト20[5]」より)。

脚注[編集]

  1. ^ 創元SF文庫の歴史(その1) 始まりはブラウンから” (日本語). シミルボン. 2022年5月16日閲覧。
  2. ^ デジタル大辞泉プラス. “創元推理文庫とは” (日本語). コトバンク. 2022年5月16日閲覧。
  3. ^ デジタル大辞泉プラス. “創元SF文庫とは” (日本語). コトバンク. 2022年5月16日閲覧。
  4. ^ a b 創元SF短編賞のあゆみ” (日本語). Web東京創元社マガジン. 2022年5月16日閲覧。
  5. ^ 創元SF文庫を代表する1冊は何か?――読者投票によるベスト20”. 2012年12月24日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]