沼沢洽治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

沼沢 洽治(ぬまさわこうじ、1932年12月6日 - 2007年11月16日[1])は日本の英文学者、翻訳家。東京工業大学名誉教授。従四位瑞宝中綬章。

東京都本郷区本富士町(文京区) 生まれ[2]。1955年、東京大学文学部英文科卒業[3]。1958年、東京大学大学院修士課程修了[4]。1960年~1961年コロンビア大学に留学[5]

東京工業大学教授。1988年、退任して東京工業大学名誉教授[6]桐蔭学園横浜大学教授をへて、1996年から2001年まで聖心女子大学文学部教授(外国語外国文学科)[7]

専攻はアメリカ文学。姓の正式な表記は沼澤[8]

専門としてはヘミングウェイフィッツジェラルドなどロスト・ジェネレーションの作家や、サリンジャー、および現代英米演劇。福田恆存が理事長を務める現代演劇協会に参加、その傘下にある劇団雲劇団欅劇団昴において英米戯曲の翻訳も手がけた。

SFファンでもあり[9][10]、翻訳家としての活動の前半期(1960年代中盤 - 70年代序盤)にはSFの翻訳も行なった。「武器店」二部作、『宇宙船ビーグル号の冒険』(創元版)、『終点: 大宇宙!』などヴァン・ヴォークトのSF作品が有名。他にアイザック・アシモフ「トランター」もの、アルフレッド・ベスター『分解された男』など。

訳書の総計は40ないし50冊。確認できる最古の翻訳は、T・S・エリオット「劇詩問答」で、1960年、中央公論社『エリオット全集・第3巻』に収録された。

英米演劇の翻訳では、アーサーミラー『セールスマンの死』、スタインベック『怒りの葡萄』など。

受賞[11][編集]

  • 2001 第55回芸術祭演劇部門芸術祭大賞=「怒りの葡萄」
  • 2005 第4回朝日舞台芸術賞グランプリ=「喪服の似合うエレクトラ」

翻訳以外の著述[編集]

創作・エッセイ等の著作はないが、公刊された英米文学に関する評論・研究解説が少しある。「サリンジャー文学とニューヨーク」([12]に所収)、「『ブラック・ヒューマー』作家」([13]に所収)、『英米文学史講座』の「SF」の章(正確には[10])など数編。また劇団三百人劇場で公演された翻訳劇の解説が多数ある。

主要訳書リスト[編集]

  • 『燃える導火線』(創元推理文庫)ベン・ベンスン、東京創元社、1962年
  • 『暗黒星雲のかなたに』(創元推理文庫)アイザック・アシモフ、東京創元社、1964年
  • 『宇宙船ビーグル号の冒険』(創元推理文庫)A・E・ヴァン・ヴォークト、東京創元社、1964年
  • 『夜への長い旅路』(世界文学大系 第90)ユージン・オニール、筑摩書房、1965年
  • 分解された男』(創元推理文庫)アルフレッド・ベスター、東京創元社、1965年
  • 『イシャーの武器店』(創元推理文庫)A・E・ヴァン・ヴォークト、東京創元社、1966年
  • 『非Aの傀儡』(創元推理文庫)A・E・ヴァン・ヴォークト、東京創元社、1966年
  • 『武器製造業者』(創元推理文庫)A・E・ヴァン・ヴォークト、東京創元社、1967年
  • スクーバ・ドゥーバ(ブルース・ジェイ・フリードマン 今日の英米演劇 第5 白水社 1968
  • 『シカゴ』(現代アメリカ戯曲選集 第1)サム・シェパード、竹内書店、1969年
  • 地球幼年期の終わり』(創元推理文庫)アーサー・C・クラーク 、東京創元社、1969年
  • 『嵐と凪と太陽 - ジプシー・モス号三万マイルの記録』(人と自然シリーズ)フランシス・チチェスター、新潮社、 1970年
  • ピンター戯曲全集 第1』喜志哲雄小田島雄志共訳、竹内書店、1970年
  • 『時間と空間のかなた』(創元推理文庫)A・E・ヴァン・ヴォークト、東京創元社、1970年
  • 『海流のなかの島々』ヘミングウェイ、新潮社、1971年(のち文庫化)
  • ファッツ(ロシェル・オウエンズ 現代アメリカ戯曲選集 2 竹内書店 1971
  • 皇帝ジョーンズ(E.オニール 村田元史共訳 現代世界演劇2 白水社 1971
  • 『あいびき』(現代世界演劇 15)ノエル・カワード、白水社、1971年
  • 『スターン氏のはかない抵抗』ブルース・ジェイ・フリードマン、白水社、1971年(のちUブックス)
  • 『宇宙の小石』(創元推理文庫)アイザック・アシモフ、東京創元社、1972年
  • 『バナナ魚日和』サリンジャー、講談社、1973年(のち文庫化「九つの物語」)
  • 『終点:大宇宙!』(創元推理文庫)A・E・ヴァン・ヴォークト、東京創元社、1973年
  • 『刑事』(新しい世界の文学 71)ブルース・ジェイ・フリードマン、白水社、1975年
  • 『ベック氏の奇妙な旅と女性遍歴』ジョン・アップダイク、新潮社、1976年
  • ビール・ストリートに口あらば ジェイムズ・ボールドウィン 世界の文学 33 集英社 1976
  • キリマンジャロの雪、ほか ヘミングウェイ、世界文学全集 集英社、1977
  • 『ハロルド・ピンター全集 1-3』喜志哲雄、小田島雄志共訳、新潮社、1977年
  • 『最後の大君・皐月祭・富豪青年・バビロン再訪』(世界文学全集)フィッツジェラルド、集英社、1979年(のち「バビロン再訪」として文庫化)
  • 『颱風』(中短篇小説集 2)ジョゼフ・コンラッド、人文書院、1983年
  • 『エデンの園』ヘミングウェイ、集英社、1989年(のち文庫化)
  • 『青春は川の中に - フライフィッシングと父ヘミングウェイ』ジャック・H・N・ヘミングウェイ、ティビーエス・ブリタニカ、1990年
  • 『笑いの新大陸』(アメリカ・ユーモア文学傑作選 - 白水社Uブックス)佐伯泰樹共編訳、白水社、1991年
  • 『美しき夫たち』ジョン・アプダイク、筑摩書房、1993年
  • シュワーツコフ回想録 - 少年時代・ヴェトナム最前線・湾岸戦争』新潮社、1994年
  • 『戦争特派員 CNN名物記者の自伝』ピーター・アーネット、新潮社、1995年
  • 『サーシャのしっぽ』ジャクリーン・デーミアン、飛鳥新社、1996年

主な舞台翻訳[14][編集]

  • 「セールスマンの死」(1989年、東京グローブ座、作:アーサー・ミラー、演出:ジョン・ディロン、出演:久米明、劇団昴)
  • 「熱いトタン屋根の上の猫」(1994年、三百人劇場、作:テネシー・ウィリアムズ、演出:ジョン・ディロン、出演:久米明)
  • 「プレイング・フォア・タイム」(1998年、三百人劇場、作:アーサー・ミラー、演出:村田元史、出演、松谷彼哉、劇団昴)
  • 「夜への長い旅路」(2000年、新国立劇場、作:ユージン・オニール、演出:栗山民也、出演:三田和代、津嘉山正種)
  • 「怒りの葡萄」(2000年、三百人劇場、原作:J・スタインベック)
  • 「転落」(2002年、三百人劇場、劇団昴創立40周年記念上演作品、作:アーサー・ミラー)
  • 「喪服の似合うエレクトラ」(2004年、制作:新国立劇場、作:ユージン・オニール、演出:栗山民也、出演:大竹しのぶ、堺雅人)
  • 「氷屋来たる」(2007年、制作:新国立劇場、作:ユージン・オニール、演出:栗山民也、出演:市村正親、岡本健一)
  • 「うつろわぬ愛」(2007年、制作:劇団昴、作:ロミュラス・リニー、演出:ジョン・ディロン、出演:西本裕之、宮本充)ほか

脚注[編集]

  1. ^ 四国新聞社エキサイトニュースなど
  2. ^ 日外アソシエーツ現代人物情報より
  3. ^ 日外アソシエーツ現代人物情報より
  4. ^ 日外アソシエーツ現代人物情報より
  5. ^ 日外アソシエーツ現代人物情報より
  6. ^ 読売人物データベース
  7. ^ 読売人物データベース
  8. ^ 初期の一部の訳書では「沼澤」と表記。
  9. ^ ヴァン・ヴォークト『イシャーの武器店』(創元、1966年)の「訳者(沼沢洽治)あとがき」より
  10. ^ a b 福原麟太郎監修『英米文学史講座・第13巻・二十世紀IV』(研究社出版、1984年)の「SF」の章
  11. ^ 読売人物データベースより
  12. ^ 渥美昭夫編『サリンジャーの世界』(荒地出版社、1969年)
  13. ^ 竜口直太郎編『現代アメリカ文学入門』(評論社、1974年)
  14. ^ 読売人物データベースより

外部リンク[編集]