怒りの葡萄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
怒りの葡萄
The Grapes of Wrath
著者 ジョン・スタインベック
発行日 1939年
発行元 The Viking Press-James Lloyd
ジャンル 小説
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

怒りの葡萄』(いかりのぶどう:The Grapes of Wrath)は、アメリカ合衆国作家ジョン・スタインベックによる小説である。初版は1939年。この小説により、スタインベックは1940年ピューリッツァー賞を受賞した。後のノーベル文学賞受賞(1962年)も、主に本作を受賞理由としている。

物語[編集]

世界恐慌と重なる1930年代、大規模資本主義農業の進展や、オクラホマ州はじめアメリカ中西部で深刻化したダストボウル(土地の荒廃による砂嵐)により、所有地が耕作不可能となって流民となる農民が続出し、社会問題となっていた。本作は当時の社会状況を背景に、故郷オクラホマを追われた一族の逆境と、不屈の人間像を描く。

アメリカ・オクラホマ州サリソーの農家の息子である主人公のトム・ジョードは、その場の激情で人を殺し、4年間の懲役刑から仮釈放で実家に戻ってきた。彼の家族の農場はダストボウルで耕作不能となり、生活に窮した家族はオクラホマを引き払い、仕事があると耳にしたカリフォルニア州に一族あげて引っ越そうとしているところだった。トムは一族や、ついてきた説教師のジム・ケイシー(Ed Rickettsがモデル)など10人とともに、カリフォルニアへの旅に合流した。物語の前半では、すべての家財を叩き売って買った中古車でジョード一家がルート66をたどる旅が描かれる。

祖父や祖母はアリゾナ砂漠やロッキー山脈を越えてゆく過酷な旅に体力が耐えられず車上で死亡し、従兄弟は逃亡するなど苦難の旅の末、一家は人間らしい生活ができると思っていたカリフォルニア州トゥーレリにたどり着く。しかし当時のカリフォルニアには、大恐慌機械化農業のために土地を失った多くのオクラホマ農民が流れついていたため労働力過剰に陥っており、ジョード家の希望は無惨に打ち砕かれる。移住者たちは「オーキー英語版」(Okie )と呼ばれ蔑まれながら、貧民キャンプを転々し、地主の言い値の低賃金で日雇い労働をするほかなかった。労働者を組織しようと活動をはじめたケイシーは地主に雇われた警備員に撲殺される。その場に居合わせたトムはケイシーを殺した警備員を殺害し、家族と別れて地下に潜る。家族を次々と失ってゆくジョード一家のキャンプ地に、豪雨と洪水がやってくる。

解説[編集]

本作は、奇数章に作者のスタインベックの評論、偶数章にジョード一家の物語を整然と配置した構成を取っている。このような構成を取ることによって、本作は単純な「ジョード一家の物語」という枠を超えて、当時の大恐慌下のアメリカ社会に対する直接的な告発ともなっている。

作者のスタインベックはキリスト教文学、とりわけ聖書に決定的な影響を受けた作家である。本作でジョード一家が貧しいオクラホマから、乳と蜜の流れる、豊饒な「約束の地」であるカリフォルニアに脱出するところは、旧約聖書のエクソダス「出エジプト記」をモティーフとしているという。また、物語の最後でママ・ジョードが言う、「先の者が後にまわり、後の者が先頭になる」と。これも新約聖書の一節である。

このように本作は、一見「社会主義小説」とも評される内容であるが(実際、出版当時そのような論評が数多く見られた)、それだけにおさまらない、きわめて深い内容を持つ作品である。

タイトルの意味[編集]

「葡萄」とは、神の怒りによって踏み潰される「人間」のことを意味すると一般に解釈されている。

黙示録 14章(新改訳聖書)

14 また、私は見た。見よ。白い雲が起こり、その雲に人の子のような方(注:救世主)が乗っておられた。頭には金の冠を被り、手には鋭い鎌を持っておられた。

15 すると、もう一人の御使いが聖所から出て来て、雲に乗っておられる方に向かって大声で叫んだ。「鎌を入れて刈り取ってください。地の穀物(注:神に選ばれた人間の比喩)は実ったので、取り入れる時が来ましたから。」

16 そこで、雲に乗っておられる方が、地に鎌を入れると地は刈り取られた。

17 また、もう一人の御使いが、天の聖所から出て来たが、この御使いも、鋭い鎌を持っていた。

18 すると、火を支配する権威を持ったもう一人の御使いが、祭壇から出て来て、鋭い鎌を持つ御使いに大声で叫んで言った。「その鋭い鎌を入れ、地の葡萄(注:神に選ばれなかった人間の比喩)の房を刈り集めよ。葡萄は既に熟しているのだから。」

19 そこで御使いは地に鎌を入れ、地の葡萄を刈り集めて、神の激しい怒りの大きな酒舟に投げ入れた。

20 その酒舟は都の外で踏まれたが、血は、その酒舟から流れ出て、馬のくつわに届くほどになり、千六百スタディオンに広がった。

反響[編集]

本作品は出版当時、アメリカ全土に絶大な影響を及ぼし、全米で本作をめぐる論争が起こった。『風と共に去りぬ』の次に売れたといわれ、保守層からは目の敵にされ、反論パンフレット「喜びの葡萄」なる珍作まで出版されたと言われている。

発表翌年の1940年にはジョン・フォード監督、ヘンリー・フォンダ主演により映画化され、ニューヨーク映画批評家協会賞の作品賞、監督賞、またアカデミー賞監督賞助演女優賞ジェーン・ダーウェル)を受賞している。詳細については『怒りの葡萄 (映画)』を参照。

1995年にはブルース・スプリングスティーンがアルバム「ザ・ゴースト・オブ・トム・ジョード英語版」(The Ghost of Tom Joad)を発表している。

邦訳[編集]

  • 新居格訳 第一書房 1940
  • 大久保康雄訳 六興出版社 1951 のち新潮文庫
  • 石一郎訳「世界文学全集 (ヘミングウェイ,スタインベック)」河出書房 1955 のち角川文庫
  • 野崎孝訳「世界文学全集 第66」集英社 1970
  • 黒原敏行訳 ハヤカワepi文庫 2014

関連項目[編集]