オー・ヘンリー賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

オー・ヘンリー賞(O. Henry Award)は、アメリカの文学賞。アメリカまたカナダでその年に出版された英語による優れた短篇小説に対して、1919年以来毎年授与されている。年度傑作短編集『ベスト・アメリカン・ショート・ストーリーズ』に掲載される20編程度の作品を「オー・ヘンリー賞受賞作」と呼ぶ。

下記はその選集のうちの「第一位」を獲得したもの

「第一位」受賞者[編集]

  • 2017 Michelle Huneven: "Too Good to Be True"; Amit Majmudar: "Secret Lives of the Detainees"; Fiona McFarlane: "Buttony"
  • 2016 Asako Serizawa: "Train to Harbin"; Frederic Tuten: "Winter, 1965"; Elizabeth Genovise: "Irises"
  • 2015 Dina Nayeri: "A Ride Out of Phrao"; Elizabeth McCracken: "Birdsong from the Radio"; Christopher Merkner: "Cabins"
  • 2014 マーク・ハッドン: "The Gun"; Kristen Iskandrian: "The Inheritors"; Laura van den Berg: "Opa-locka"
  • 2013 Deborah Eisenberg: "Your Duck Is My Duck"; ケリー・リンク: "The Summer People"; Andrea Barrett: "The Particles"
  • 2012 Yiyun Li: "Kindness"『優しさ』; アリス・マンロー: "Corrie" 『コリー』
  • 2011 Lynn Freed: "Sunshine"; Matthew Neill Null: "Something You Can't Live Without"; Jim Shepard: "Your Fate Hurtles Down at You"
  • 2010 Daniyal Mueenuddin: "A Spoiled Man"『甘やかされた男』; James Lasdun: "Oh, Death"; ウィリアム・トレヴァー: "The Woman of the House"
  • 2009 グレアム・ジョイス: "An Ordinary Soldier of the Queen"; ジュノ・ディアズ: "Wildwood"
  • 2008 Alexi Zentner: "Touch"; アリス・マンロー: "What Do You Want To Know For?"『なんのために知りたいのか? 』; ウィリアム・トレヴァー: "Folie a Deux"
  • 2007 Eddie Chuculate: "Galveston Bay, 1826"; ウィリアム・トレヴァー: "The Room"
  • 2006 Edward P. Jones: "Old Boys, Old Girls"『オールド・ボーイズ、オールド・ガールズ』; Deborah Eisenberg: "Window"; アリス・マンロー: "Passion"
  • 2005 ルース・プラワー・ジャブヴァーラ: "Refuge in London"; シャーマン・アレクシー: "What You Pawn I Will Redeem"; Elizabeth Stuckey-French: "Mudlavia"
  • 2004 No edition
  • 2003 Denis Johnson: "Train Dreams"; A・S・バイアット: "The Thing in the Forest"; チママンダ・アディーチェ: "The American Embassy"『アメリカ大使館』
  • 2002 Kevin Brockmeier: "The Ceiling"
  • 2001 Mary Swan: "The Deep"
  • 2000 John Edgar Wideman: "Weight"
  • 1999 Peter Baida: "A Nurse's Story"
  • 1998 Lorrie Moore: "People Like That Are the Only People Here"『ここにはああいう人しかいない』『ここにいるのはあんな人たちばかり』
  • 1997 Mary Gordon: "City Life"
  • 1996 スティーヴン・キング: "The Man in the Black Suit"『黒いスーツの男』
  • 1995 Cornelia Nixon: "The Women Come and Go"
  • 1994 Alison Baker: "Better Be Ready 'Bout Half Past Eight"
  • 1993 トム・ジョーンズ: "The Pugilist at Rest"『拳闘士の休息』
  • 1992 Cynthia Ozick: "Puttermesser Paired"
  • 1991 ジョン・アップダイク: "A Sandstone Farmhouse"
  • 1990 Leo E. Litwak: "The Eleventh Edition"
  • 1989 Ernest J. Finney: "Peacocks"
  • 1988 レイモンド・カーヴァー: "Errand"『使い走り』
  • 1987 Louise Erdrich: "Fleur"『フリューア』, Joyce Johnson : "The Children's Wing"
  • 1986 アリス・ウォーカー: "Kindred Spirits"『祖父の形見』
  • 1985 スチュアート・ダイベック: "Hot Ice"『熱い氷』, Jane Smiley : "Lily"『リリー』
  • 1984 Cynthia Ozick: "Rosa"『ローザ』、Gordon Lish: "For Jeromé—with Love and Kisses"
  • 1983 レイモンド・カーヴァー: "A Small, Good Thing"『ささやかだけれど、役にたつこと』
  • 1982 Susan Kenney: "Facing Front"
  • 1981 Cynthia Ozick: "The Shawl"『ショール』
  • 1980 ソール・ベロー: "A Silver Dish"『銀の皿』
  • 1979 Gordon Weaver: "Getting Serious"、Anne Leaton: "The Passion of Marco Z"
  • 1978 ウディ・アレン: "The Kugelmass Episode"『クーゲルマスのお話』『ボヴァリー夫人の恋人』
  • 1977 Shirley Hazzard: "A Long Story Short", Ella Leffland: "Last Courtesies"
  • 1976 Harold Brodkey: "His Son in His Arms, in Light, Aloft"
  • 1975 Harold Brodkey: "A Story in an Almost Classical Mode"、Cynthia Ozick: "Usurpation (Other People's Stories)"
  • 1974 Renata Adler: "Brownstone"
  • 1973 ジョイス・キャロル・オーツ: "The Dead"
  • 1972 John Batki: "Strange-Dreaming Charlie, Cow-Eyed Charlie"
  • 1971 Florence M Hecht: "Twin Bed Bridge"
  • 1970 Robert Hemenway: "The Girl Who Sang with the Beatles"『ビートルズと歌った女』
  • 1969 バーナード・マラマッド: "Man in the Drawer"『引出しの中の人間』
  • 1968 ユードラ・ウェルティー: "The Demonstrators"
  • 1967 ジョイス・キャロル・オーツ: "In the Region of Ice"『氷の世界』
  • 1966 ジョン・アップダイク: "The Bulgarian Poetess"『ブルガリアの閨秀詩人』
  • 1965 フラナリー・オコナー: "Revelation"『啓示』
  • 1964 ジョン・チーヴァー: "The Embarkment for Cythera"
  • 1963 フラナリー・オコナー: "Everything That Rises Must Converge"『すべて上昇するものは一点に集まる』, テリー・サザーン: "The Road Out of Axotle"『地図にない道』
  • 1962 Katherine Anne Porter: "Holiday"『休日』
  • 1961 Tillie Olsen: "Tell Me a Riddle"
  • 1960 Lawrence Sargent Hall: "The Ledge” 『岩棚』
  • 1959 Peter Taylor: "Venus, Cupid, Folly and Time” 『ヴィーナス、キューピッド、愚行そして時間』
  • 1958 Martha Gellhorn: "In Sickness as in Health”
  • 1957 フラナリー・オコナー: "Greenleaf” 『グリンリーフ』『グリンリーフ一族』
  • 1956 ジョン・チーヴァー: "The Country Husband” 『郊外住まい』
  • 1955 Jean Stafford: "In the Zoo” 『動物園で』
  • 1954 Thomas Mabry: "The Indian Feather"
  • 1953 No edition
  • 1952 No edition
  • 1951 Harris Downey: "The Hunters"『猟するもの』
  • 1950 Wallace Stegner: "The Blue-Winged Teal"『小鴨』
  • 1949 ウィリアム・フォークナー: "A Courtship"『嫁取り競争』
  • 1948 トルーマン・カポーティ: "Shut a Final Door"『最後の扉を閉めて』
  • 1947 John Bell Clayton: "The White Circle"
  • 1946 John Mayo Goss: "Bird Song"
  • 1945 Walter van Tilburg Clark: "The Wind and the Snow of Winter"『風と雪』
  • 1944 アーウィン・ショー: "Walking Wounded"『傷ついて彷徨う』
  • 1943 ユードラ・ウェルティー: "Livvie is Back"『リヴィは帰った』
  • 1942 ユードラ・ウェルティー: "The Wide Net"『広い網』
  • 1941 ケイ・ボイル: "Defeat"
  • 1940 Stephen Vincent Benét: "Freedom's a Hard-Bought Thing"
  • 1939 ウィリアム・フォークナー: "Barn Burning"『納屋は燃える』
  • 1938 Albert Maltz: "The Happiest Man on Earth"『世界一幸福な男』『この世でいちばん幸せな男』
  • 1937 Stephen Vincent Benét: "The Devil and Daniel Webster"『悪魔とダニエル・ウェブスター』『悪魔とダニエル』
  • 1936 James Gould Cozzens: "Total Stranger"
  • 1935 ケイ・ボイル: "The White Horses of Vienna"
  • 1934 Louis Paul: "No More Trouble for Jedwick"『ジェドウィックもう大丈夫だ』
  • 1933 マージョリー・キナン・ローリングス: "Gal Young Un"『森の女』
  • 1932 Stephen Vincent Benét: "An End to Dreams"
  • 1931 Wilbur Daniel Steele: "Can't Cross Jordan by Myself"
  • 1930 W. R. Burnett: "Dressing-Up"『晴れすがた』; William H. John: "Neither Jew nor Greek"
  • 1929 ドロシー・パーカー: "Big Blonde"『Big Blonde』『大柄なブロンド美人』
  • 1928 Walter Duranty: "The Parrot"
  • 1927 Roarke Bradford: "Child of God"
  • 1926 Wilbur Daniel Steele: "Bubbles"
  • 1925 Julian Street: "Mr. Bisbee's Princess"
  • 1924 Inez Haynes Irwin: "The Spring Flight"
  • 1923 Edgar Valentine Smith: "Prelude"
  • 1922 Irvin S. Cobb: "Snake Doctor"
  • 1921 Edison Marshall: "The Heart of Little Shikara"
  • 1920 Maxwell Struthers Burt: "Each in His Generation"
  • 1919 Margaret Prescott Montague: "England to America"

関連項目[編集]

外部リンク[編集]