マーガレット (雑誌)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字が含まれています詳細
マーガレット
Margaret
ジャンル 少女漫画
読者対象 少女
刊行頻度 週刊 → 月2回刊
発売国 日本の旗 日本
言語 日本語
定価 380円
出版社 集英社
編集部名 マーガレット編集部
発行人 梅岡光夫
編集長 河野万里子
雑誌名コード 20421
刊行期間 1963年 -
発行部数 44,000部(2017年1月 - 3月日本雑誌協会調べ)
レーベル マーガレットコミックス
姉妹誌 別冊マーガレットザ マーガレット
ウェブサイト マーガレット 公式サイト

マーガレット』 (Margaret) は、集英社が発行する日本漫画雑誌1963年創刊。毎月5日・20日発売。

概要[編集]

1963年、同年に休刊した『少女ブック』に代わる総合少女週刊誌『週刊マーガレット』として創刊された。漫画のほか、ファッションや人気歌手の記事なども掲載。前年(1962年)に講談社が創刊した『少女フレンド』に対抗する目的もあり、PR版56万部が無料配布される。1968年には『アタックNo.1』(浦野千賀子)の連載が開始され、テレビアニメ化もされている。1970年代にも『ベルサイユのばら』(池田理代子)、『エースをねらえ!』(山本鈴美香)などの人気作品が連載され、『少女フレンド』・『少女コミック』(小学館)とともに、少女漫画ブームを築く週刊誌となった。

1988年に月2回刊となり、誌名表記も『Margaret』に変更された。2007年には、12月発売号を初めて合併号として発行した。その後、2008年1月発売号、2009年2月発売号、2012年1月発売号も合併号として発行した。2010年1月から3月までの発行部数は97,000部[1] と、10万部を割り込んでしまった。

2013年4月20日発売の10号で創刊50周年を迎えたが、同誌が早々に売り切れたことから、5月2日から6月4日までインターネットでの無料配信を行なった[2]

略歴[編集]

現在連載中の作品[編集]

※ 2017年10月20日(2017年22号)現在。作品名五十音順。

過去の主な掲載作一覧[編集]

あ行[編集]

か行[編集]

さ行[編集]

た行[編集]

な行[編集]

は行[編集]

ま行[編集]

や行[編集]

ら行[編集]

わ行[編集]

姉妹誌[編集]

  • 別冊マーガレット
  • デラックスマーガレット
  • プチマーガレット - 1976年、同年秋の号が発売され創刊。季刊。1978年、同年夏の号を最後に休刊。
  • ぶ〜け
  • ザ マーガレット[7] - 1982年2月に創刊。当初は不定期刊。1989年から隔月刊(奇数月刊)誌となるが、偶数月は増刊を発行し、実質的に月刊となる。1997年から正式に月刊となったが、2011年より隔月刊(偶数月刊)誌に戻した。発売日は前々月24日(日曜、祝日の場合はその前日)。『マーガレット』、『別冊マーガレット』、『Cookie』、『Cocohana』、『YOU』で活躍する漫画家の長編読み切りが主であるが、シリーズ作品や連載作品も掲載されている。
  • にこいちマーガレット[8] - 2015年8月1日創刊。配信日の前月5日・20日に発売された紙版のマーガレット2号分をまとめて収録し、翌月1日に配信される電子書籍(編集上の都合により、紙版に掲載されている作品・記事が掲載されていない場合がある。)。「にこいち」とは「2号で1冊」という意味である[9]

印刷証明付き発行部数[編集]

  • 2003年9月1日 - 2004年8月31日、209,565部
  • 2004年9月 - 2005年8月、173,913部
  • 2005年9月1日 - 2006年8月31日、162,826部
  • 2006年9月1日 - 2007年8月31日、137,292部
  • 2007年10月1日 - 2008年3月、125,910部
  • 2008年4月 - 6月、125,000部[1]
  • 2008年7月 - 9月、120,000部[1]
  • 2008年10月 - 12月、118,334部[1]
  • 2009年1月 - 3月、115,000部[1]
  • 2009年4月 - 6月、110,000部[1]
  • 2009年7月 - 9月、108,334部[1]
  • 2009年10月 - 12月、104,500部[1]
  • 2010年1月 - 3月、97,000部[1]
  • 2010年4月 - 6月、91,000部[1]
  • 2010年7月 - 9月、88,000部[1]
  • 2010年10月 - 12月、88,000部[1]
  • 2011年1月 - 3月、89,400部[1]
  • 2011年4月 - 6月、76,500部[1]
  • 2011年7月 - 9月、76,000部[1]
  • 2011年10月 - 12月、75,000部[1]
  • 2012年1月 - 3月、73,200部[1]
  • 2012年4月 - 6月、72,000部[1]
  • 2012年7月 - 9月、70,667部[1]
  • 2012年10月 - 12月、66,667部[1]
  • 2013年1月 - 3月、60,000部[1]
  • 2013年4月 - 6月、60,834部[1]
  • 2013年7月 - 9月、59,000部[1]
  • 2013年10月 - 12月、58,000部[1]
  • 2014年1月 - 3月、56,200部[1]
  • 2014年4月 - 6月、54,000部[1]
  • 2014年7月 - 9月、53,667部[1]
  • 2014年10月 - 12月、53,667部[1]
  • 2015年1月 - 3月、52,600部[1]
  • 2015年4月 - 6月、51,167部[1]
  • 2015年7月 - 9月、49,000部[1]
  • 2015年10月 - 12月、48,000部[1]
  • 2016年1月 - 3月、49,200部[1]
  • 2016年4月 - 6月、48,167部[1]
  • 2016年7月 - 9月、46,500部[1]
  • 2016年10月 - 12月、44,333部[1]
  • 2017年1月 - 3月、44,000部[1]
  • 2017年4月 - 6月、42,333部[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai aj ak al 1号あたりの平均印刷部数”. 印刷部数公表. 一般社団法人 日本雑誌協会. 2017年8月6日閲覧。
  2. ^ マーガレット10号無料配信及び「ベルサイユのばら エピソード」再掲載のお知らせ”. 集英社 マーガレット編集部ブログ (2013年5月2日). 2013年5月21日閲覧。
  3. ^ 2017年18号より。
  4. ^ 2015年5号より。
  5. ^ 2016年2号より。
  6. ^ 2017年11号から15号まで休載。
  7. ^ 誌名は、表紙と『マーガレット』公式サイトでは『ザ マーガレット』、『別冊マーガレット』公式サイトでは『ザ・マーガレット』と表記。
  8. ^ マーガレット2号分が“にこいち”になった電子版、本日より配信”. コミックナタリー. 株式会社ナターシャ (2015年8月1日). 2015年8月23日閲覧。
  9. ^ 『マーガレット』2015年16号32頁。

外部リンク[編集]