ジャック・クレイトン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ジャック・クレイトン
Jack Clayton
生年月日 (1921-03-01) 1921年3月1日
没年月日 (1995-02-25) 1995年2月25日(73歳没)
出生地 イングランドの旗 イングランドイースト・サセックス州ブライトン
死没地 イングランドの旗 イングランドバークシャー州スラウ
職業 映画監督
主な作品
『年上の女』(1959年)

ジャック・クレイトン(Jack Clayton, 1921年3月1日 - 1995年2月25日)は、イギリスの映画監督[1]

略歴[編集]

1921年、イングランド南東部のブライトンに生まれる[2]。1935年、アレクサンダー・コルダが創建した映画スタジオロンドン・フィルムに入り、助監督編集をつとめる[3]。1940年からイギリス空軍の映画班に従軍して編集や監督をつとめ、第二次世界大戦終結後に退役[3]

1949年の映画『スペードの女王』や1952年の映画『赤い風車』などの製作補をつとめたのち、1956年に短編映画『外套』で監督デビューする。初めて長編映画の監督をつとめた1959年の映画『年上の女』は高く評価され[2]英国アカデミー作品賞(総合作品賞と英国作品賞の2部門)を受賞、アメリカ合衆国のアカデミー作品賞にノミネートされたほか、出演したシモーヌ・シニョレ英国アカデミー賞主演女優賞(最優秀外国女優賞)、アカデミー主演女優賞カンヌ国際映画祭女優賞を受賞した。

フィルモグラフィ[編集]

  • 『スペードの女王』 - The Queen of Spades (1949年、製作補)
  • 赤い風車』 - Moulin Rouge (1952年、製作補)
  • 『外套』 - The Bespoke Overcoat (1956年、監督)
  • 年上の女』 - Room at the Top (1959年、監督、英国アカデミー作品賞受賞)
  • 回転』 - The Innocents (1961年、監督)
  • 『女が愛情に渇くとき』 - The Pumpkin Eater (1964年、監督)
  • 華麗なるギャツビー』 - The Great Gatsby (1974年、監督)
  • 『何かが道をやってくる』 - Something Wicked This Way Comes (1983年、監督)

脚注[編集]

  1. ^ “Jack Clayton Film Director, Is Dead at 73”, The New York Times, (1995-03-01), オリジナルの2014年8月17日時点によるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20140817024609/http://www.nytimes.com/1995/03/01/obituaries/jack-clayton-film-director-is-dead-at-73.html 2014年8月17日閲覧。 
  2. ^ a b 北島昭弘、「ジャック・クレイトン」、黒井和男編 『外国映画監督・スタッフ全集』 キネマ旬報社1989年、57頁。ISBN 4-87376-035-6 
  3. ^ a b Hillstrom, Laurie Collier, ed. (1997), “CLAYTON, Jack”, International Dictionary of Film and Filmmakers, 2. Directors (3rd ed.), St. James Press, p. 169, ISBN 1-55862-301-9 

外部リンク[編集]