黒井和男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

黒井 和男(くろい かずお、1938年7月7日 - )は、日本映画プロデューサーキネマ旬報社角川映画の元社長、シネマ・インヴェストメントの元会長。黒井オフィス代表。

概要[編集]

日本大学藝術学部映画学科卒業後、株式会社興行通信社に入社した。映画の配給・興行に精通し、映画プロデューサー、コーディネーターなどで数多くの映画製作に携わる。

主な作品に『刑事物語』シリーズ(1982年 - 1987年)、『南極物語』(1983年)、『瀬戸内少年野球団』(1984年)、『写楽』(1995年)、『月とキャベツ』(1996年)、『着信アリ』(2004年)、『妖怪大戦争』(2005年)、『戦国自衛隊1549』(2005年)、『バッテリー』(2006年)、『犬神家の一族』(2006年)など。

略歴[編集]

  • 1973年 - 有限会社黒井事務所を設立
  • 1977年 - 株式会社キネマ旬報社に入社、取締役編集長に就任
  • 1981年 - 同社代表取締役社長に就任
  • 1992年 - 株式会社西友顧問、セゾングループ映像担当に就任
  • 1997年 - 株式会社キネマ旬報社の代表取締役社長に復帰
  • 2002年 - 株式会社角川大映映画(のちの角川映画株式会社)代表取締役社長に就任
  • 2008年 - シネマ・インヴェストメント株式会社の代表取締役会長に就任
  • 2010年 - 株式会社黒井オフィスを設立

フィルモグラフィー[編集]

製作[編集]

総合プロデュース[編集]

プロデュース[編集]

企画[編集]

監修[編集]

制作関連その他[編集]

脚本[編集]

  • 刑事物語2 りんごの詩 (1983年)
  • ヨーロッパ特急 (1984年)
  • 刑事物語3 潮騒の詩 (1984年)
  • 刑事物語4 くろしおの詩 (1985年)

脚注[編集]

関連項目[編集]