タニス・リー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

タニス・リーTanith Lee1947年9月19日 - 2015年5月24日[1])はイギリス生まれのファンタジー作家。

「現代のシェヘラザード姫」、「ダーク・ファンタジーの女王」と呼ばれた。

9歳の頃より創作を始め、グラマースクールで美術を学び、24歳でデビュー。初期は児童向けにジュブナイルを書いていたが、神秘的かつ耽美な作風は『平たい地球』シリーズで広く認められるところとなる。第2作の『死の王』でオーガスト・ダーレス賞(現在の英国幻想文学大賞)を受賞している。短篇作品にも定評があり、1983年には『ゴルゴン』、翌84年には『彼女は三(死の女神)』によって、世界幻想文学大賞短篇部門賞を2年連続で受賞している。2013年、世界幻想文学大賞で生涯功労賞を授与される。

ファンタジーにとどまらず、ホラーSFエッセイやドラマ脚本など幅広い分野で精力的な活動を行った。アンソロジーなどにも多く寄稿している。

著作数は100冊近いが翻訳されたものは少なく、その大半が絶版になっている。

2015年5月24日、死去。67歳[1]

著作リスト[編集]

  • ウルフ・タワー
    • ウルフ・タワーの掟 (産業編集センター、2005、ISBN 4916199693
    • ライズ星の継ぎ人たち(産業編集センター、2005、ISBN 4916199707
    • 二人のクライディス(産業編集センター、2005、ISBN 4916199715
    • 翼を広げたプリンセス(産業編集センター、2005、ISBN 4916199723
  • ヴェヌスの秘録

外部リンク[編集]

脚注[編集]