森下一仁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

森下 一仁(もりした かつひと、1951年6月16日 - )は、日本作家SF作家評論家高知県佐川町生まれ。東京大学文学部心理学科卒。在学中は、東大SF研究会、一の日会等に参加。

高知放送に勤務し制作、報道などの仕事を経験する。1978年末に退社し上京。1979年短編『プアプア』で『SFマガジン』よりデビュー。

SFアドベンチャー』の「森下一仁のショートノベル塾」には、森岡浩之北野勇作などの常連投稿者がいた。また、川又千秋をひきついで講師をしていた空想小説ワークショップからは浅暮三文深堀骨がデビューしている。

谷甲州らとともに、小松左京を中心とした『日本沈没』の第2部執筆プロジェクトに参加。

作家森下雨村の遠縁にあたる。息子にピアニスト森下唯がいる[1]

日本推理作家協会会員。日本SF作家クラブでは、1994年から1995年に第12代事務局長だったが、2014年に退会。

著書[編集]

単著[編集]

小説[編集]

1『縄の絆』1987
2『汚れた太陽』1988
3『大地の環』1989
4『虚空の響き』1990
5『沈む島』1991

評論[編集]

  • 『現代SF最前線』双葉社, 1998
  • 『思考する物語 SFの原理・歴史・主題』 東京創元社 (Key library), 2000
  • 『魔術師大全 古代から現代まで究極の秘術を求めた人々』双葉社, 2002

共著[編集]

  • Theバック・トゥ・ザ・フューチャーAlbum 小林裕幸共著 1985年12月 講談社X文庫スペシャル
  • ザ・香港ムービー(上・下) 1988年8月・12月、徳間書店・アニメージュ文庫
  • SFへの遺言 小松左京,大原まり子,高橋良平,石川喬司,笠井潔,巽孝之共著 光文社 1997年6月
  • 『「希望」という名の船にのって』きたむらさとし画 ゴブリン書房, 2010

アンソロジー[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]