浅暮三文

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

浅暮 三文(あさぐれ みつふみ、1959年3月21日 - )は日本作家推理作家SF作家兵庫県西宮市生まれ。ペンネームは「早起きは三文の徳」から。

概要[編集]

関西大学経済学部(国際金融論専攻)卒業後、コピーライターを経て、森下一仁の小説教室で学び、メタフィクション的な異世界ファンタジー『ダブ(エ)ストン街道』でメフィスト賞を受賞してデビュー。

以降はミステリ系の小説を主に執筆。2003年『石の中の蜘蛛』で、第56回日本推理作家協会賞を受賞。奇想小説を愛しているため、授賞式の挨拶では「これからも、バーセルミスラデックのような小説を書いていきたいと思います」と語り、審査員たちを唖然とさせた。なお、その挨拶にも登場した奇想作家ジョン・スラデックについて「体育会系作家である」という奇説を唱えている。

『カニスの血を嗣ぐ』[1]で「嗅覚」、『左眼を忘れた男』で「視覚」、『石の中の蜘蛛』で「聴覚」、『針』で「皮膚感覚」、『錆びたブルー』では「第六感覚」、『ポルトガルの四月』[2]では「味覚」と、「五感」をテーマにした奇想小説を連続して刊行している。またシリーズ総括編として、「ある事件を5つの語感でながめる」という作品を構想中[3]だったが、2010年『五感集』として刊行。

その他にも、エルサレムという街自身を主人公にした『似非エルサレム記』や、奇想小説ばかりを集めた短編集『実験小説ぬ』『ぽんこつ喜劇』のような、前衛的な小説も発表。

その一方で、作風としては比較的おとなしめの、一般的なミステリ、ライトノベル、ファンタジー、自伝的普通小説等も執筆している。

コピーライター時代も十数回の広告賞受賞歴があるが、デビュー後まもなく廃業。目下は専業作家である。2006年には青春ファンタジー『10センチの空』が中学校向け国語の教科書に採用された。

趣味は釣りで、釣りについての著書も刊行している。

作品リスト[編集]

  • 『ダブ(エ)ストン街道』講談社 1998 のち文庫 
  • 『カニスの血を嗣ぐ 追跡のブルース』講談社ノベルス 1999
  • 『夜聖の少年』徳間文庫 2000
  • 『左眼を忘れた男 I wanna see you』講談社ノベルス 2002
  • 『石の中の蜘蛛』集英社 2002 のち文庫 
  • 『殺しも鯖もMで始まる 地底の密室!』講談社ノベルス 2002
  • 『似非エルサレム記』集英社 2003
  • 『10センチの空』徳間書店 2003 のち文庫 
  • 『針』早川書房 2004
  • 『ラストホープ』創元推理文庫 2004
  • 『嘘猫』光文社文庫 2004
  • 『悪夢はダブルでやってくる』小学館 2005
  • 『実験小説ぬ 傑作短編集』光文社文庫 2005
  • 『錆びたブルー』角川春樹事務所 2006
  • 『ペートリ・ハイル! あるいは妻を騙して釣りに行く方法』牧野出版 2006
  • 『ポケットは犯罪のために 武蔵野クライムストーリー』講談社ノベルス 2006
  • 『異人類白書』ポプラ社 2007
  • 『夜を買いましょう』集英社文庫 2007
  • 『クリスマスにさようなら』徳間書店 2007 のち文庫 
  • 『広告放浪記』ポプラ社 2008
  • 『ぽんこつ喜劇』光文社 2008
  • 『ポルトガルの四月』早川書房 2009
  • 『五感集』講談社 2010
  • 『再びラストホープ パリと悪党たち』創元推理文庫 2010
  • 『やや野球ども』角川書店 2011

脚注[編集]

  1. ^ 執筆したきっかけはパトリック・ジュースキントの『香水』だという。『SFマガジン』2009年4月号、P.220
  2. ^ 題名は『タモリ倶楽部』の空耳アワールイ・アームストロングの空耳から(『SFマガジン』2009年4月号、P.219)。インスピレーションを受け、筆が進んだということで後日感謝状を同番組に送った(空耳アワード2010後編より)。
  3. ^ 『SFマガジン』2009年4月号、P.221

関連項目[編集]

外部リンク[編集]