パトリック・ジュースキント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

パトリック・ジュースキントPatrick Süskind, 1949年3月26日 - )は、ドイツのアムバッハ生まれの小説家ファンタジー作家、劇作家脚本家ズュースキントとも表記される。

1949年、ミュンヘン南部のシュタルンベルク湖近くのアムバッハで誕生。父は作家のヴィルヘルム・エマヌエル・ジュースキント (Wilhelm Emanuel Süskind)。1968年から1974年の間、ミュンヘン大学エクス=アン=プロヴァンスにおいて中世史および近代史を研究。1980年代には、脚本家として『Kir Royal』『Monaco Franze』などの作品を手がける。1985年に発表された長編小説『香水 ある人殺しの物語』はグラスブリキの太鼓』以来の大ヒット作となり、日本語を含む46か国語に翻訳されている。2006年には『パフューム ある人殺しの物語』として映画化された。

映画『悦楽晩餐会 または誰と寝るかという重要な問題』(原題:Rossini – oder die mörderische Frage, wer mit wem schlief、監督:ヘルムート・ディトール、1996年、ドイツ)の脚本も担当している。2006年には随筆『Über Liebe und Tod』をドイツで出版した。現在はミュンヘン在住。メディアの取材を避けるきらいがある。

著作リスト[編集]

外部リンク[編集]