徳間文庫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

徳間文庫(とくまぶんこ)は、株式会社徳間書店が発行している文庫レーベル。

沿革と概要[編集]

1980年昭和55年)10月に創刊された[1]。創刊ラインナップは、赤川次郎『死者は空中を歩く』、生島治郎『ザ・シャドウ刑事』、勝目梓『炎の残像』、笹沢左保『3000キロの罠』、都筑道夫『退職刑事』、西村寿行『君よ憤怒の河を渉れ』、檜山良昭『スターリン暗殺計画』、平井和正『新・幻魔大戦』など[2]。徳間時代小説文庫シリーズ、徳間文庫カレッジシリーズ、パステルシリーズなど、様々なジャンルのシリーズを展開している。2001年より、日本文藝家協会編の「短篇ベストコレクション 現代の小説」を刊行している[3]2015年、徳間文庫大賞が創設される。同大賞では、既刊の徳間文庫から読者と書店員が選んだ8点を候補作として、「書下し部門」「定番部門」の2部門で大賞が選ばれる[4]。「徳間文庫 冒険エンターテインメント小説賞」を行っている。徳間書店発行の文庫レーベルには他に、キャラ文庫、徳間デュアル文庫がある。

2006年島田洋七佐賀のがばいばあちゃん』が映画化されている[5]2013年柴田よしき激流』がテレビドラマ化されている[1]真梨幸子殺人鬼フジコの衝動』は、50万部を超えるベストセラーとなっている[6]

脚注[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]

外部リンク[編集]

関連項目[編集]