NOVA 書き下ろし日本SFコレクション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

NOVA 書き下ろし日本SFコレクション』(ノヴァ かきおろしにほんエスエフコレクション)は、河出書房新社が刊行していた書き下ろしSF短編のアンソロジー。編者は大森望。2009年12月に刊行が開始され、年2冊程度刊行された[1]。第10巻までを第一期として区切り、第11巻以降はNOVA+とタイトルを改めて展開している。

概要[編集]

河出書房の河出文庫より刊行。編者の大森望が、「2010年代の日本SFの中軸を担うべき作家たち」[1]に依頼した書き下ろしの短編作品が収録されている。シリーズとして第34回日本SF大賞特別賞、第45回星雲賞自由部門を受賞。

第1巻には、河出書房新社より刊行の予定だった伊藤計劃『屍者の帝国』の冒頭部が特別に収録されている。

収録作品リスト[編集]

NOVA 1[編集]

新城カズマにも声が掛けられていたが、長編『15×24』の刊行と重なったため、2巻以降の掲載となった[1]

NOVA 2[編集]

NOVA 3[編集]

NOVA 4[編集]

NOVA 5[編集]

NOVA 6[編集]

NOVA 7[編集]

NOVA 8[編集]

NOVA 9[編集]

NOVA 10[編集]

NOVA+ バベル[編集]

NOVA+ 屍者たちの帝国[編集]

屍者の帝国』の設定を使って書いてもらったアンソロジー集。

脚注[編集]

  1. ^ a b c 『NOVA 1』あとがき参照

関連項目[編集]

外部リンク[編集]