新城カズマ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

新城 カズマ(しんじょう かずま)は、日本SF作家ライトノベル作家。架空言語設計家。慶應義塾大学ファンタジー研究会出身。日本SF作家クラブ会員。日本推理作家協会会員。

1991年のデビューから1997年までは新城十馬(読みは現在と同じく“しんじょうかずま”)の名で作品を発表していた。デビュー以来、富士見ファンタジア文庫で作品を刊行していたが、2001年以降はその他のレーベルや出版社でも著作を発表している。

経歴[ソースを編集]

ライトノベル作家として、『蓬莱学園』シリーズなど、架空世界の設定や作中での言語に関する考察などに特色のある作品を発表していた。2002年発表の『星の、バベル』は南太平洋の架空の小国を舞台にした言語テーマのSF小説であり、第34回星雲賞にノミネートされるなど高い評価を得た。

1990年

  • 柳川房彦(やながわふさひこ)名義で、PBMゲーム蓬莱学園の冒険!』の“グランドマスター”として、背景世界の構築、ストーリー展開とゲーム全体の管理を行う
  • その後、『蓬莱学園』シリーズはPBMゲームが発端となって、小説、TRPGコンシューマーゲームなどにメディアミックス展開され、また繰り返しPBMゲームの題材になった。その後も同名義にて、有限会社エルスウェアの中心的人物として、TRPGの制作をはじめとするゲーム関連の著作に携わっている。

2006年

2008年

  • 12月22日より、ブログ「散歩男爵 Baron de Flaneur (Art Plod版)」をはてなダイアリーで開始
  • 早稲田大学10時間連続シンポジウムに参加

2012年

2013年

  • 海猫沢めろん×新城カズマ presents 「読者工学論 物語を書く前に考える6つのこと」(全6回)開催

2014年

2015年

  • 9月15日、TBSラジオ荻上チキ・Session-22」にゲスト出演
  • 「新城カズマ×海猫沢めろん 「司馬遼太郎を乗り越えるには――新城カズマ『島津戦記』刊行記念インタビュー」開催
  • 京都造形芸術大学で夏期集中講義(「ライトノベルについて考える&書く!」)
  • SUGOI JAPAN2015ライトノベル部門審査員を務める

主要な著作[ソースを編集]

小説[ソースを編集]

小説 (未単行本化作品)[ソースを編集]

長編
  • 永遠の城(2015年、双葉社文芸WEBマガジン カラフル)
短編
  • アンジー・クレーマーにさよならを (S-Fマガジン 2005年7月号、早川書房)
  • 月を買った御婦人(S-Fマガジン 2006年2月号、早川書房)
  • マップスシェアードワールド1・2 (GA文庫 2008年・2009年、ソフトバンククリエイティブ)
  • F&M月からN月までを(かろうじて)切り抜けながら (S-Fマガジン 2009年2月号、早川書房)
  • ジェラルド・L・エアーズ、最後の犯行 (小説推理 2010年3月号、双葉社)
  • 旧ソビエト連邦・北オセチア自治共和国における〈燦爛郷ノ邪眼王〉伝承の消長、および"Evenmist Tales"邦訳にまつわる諸事情について (2010年、『逆想コンチェルト : イラスト先行・競作小説アンソロジー 奏の2』、徳間書店)
  • 持ち逃げ有楽 (小説新潮 2011年4月号、新潮社
  • 書物を燃やす者たちは、いずれ人をも燃やすだろう(ダ・ヴィンチ2014年10月号、メディアファクトリー)
  • あるいは土星に慰めを(『SF宝石2015』、光文社)
  • 真田幸村、一座建立 (『小説新潮』2016年1月号、新潮社)
連作シリーズ《あたらしいもの》
  • 雨ふりマージ (S-Fマガジン 2009年10月号、早川書房) - 第21回S-Fマガジン読者賞国内部門受賞。
  • 議論の余地はございましょうが (S-Fマガジン 2010年2月号、早川書房)
  • どちらか一方 (S-Fマガジン 2010年5月号、早川書房)
  • マトリカレント (NOVA 2河出書房新社、2010年7月)

小説以外の著作[ソースを編集]

外部リンク[ソースを編集]

注釈[ソースを編集]

  1. ^ 他に月刊ドラゴンマガジンに掲載されて未単行本化の短編が9本ある
  2. ^ WEBマガジン掲載時は夏目恵二