森岡浩之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
森岡 浩之
(もりおか ひろゆき)
ペンネーム 森岡 浩之
(もりおか ひろゆき)
誕生 (1962-03-02) 1962年3月2日(55歳)
日本の旗 日本兵庫県
職業 小説家
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
教育 文学士
最終学歴 京都府立大学文学部卒業
活動期間 1992年 -
ジャンル サイエンス・フィクション
ファンタジー
ライトノベル
代表作 『星界』シリーズ
主な受賞歴 第17回ハヤカワ・SFコンテスト(第2席)入選(『夢の樹が接げたなら』)
第5回SFマガジン読者賞(『スパイス』)
第28回星雲賞(『星界の紋章』)[1]
デビュー作 『夢の樹が接げたなら』
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

森岡 浩之(もりおか ひろゆき、1962年3月2日 - )は日本小説家。主にSFを著す。兵庫県生まれ。六甲中学校・高等学校を経て京都府立大学文学部卒。

サラリーマン生活を経て1992年『夢の樹が接げたなら』でデビュー。1996年に『星界の紋章』を発表。同作で1997年星雲賞を受賞。続編および外伝に『星界の戦旗』『星界の断章』がある。また、映画『立喰師列伝』に出演している。

2011年心筋梗塞で倒れて[2]療養生活を送っていたが、2013年に『星界の戦旗』第5巻を発表して活動を再開した。2014年から2015年にかけて、日本SF作家クラブ事務局長を務めた。[3]

作風[編集]

初期の作品はいわゆるハードSFが多く、最近は『星界』シリーズに代表されるハードSFにライトノベル的な要素を盛り込んだ作品も多い。特筆すべきは言語に対する強いこだわりである。 大学時代は国語学を専攻していて、卒業論文は「つつあるの文法・日本語アスペクトの幾何学的解釈の序論」である[4]。 プロデビュー作となった『夢の樹が接げたなら』では名詞しか存在しない人工言語を、『ズーク』では普通名詞が1つしかない言語を扱い、『星界』シリーズで体系的な人工言語アーヴ語を作り上げた。

受賞歴[編集]

  • 1991年 - 『夢の樹が接げたなら』により第17回ハヤカワ・SFコンテスト(第2席)入選。
  • 1993年 - 『スパイス』により第5回SFマガジン読者賞(日本部門)受賞。
  • 1997年 - 『星界の紋章』により第28回星雲賞(日本長編部門)受賞[1]
  • 1999年 - 『夜明けのテロリスト』により第30回星雲賞(日本短編部門)受賞[1]
  • 2016年 - 『突変』により第36回日本SF大賞(大賞)受賞。

作品リスト[編集]

星界シリーズ[編集]

月と炎の戦記シリーズ[編集]

優しい煉獄シリーズ[編集]

突変シリーズ[編集]

その他[編集]

  • 機械どもの荒野(メタルダム) (1997年6月30日発行・ソノラマ文庫ISBN 9784257768067 / 2008年3月発行・ハヤカワ文庫・ISBN 9784150309176
  • 夢の樹が接げたなら (1999年3月31日発行・早川書房ISBN 9784152082145 / 2002年3月15日発行・ハヤカワ文庫・ISBN 9784150306908
    • 夢の樹が接げたなら (『S-Fマガジン』1992年3月号)
    • 普通の子ども (『S-Fマガジン』1996年6月号)
    • スパイス (『S-Fマガジン』1993年6月号)
    • 無限のコイン (『S-Fマガジン』1992年11月号)
    • 個人的な理想郷 (『S-Fマガジン』1994年10月号)
    • 代官 (『S-Fマガジン』1992年7月号)
    • ズーク (『S-Fマガジン』1995年3月号)
    • 夜明けのテロリスト (『S-Fマガジン』1998年2月号)
  • 風とタンポポ〜惑星環物語〜(『YOMBAN』にて連載。第1部完。2009年2月〜10月)イラスト:河野さち子今石進
  • 夢のまた夢 決戦!大坂の陣 (2011年10月7日発行・朝日新聞出版・ISBN 9784022508874

アンソロジー[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 星雲賞リスト”. 日本SFファングループ連合会議. 2016年3月28日閲覧。
  2. ^ SFマガジン2013年10月号後書きより
  3. ^ 歴代会長・事務局長”. 日本SF作家クラブ(SFWJ)公式ウェブサイト. 2016年12月7日閲覧。
  4. ^ 早川書房編集部編著 『星界の戦旗読本』 早川書房・2001年7月31日発行・48頁。 ISBN 9784152083593