冲方丁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
うぶかた とう
冲方 丁
Ubukata Tow from "Human Lost" at Opening Ceremony of the Tokyo International Film Festival 2019 (49013074278).jpg
ペンネーム 冲方 丁
誕生 (1977-02-14) 1977年2月14日(43歳)
日本の旗 日本 岐阜県各務原市
職業 小説家, 脚本家
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
最終学歴 早稲田大学第一文学部中退
活動期間 1996年 -
ジャンル ライトノベル
サイエンス・フィクション
ファンタジー
歴史小説
代表作マルドゥック・スクランブル
(2003年 - )
天地明察』(2009年)
主な受賞歴 スニーカー大賞金賞(1996年)
日本SF大賞(2003年)
吉川英治文学新人賞(2010年)
本屋大賞(2010年)
山田風太郎賞(2012年)
デビュー作 『黒い季節』(1996年)
配偶者 あり
子供 2人
公式サイト tow_ubukataのコピー
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

冲方 丁(うぶかた とう、1977年2月14日 - )は、日本小説家脚本家日本SF作家クラブ会員。

概要[編集]

1977年、岐阜県各務原市生まれ。4歳から9歳までシンガポール、10歳から14歳までネパールで過ごす。その後、埼玉県立川越高等学校に入学。1996年、早稲田大学在学中に『黒い季節』で角川スニーカー大賞金賞を受賞し小説家デビュー。早稲田大学第一文学部中退。小説のみならずメディアを限定せず幅広く活動を展開する。日本SF作家クラブ会員。『マルドゥック・スクランブル』で日本SF大賞、『天地明察』で吉川英治文学新人賞本屋大賞舟橋聖一文学賞、北東文芸賞を受賞し、第143回直木賞にノミネートされた。『光圀伝』で第3回山田風太郎賞受賞。

家族は妻と息子と娘の4人家族。自宅は福島県福島市にあるが、2011年3月11日に発生した東日本大震災により母と妹夫婦の住む北海道池田町に避難した。しかし後に福島に戻っている[1][2]

2014年7月17日、自身の作品の二次創作を一定のルールの下で全面解禁することをブログ上で発表した[3][4]

2015年8月24日、別居中の妻への傷害容疑で逮捕される[5](のちに不起訴処分)。この事件の影響により、水戸市は予定していたNHKへの『光圀伝』の大河ドラマ化要望を見送った[6]。冲方は留置場内での生活を「閉じ込められた9日間」として「週刊プレイボーイ」誌上で発表した[7][8]。冲方自身は、訴える側の視点から見て何をドメスティックバイオレンスと解釈するかは難しいとしつつも、自分が暴力を振るった事実はなく、この逮捕は「警察の勇み足」であったと主張している[9]

2016年、『十二人の死にたい子どもたち』で第156回直木賞候補。

年に不定期でイベント「冲方サミット」を開催しており、出版関係者を交えて刊行作の紹介や執筆予定作品についてのトークを行う。

ペンネームの由来[編集]

の用語を並べたもの。生まれたのが1977年(丁巳)で、「」は火が爆ぜるという意味だったので、それに対して「冲[10]」(氷が割れる音を意味する言葉)を持ってきた。「方」は職業の意。冷静さと熱意、それを職業にしていくという意味がある[11]

作風[編集]

サイエンス・フィクションを中心に執筆する。

小説で影響を受けた作家は、夢枕獏栗本薫。そのあまりに強い影響=呪縛から逃れるために、デビュー作執筆の際には、夢枕の『上弦の月を喰べる獅子』を鋸で裁断し、栗本の『魔界水滸伝』は学校の焼却炉に放り込んだ、と語っている[12]

少年時代を海外で暮らし日本語に飢えていたことから、日本語の表記にこだわりを持っており、凝った表記や趣向を凝らした文体を作中に好んで用いるようになった。

ばいばい、アース』では造語をふんだんに用いた独特の言語センスと世界設定で注目を集める。

SF界隈での評価を高めた『マルドゥック・スクランブル』は黒丸尚による翻訳作品を意識した文体が用いられており、とりわけ終盤のギャンブルシーンの描写は絶賛されている。一方、前日譚である『マルドゥック・ヴェロシティ』では、記号の「/」や「=」を用いた「クランチ文体」が使用されており、異常な人格・おどろおどろしい風体を持ったサイボーグによる能力バトルが繰り広げられるというジェイムズ・エルロイ山田風太郎を意識したものとなっている。

また、角川書店富士見書房から刊行されているシュピーゲル・シリーズではライトノベルでありながら身体障害人種差別宗教紛争といった重いテーマが取り上げられている。

『ばいばい、アース』のラブラック=ベル、『マルドゥック・スクランブル』のルーン・バロット、『シュピーゲル・シリーズ』の涼月・ディートリッヒ・シュルツなど戦闘美少女が主役に据えられることも多い。

単行本[編集]

カオス レギオン[編集]

  1. カオス レギオン 聖戦魔軍篇(2003年2月 富士見ファンタジア文庫
  2. カオス レギオン 0 招魔六陣篇(2003年3月 富士見ファンタジア文庫)
  3. カオス レギオン 01 聖双去来篇(2003年7月 富士見ファンタジア文庫)
  4. カオス レギオン 02 魔天行進篇(2003年12月 富士見ファンタジア文庫)
  5. カオス レギオン 03 夢幻彷徨篇(2004年5月 富士見ファンタジア文庫)
  6. カオス レギオン 04 天路哀憧篇(2004年7月 富士見ファンタジア文庫)
  7. カオス レギオン 05 聖魔飛翔篇(2004年12月 富士見ファンタジア文庫)

ストーム・ブリング・ワールド[編集]

  1. ストーム・ブリング・ワールド カルドセプト創伝 1 星の降る都市(2003年3月 MF文庫J/2009年8月 MF文庫ダ・ヴィンチ
  2. ストーム・ブリング・ワールド カルドセプト創伝 2 星を輝かせる者(2003年4月 MF文庫J/2009年10月 MF文庫ダ・ヴィンチ)

マルドゥックシリーズ[編集]

マルドゥック・スクランブル[編集]

  1. マルドゥック・スクランブル The First Compression 圧縮(2003年5月 ハヤカワ文庫JA/2010年10月 ハヤカワ文庫JA)
  2. マルドゥック・スクランブル The Second Combustion 燃焼(2003年6月 ハヤカワ文庫JA/2010年10月 ハヤカワ文庫JA)
  3. マルドゥック・スクランブル The Third Exhaust 排気(2003年7月 ハヤカワ文庫JA/2010年10月 ハヤカワ文庫JA)
  4. マルドゥック・スクランブル 改訂新版(2010年9月 早川書房)- 上記三冊の合本版

マルドゥック・ヴェロシティ[編集]

  1. マルドゥック・ヴェロシティ 1(2006年11月 ハヤカワ文庫JA/2012年8月 ハヤカワ文庫JA)
  2. マルドゥック・ヴェロシティ 2(2006年11月 ハヤカワ文庫JA/2012年8月 ハヤカワ文庫JA)
  3. マルドゥック・ヴェロシティ 3(2006年11月 ハヤカワ文庫JA/2012年8月 ハヤカワ文庫JA)

マルドゥック・アノニマス[編集]

  1. マルドゥック・アノニマス 1(2016年3月 ハヤカワ文庫JA)
  2. マルドゥック・アノニマス 2(2016年9月 ハヤカワ文庫JA)
  3. マルドゥック・アノニマス 3(2018年3月 ハヤカワ文庫JA)
  4. マルドゥック・アノニマス 4(2019年3月 ハヤカワ文庫JA)

短編集[編集]

  1. マルドゥック・フラグメンツ(2011年5月 ハヤカワ文庫JA)

シュピーゲルシリーズ[編集]

オイレンシュピーゲル[編集]

  1. オイレンシュピーゲル 壱 Black&Red&White(2007年2月 角川スニーカー文庫
  2. オイレンシュピーゲル 弐 FRAGILE!!/壊れもの注意!!(2007年6月 角川スニーカー文庫)
  3. オイレンシュピーゲル 参 Blue Murder(2007年11月 角川スニーカー文庫)
  4. オイレンシュピーゲル 肆 Wag The Dog(2008年5月 角川スニーカー文庫)

スプライトシュピーゲル[編集]

  1. スプライトシュピーゲル Ⅰ Butterfly&Dragnofly&Doneybee(2007年2月 富士見ファンタジア文庫)
  2. スプライトシュピーゲル Ⅱ Seven Angels Coming(2007年7月 富士見ファンタジア文庫)
  3. スプライトシュピーゲル Ⅲ いかづちの日と自由の朝(2007年11月 富士見ファンタジア文庫)
  4. スプライトシュピーゲル Ⅳ テンペスト(2008年4月 富士見ファンタジア文庫)

テスタメントシュピーゲル[編集]

  1. テスタメントシュピーゲル 1(2009年11月 角川スニーカー文庫)
  2. テスタメントシュピーゲル 2 上(2015年5月 角川スニーカー文庫)
  3. テスタメントシュピーゲル 2 下(2015年6月 角川スニーカー文庫)
  4. テスタメントシュピーゲル 3 上(2017年1月 角川スニーカー文庫)
  5. テスタメントシュピーゲル 3 下(2017年7月 角川スニーカー文庫)

ノンシリーズ[編集]

ノベライズ[編集]

エッセイ[編集]

  • 冲方式ストーリー創作塾(2005年6月 宝島社/2008年5月 宝島社文庫/2011年11月 このライトノベルがすごい!文庫)- 宝島社文庫版以降は『冲方丁のライトノベルの書き方講座』に改題
  • 冲方式「アニメ&マンガ」ストーリー創作塾(2009年1月 宝島社/2013年2月 宝島社文庫)- 宝島社文庫版は『冲方丁の「アニメ&マンガ」ストーリー創作の極意』に改題
  • にすいです。 冲方丁対談集(2013年1月 角川書店)
  • 偶然を生きる(2016年3月 角川新書
  • 冲方丁のこち留 こちら渋谷警察署留置所(2016年8月 集英社インターナショナル

アンソロジー収録作品[編集]

  • 月の無い夜の天使祝詞(『運命の覇者』1997年2月 角川書店)
  • 神星伝(『SF JACK』2013年2月 角川書店/2016年2月 角川文庫)
  • 真紅の米(『決戦!関ヶ原』2014年11月 講談社/2017年7月 講談社文庫
  • 雁首仲間(『サイドストーリーズ』2015年3月 角川文庫)
  • 黄金児(『決戦!大阪城』2015年5月 講談社/2017年11月 講談社文庫)
  • 純白き鬼札(『決戦!本能寺』2015年11月 講談社/2018年3月 講談社文庫/『光秀 歴史小説傑作選』2019年9月 PHP学芸文庫
  • 五宝の矛(『決戦!川中島』2016年5月 講談社/2018年7月 講談社文庫)
  • オーガストの命日(『マルドゥック・ストーリーズ 公式二次創作集』2016年9月 ハヤカワ文庫JA)
  • 覇舞謡(『決戦!桶狭間』2016年11月 講談社/2019年4月 講談社文庫)
  • スプリンガー(『攻殻機動隊小説アンソロジー』2017年3月 講談社)
  • バイシクル(『I Love Father 書き下ろしミステリアンソロジー』2017年6月 宝島社/『泣ける!ミステリー 父と子の物語』2019年6月 宝島社文庫)
  • 燃ゆる病葉(『決戦!関ヶ原 2』2017年7月 講談社/2019年8月 講談社文庫)
  • 死争の譜 〜天保の内訌〜(『宮内悠介リクエスト!博奕のアンソロジー』2019年1月 光文社/2020年2月 光文社文庫)

漫画原作[編集]

オリジナル[編集]

  • ピルグリム・イェーガー(2002年 - 2006年 ヤングキングコミックス 全6巻)- 作画:伊藤真美
  • 激闘!! PSY玉県!!(2005年 未単行本化)- 作画:山田秋太郎
  • サンクチュアリ THE 幕狼異新(2010年 - 2011年 ジャンプコミックスデラックス 全2巻)- 作画:野口賢
  • ガーゴイル(2014年 - 2015年 ヤングキングアワーズコミックス 全4巻)- 作画:近藤るるる

コミカライズ[編集]

  • シュヴァリエ(2005年 - 2009年 マガジンZKC 全8巻)- 作画:夢路キリコ
  • オイレンシュピーゲル(2009年 角川コミックス・エース 全1巻)- 作画:曽我部修司
  • マルドゥック・スクランブル(2010年 - 2012年 講談社コミックス 全7巻)- 作画:大今良時
  • オイレンシュピーゲル(2010年 - 2013年 シリウスKC 全7巻)- 作画:二階堂ヒカル
  • スプライトシュピーゲル(2010年 ヤングキングコミックス 全1巻)- 作画:さめだ小判
  • 天地明察(2011年 - 2015年 アフタヌーンKC 全9巻)- 作画:槇えびし
  • スプライトシュピーゲル(2011年 - 2013年 ヤングキングアワーズコミックス 全3巻)- 作画:中嶋ヤマト
  • 光圀伝(2012年 - 2015年 角川コミックス・エース 全4巻/2019年 KADOKAWA 上下巻)- 作画:三宅乱丈
  • 地球生まれのあなたへ(2014年 KCデザート 全1巻)- 作画:馬瀬あずさ
  • 十二人の死にたい子どもたち(2017年 - 2019年 アフタヌーンKC 全3巻)- 作画:熊倉隆敏
  • マルドゥック・デーモンズ(2019年 シリウスKC 上下巻)- 作画:皆本形介
  • ばいばい、アース(2020年 - ヤングキングアワーズコミックス)- 作画:麻日隆

ムック[編集]

  • 冲方丁公式読本(2010年11月 洋泉社/2013年2月 宝島社文庫)
  • Newtype Library 冲方丁(2010年12月 角川書店)
  • 『光圀伝』謎解き散歩(2015年7月 新人物文庫)

映像作品[編集]

テレビアニメ[編集]

劇場アニメ[編集]

実写映画[編集]

ゲームシナリオ[編集]

映画・テレビ・ラジオ出演[編集]

脚注[編集]

  1. ^ “作家冲方丁さんが一時避難”. 十勝毎日新聞社. (2011年3月27日). http://www.tokachi.co.jp/news/201103/20110327-0008498.php 2016年8月24日閲覧。 
  2. ^ “【新・仕事の周辺】冲方丁(作家) 福島に戻るたび思うこと”. 産経新聞・産経デジタル. (2012年12月9日). オリジナルの2013年1月5日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130105161603/http://sankei.jp.msn.com/life/news/121209/bks12120908000002-n1.htm 2016年8月24日閲覧。 
  3. ^ “冲方丁さん、自作の2次創作“全面解禁”を提案 「グレーゾーン」ではないあり方の模索”. ITmedia. (2014年7月17日). http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1407/17/news134.html 2016年8月24日閲覧。 
  4. ^ ☆本日のお話・二次創作について考えた③☆”. ぶらりずむ黙契録(冲方本人によるブログ) (2014年7月17日). 2016年8月24日閲覧。
  5. ^ 【本人には】本日のお知らせ【通知されず】”. ぶらりずむ黙契録(冲方本人によるブログ) (2015年10月17日). 2016年8月24日閲覧。
  6. ^ “光圀伝の大河ドラマ化、水戸市が要望見送り 作者・冲方丁容疑者逮捕受け”. 産経新聞. (2015年8月27日). http://www.sankei.com/region/news/150827/rgn1508270016-n1.html 2016年8月24日閲覧。 
  7. ^ 妻へのDV容疑で逮捕された作家・冲方丁が独占手記を発表。警察と検察への怒りと疑義”. 週プレNEWS(集英社) (2015年11月30日). 2016年8月24日閲覧。
  8. ^ 冲方丁『冲方丁のこち留 こちら渋谷警察署留置場』集英社インターナショナル、2016年。ISBN 978-4797673319
  9. ^ 冲方丁 (2016年8月30日). まさかの逮捕から1年。人気作家・冲方丁が留置場での驚愕体験を「笑える手記」にした理由. (インタビュー). 週プレNEWS.. http://wpb.shueisha.co.jp/2016/08/30/71178/ 2016年9月1日閲覧。 
  10. ^ 水部(さんずい)の「沖」ではなく冫部(にすい)である
  11. ^ 活字倶楽部2004年春号 インタビュー記事
    とくダネ! - フジテレビ とく撮 中野実奈子の100問100答コーナー 5月14日分より
  12. ^ ぶらりずむ黙契録: ☆本日限りの回答☆
  13. ^ J-WAVE ANA WORLD AIR CURRENT

外部リンク[編集]