白井弓子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
白井 弓子
生誕 (1967-03-15) 1967年3月15日(52歳)
日本の旗 日本愛媛県
国籍 日本の旗 日本
職業 漫画家
代表作天顕祭
WOMBS(ウームズ)
受賞 第11回文化庁メディア芸術祭マンガ部門奨励賞(2007年)
第14回文化庁メディア芸術祭マンガ部門審査委員会推薦(2010年)
第19回文化庁メディア芸術祭マンガ部門審査委員会推薦(2015年)
第37回日本SF大賞大賞(2017年)
公式サイト 弓工房
テンプレートを表示

白井 弓子(しらい ゆみこ、1967年[1]3月15日[2] - )は、日本女性漫画家

略歴[編集]

愛媛県出身[1]京都市立芸術大学美術学部油画専攻[1]卒業。

同人誌として発表していた『天顕祭』が2007年に第11回文化庁メディア芸術祭マンガ部門で奨励賞[3]を受賞し、2008年サンクチュアリ・パブリッシングより商業誌として出版される。

2009年からは、『月刊IKKI』(小学館)で『WOMBS(ウームズ)』を連載開始するが、同誌2010年12月号での第16話掲載を最後に連載を終了し、描き下ろしの形式へ移行する[4]2010年には、『WOMBS(ウームズ)』が第14回文化庁メディア芸術祭マンガ部門審査委員会推薦作品[5]となる。

2013年から2015年にかけて『月刊アクション』(双葉社)で『ラフナス』を連載し、2015年の第19回文化庁メディア芸術祭マンガ部門審査委員会推薦作品に選定された。[6]

2016年から2017年まで『ミステリーボニータ』(秋田書店)にて『機械仕掛けの神話』シリーズの読み切り作品を不定期で連載。同作は『Champion タップ!』(同社)にアンコール掲載後に新作発表。一連の作品は『イワとニキの新婚旅行』として単行本化された。

2016年12月に『WOMBS(ウームズ)』が第37回日本SF大賞の最終候補作に選出され[7]、2017年2月の選考会で大賞となった。[8][9]

2017年4月21日の第37回日本SF大賞贈賞式に先立ち開催された総会で推薦を受け、日本SF作家クラブの会員となった。[10][11]

『ミステリーボニータ』2018年5月号より近未来大阪を舞台にした大阪伝奇クライシス『O(オー) 環状結界都市』を開始するが、判読性の悪さから、2018年11月号掲載の「episode 6」よりタイトルを『大阪環状結界都市』に変更[12]し、2019年9月号に完結した。

人物[編集]

受賞歴[編集]

  • 2007年 - 『天顕祭』により第11回文化庁メディア芸術祭マンガ部門奨励賞受賞。
  • 2010年 - 『WOMBS(ウームズ)』が第14回文化庁メディア芸術祭マンガ部門審査委員会推薦作品に選定。
  • 2015年 - 『ラフナス』が第19回文化庁メディア芸術祭マンガ部門審査委員会推薦作品に選定。
  • 2017年 - 『WOMBS(ウームズ)』により第37回日本SF大賞大賞受賞。
  • 2017年 - 第37回日本SF大賞大賞受賞に伴い愛顔のえひめ文化・スポーツ賞受賞。[20]

商業出版作品[編集]

天顕祭[編集]

WOMBS(ウームズ)[編集]

ラフナス[編集]

イワとニキの新婚旅行[編集]

大阪環状結界都市[編集]

その他[編集]

イラスト担当作品[編集]

自費出版作品[編集]

天顕祭[編集]

  • 天顕祭 一、2006年2月19日、60ページ
  • 天顕祭 二、2006年6月18日、66ページ
  • 天顕祭 三、2006年11月12日、84ページ
  • 天顕祭 四、2007年4月1日、112ページ
  • 天顕祭 番外編「若竹に吹く風」、2007年8月26日、28ページ
  • 天顕祭 総集編、2008年3月3日、338ページ
  • 天顕祭 番外編「菩薩の山」、2012年5月5日、34ページ

WOMBS(ウームズ)[編集]

  • WOMBS番外編 Dr.ダイヤモンドの1500、2014年11月23日、20ページ
  • WOMBS REMNANTS(ウームズ レムナンツ)、2016年1月31日、80ページ

その他[編集]

  • FISH of LOVE サカナ男の冒険、1991年6月、90ページ[21]、秋元なおと共著
  • ラフナスの結婚の歌、2019年3月、135ページ[22]
  • 粘土的犯罪、2003年、10ページ

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c IKKI連載作品紹介 [WOMBS]白井弓子(2013年7月24日閲覧)
  2. ^ Twitterでの発言(2012/03/15 22:06:50)(2013年7月25日閲覧)
  3. ^ 平成19年度[第11回]文化庁メディア芸術祭 受賞作品(2013年7月24日閲覧)
  4. ^ 弓工房blog 2010-10-23 『月刊 IKKI 2010年 12月号』(2013年7月24日閲覧)
  5. ^ 平成22年度[第14回]文化庁メディア芸術祭 審査委員会推薦作品 > 審査委員会推薦作品一覧(2013年7月24日閲覧)
  6. ^ 第19回(2015年)文化庁メディア芸術祭マンガ部門受賞作品(2016年12月29日閲覧)
  7. ^ 第37回日本SF大賞・最終候補作が決定しました! - SFWJ:日本SF大賞(2016年12月29日閲覧)
  8. ^ 第37回日本SF大賞が決定いたしました! - 「SF大賞エントリー」ツイート(2017年2月25日閲覧)
  9. ^ 第37回日本SF大賞・受賞作決定! - SFWJ:日本SF大賞(2017年2月27日閲覧)
  10. ^ 第37回日本SF大賞贈賞式 - 弓工房blog(2017年5月9日閲覧)
  11. ^ 会員名簿 - SFWJ(2017年5月9日閲覧)
  12. ^ 2018年8月6日 本人のツイート(2017年5月9日閲覧)
  13. ^ Twitterでの発言(2013/03/19 16:50:32)(2013年7月25日閲覧)
  14. ^ マンガナビ「クリエーターインタビュー」白井弓子さん P4(2013年7月25日閲覧)
  15. ^ マンガナビ「クリエーターインタビュー」白井弓子さん P3(2013年7月25日閲覧)
  16. ^ Twitterでの発言(2010/06/21 13:10:47)(2013年7月25日閲覧)
  17. ^ Twitterでの発言(2012/11/29 20:47:48)(2015年9月2日閲覧)
  18. ^ CLIP STUDIO PAINT プラグインコンテスト(2015年9月2日閲覧)
  19. ^ 『メタ・パラダイム』のサイト(2013年7月28日閲覧)
  20. ^ 愛媛県庁/愛顔のえひめ知事表彰式(愛顔のえひめ文化・スポーツ賞)について 6月13日開催(2017年6月20日閲覧)
  21. ^ 第5版におけるページ数
  22. ^ 電子書籍版における発行年月およびページ数

関連項目[編集]

外部リンク[編集]