ミステリーボニータ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ミステリーボニータ
ジャンル 漫画雑誌
刊行頻度 月刊(毎月6日発売)
発売国 日本の旗 日本
言語 日本語
定価 600円
出版社 秋田書店
編集長 齋藤功衛[1]
雑誌名コード 18439
刊行期間 1988年5月 -
ウェブサイト http://www.akitashoten.co.jp/bonita
テンプレートを表示

ミステリーボニータ』は、秋田書店が発行している月刊少女漫画雑誌。毎月6日発売[2]

概要[編集]

1988年5月、『ボニータ』の派生誌として[要出典]創刊された。主にホラーミステリー、アクション、ファンタジー歴史時代物SFなどの長編作品を掲載。1996年に『ボニータ』が休刊となった際に同誌の連載作品を引き継いだため、本来の雑誌のカラーだったホラーミステリーに加えて多彩なジャンルの作品が連載されることとなった。[独自研究?]

2013年4月号よりリニューアルを敢行し、『九 neuntote』、『パレードはどこへ行くの?』、『クジラの子らは砂上に歌う』、『アンの世界地図〜It’s a small world〜』など新連載を順次開始。このほか、ロゴの変更やページ増など誌面改革を実施しており、[要出典]他社の少女誌で活躍する結賀さとる、奈々巻かなこ、吟鳥子、白井弓子などの起用も増えている。[独自研究?]宝島社の漫画紹介ムックこのマンガがすごい!』2015年版オンナ編において、『クジラの子らは砂上に歌う』が第10位、『パレードはどこへ行くの?』が第47位にランクインした。

2016年、長岡良子と九条タカオミのこれまでの作品は絶版になったため、HPのデータからコミックスの情報が削除された。[要出典]

2018年、「プリンセスGOLD」の電子書籍専売に伴い、『ケルン市警オド』が6月特大号、『白妖(びゃくよう)の娘』が7月特大号より移籍。

2019年、「Unlimited」「群青のアンサンブル」「写楽心中」を10月号よりコミックスと同じタイトルに改題した。

2020年1月号より再びリニューアルが行われた[3]。誌名のロゴと表紙デザインを一新し、よりミステリー作品に特化した誌面を展開する[3]希望賞品の画像が掲載された折りたたみのページが無くなり、アンケートのページに賞品の名称だけが記載されている。また、2号連続で『9番目のムサシ』が表紙を飾る1月号・2月号を並べると1枚の絵となり、新連載開始記念企画の2月号の特別付録として創刊以来初の卓上「ムサシ名場面」カレンダーの表紙絵となっている。[独自研究?]

『プリンセスGOLD』が2020年1月16日配信の2月号で休刊となったため、2020年4月号より『やじきた学園道中記F(ファイナル)』の移籍新連載がスタートした。

2020年9月特大号よりコバルト文庫炎の蜃気楼(ミラージュ)』原作第2巻「緋(あか)の残影」のコミカライズ連載『炎の蜃気楼R(リブート)』が開始された[注 1]

2021年、2月特大号で『後宮香妃物語』を終了し『月刊プリンセス』に移籍連載することになった。また、「西荻窪 三ツ星洋酒堂」がTVドラマ化され、MBS「ドラマ特区」枠で放送された。

作品により連載間隔が異なっており、毎号に全ての連載作品が掲載される訳ではない。[独自研究?]

現在連載中の作品[編集]

2024年3月号現在。

休載中・連載中か不明の作品[編集]

休載中の作品[編集]

過去の掲載作品[編集]

あ行[編集]

  • あがりたる世と蜘蛛御前(魅月乱)
  • あなたのお仕事なんですか? 〜働く女性に突撃レポ!〜(赤塚祭)
  • アナトミア〜解剖してわかったことだが、人間は必ず死ぬようにできている〜(高城玲):2022年9月号[10] - 2023年4月号→『月刊プリンセス』に移籍[14]
  • 妖しの森の幻夜館(高階良子)
  • アンドロメダ号で女子会を(白井弓子
  • アンの世界地図〜Is's a small world〜(吟鳥子)
  • Unlimited → Unlimited VS 絞殺姫(亜月亮):2018年1月号 - 4月号、2019年10月号 - 2020年1月号[3]
  • イーフィの植物図鑑(奈々巻かなこ)
  • 異世界王子(浜田翔子)
  • イワとニキの新婚旅行(白井弓子)
  • ヴィエンナ・コネクション(高瀬理恵)
  • 海の女神と旅立つ船(白井弓子)
  • O 環状結界都市 → 大阪環状結界都市(白井弓子)
  • 大家不動産の優良事故物件(マキノマキ):2020年1月号 -
  • オレは篠崎ハルカが嫌いだ(松永江莉子)

か行[編集]

  • 炎人東山むつき
  • かみがたり[注 4](くせつきこ)
  • カラフル・クロウ(秋乃茉莉
  • KEY JACK(潮見知佳
    • KEY JACK TEENAGE EDITION(潮見知佳)
    • KEY JACK DEADLOCK(潮見知佳)
    • KEY JACK KEEP ALIVE(潮見知佳)
  • キーリ手代木史織
  • 君といつまでも〜東京下町吸血鬼物語〜(小林モリヲ)
  • キミノトナリ-闇都市伝説-(亜月亮
  • きみを死なせないための物語(吟鳥子)
    • きみを死なせないための物語〜番外編〜(吟鳥子):2021年2月号[23] -
  • 9番目のムサシ(高橋美由紀)※『きらら16』より移籍
    • 9番目のムサシ ミッション・ブルー(高橋美由紀)
    • 9番目のムサシ レッドスクランブル(高橋美由紀)
    • 9番目のムサシ サイレントブラック(高橋美由紀): - 2020年1月号[3]
  • 恐怖博士の研究室根本尚
  • 虚妄の女王〜辺境警備外伝〜(紫堂恭子): - 2022年5月号[24]
  • 着るプラチナ〜魔女のドレス〜(黒井あがさ
  • 銀のノルタルヂア-イーハトーブ幻想童話集-(森山真臣乳→森山まみち)
  • 傀儡師リン和田慎二[注 5]
  • 傀儡の檻 インダクションゲーム(原作:矢樹純加藤山羊): - 2019年7月号
  • 九龍葬査回奇録(晴十ナツメグ
  • クジラの子らは砂上に歌う梅田阿比): - 2023年2月号[27]
  • クジラの子らは砂上に学ぶ(原案:梅田阿比、梅田海老):2018年5月号 -
  • 朽ちかけ龍の契約者(みどりわたる):2022年4月号[8] - 2024年2月号[28]
  • -クロノス- 漆黒の神話(高階良子)
  • 群青のアンサンブル → 群青のアンサンブル 〜2年3組の生徒たち〜(遠野由来子)
  • 月光社ボーレイ奇譚(川端新)
  • ゲッコーと月光と結婚(黒井あがさ)
  • 幻獣の星座(秋乃茉莉)
  • 幻想夜話シリーズ(高階良子)
  • 後宮香妃物語(原作:伊藤たつき、キャラクター原案:カスカベアキラ、橘ミズキ)→『月刊プリンセス』に移籍
  • 煌如星シリーズ藤田あつ子
  • 告別にはまだ早い(D・キッサン

さ行[編集]

  • 咲良の居酒屋歳時奇(永久保貴一
  • さよなら私の兵馬俑 機械仕掛けの神話(白井弓子
  • 三国志ジョーカー(青木朋)
  • Gペンマジック のぞみとかなえ(崇山祟):2020年9月号 - 2022年10月号[11]
  • 写楽心中(会田薫)
    • 写楽心中 少女の春画は江戸に咲く(会田薫)
  • 衆議院議員日本一(根本尚
  • 終末フレンズ(久世みずき
  • しろいねこの学校(天乃タカ)
  • 神域のシャラソウジュ〜少年平家物語〜(奈々巻かなこ):2020年3月号 -
  • 神託と灰色の髪の少年 機械仕掛けの神話〜ギリシャ神話〜(白井弓子
  • すきま日誌シリーズ(桟敷美和)
  • 千千に鬼こそ(青井波子):2014年1月号[29] -

た行[編集]

な行[編集]

  • 70年目の告白〜毒とペン〜(高階良子):2020年8月号 - 2022年11月号[12]
  • 逃げる少女〜ルウム復活暦1002年〜(紫堂恭子
  • 虹の大陸のシュリ(八瀬惣子)
  • 203号室の尽子さん山田也
  • 1/2(木々
  • ねこにゃんのわがまんま(九条タカオミ)
  • 眠れる荊棘の… ネムレルイバラノ(高階良子)
  • 九 neuntöte(結賀さとる

は行[編集]

  • 新パズルゲーム☆はいすくーる(野間美由紀
  • はっぴぃ猫日記 まるっとねこにゃん(九条タカオミ)
  • パレードはどこへ行くの?(鈴木志保
  • ひとっこひとり百鬼の里(室長サオリ)
  • 瞳に映るは銀の月(北原文野
  • 白妖の娘(木原敏江
  • ピジョン・プラン(林美里)
  • 微 超能力部!(藤田まる美)
  • ファタモルガーナの館-あなたの瞳を閉ざす物語-(原作・監修:縹けいか、作画:兼宗)
  • 独法師と嘘つき(由多ちゆ
  • ひみつの月(中村理恵)
  • ふしぎ道士伝 八卦の空(青木朋)
  • 変幻退魔夜行 カルラ舞う! 葛城の古代神(永久保貴一
    • 変幻退魔夜行 カルラ舞う! 【外伝 安倍晴明編】(永久保貴一)
    • 「カルラ舞う!」式 開運巡礼(永久保貴一)
    • 変幻退魔夜行 カルラ舞う! 【湖国幻影城】(永久保貴一)

ま行[編集]

や行[編集]

ら行[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 原作者は桑原水菜、作画は前回「セリエミステリー」(白泉社)で連載された時と同じ浜田翔子
  2. ^ "緊急予告" と銘打たれ、『クリスタル☆ドラゴン』完全復活後第1回は2014年7月号(6/6発売)の巻頭カラーで登場すると連載再開を祝う告知がp.73に掲載されると共に、同頁下部にて、作画を担当してきた別作品『悪魔の花嫁』が『クリスタル☆ドラゴン』再開に伴い、翌5月号掲載分をもって "一時休載" をする旨も発表された[18][19]
    補足:『悪魔の花嫁 -最終章-』の連載期間は、2007年6月号 - 2014年5月号まで(2023年12月時点[20])。
  3. ^ 2014年7月号より連載が再開されたが、2021年1月特大号にて僅か10頁の掲載を最後(最新)に丸3年休載中。2021年2月特大号の巻末p.586に、"※「クリスタル☆ドラゴン」は都合によりしばらく休載します。" との告知が出て以降、毎号「休載告知」のみ掲載されている[18][19][21][22]
  4. ^ コミックスのタイトルは「かみがたり〜女陰陽師と房総の青鬼〜」である。
  5. ^ 2011年7月5日、作者死去(虚血性心疾患)により、2011年8月号掲載のストーリーをもって絶筆となり、翌月発売の9月号では追悼企画が組まれた[25][26]
  6. ^ プリンセスGOLD 2015年9月号の「少女漫画ギャグ&コメディ祭」で掲載された『ぶきっちょ係』(原作:一條マサヒデ 作画:サブ)が元であり、作品のタイトルと作画担当者の名前を改名して連載に移行した。当時の読み切りの再録(画像)と新連載の1話目の2本掲載の二部構成になっている。[要出典]
  7. ^ 2020年5月2日正午ごろ、作者が虚血性心疾患により59歳で逝去。そのため、連載終了。追悼企画と共に第1話を『ミステリーボニータ』2020年8月号の付録に収録[31][32]。補足:秋田書店発表の訃報はリンク切れしていたのでweb魚拓にて代用した。
  8. ^ ※これ以前のシリーズは『ボニータ』掲載、これ以後のシリーズは『プリンセスGOLD』掲載。

出典[編集]

  1. ^ 恋愛マンガからダークファンタジーまで、26人の編集者が回答」『コミックナタリー』ナターシャ、2022年1月31日。2022年2月1日閲覧。
  2. ^ 『ミステリーボニータ』2024年3月号、秋田書店、2024年2月6日。 表紙より。
  3. ^ a b c d e ボニータがミステリー特化にリニューアル、「9番目のムサシ」は新シーズンへ」『コミックナタリー』ナターシャ、2019年12月6日。2024年2月6日閲覧。
  4. ^ 恐ろしい噂のある国に嫁いだ王女を描く、びっけのダークファンタジー新連載」『コミックナタリー』ナターシャ、2019年6月6日。2019年6月6日閲覧。
  5. ^ 「P.As.」サイン色紙もらえる単行本との連動企画がボニータで、付録にクリアファイル」『コミックナタリー』ナターシャ、2021年11月6日。2024年2月6日閲覧。
  6. ^ 「吸血鬼すぐ死ぬ」公式アンソロ連載がボニータで、初回はシタラマサコ&多賀タイラ」『コミックナタリー』ナターシャ、2021年7月6日。2024年2月6日閲覧。
  7. ^ a b c “サウナ限定”の名探偵が華麗に謎をととのえる、コミカライズ新連載がボニータで」『コミックナタリー』ナターシャ、2022年1月6日。2024年2月6日閲覧。
  8. ^ a b 「海が走るエンドロール」付録がボニータに、みどりわたる&糸井のぞ新連載も」『コミックナタリー』ナターシャ、2022年3月4日。2024年2月6日閲覧。
  9. ^ 「国を蹴った男」マンガ版がボニータで、「海が走るエンドロール」映画鑑賞ノートも」『コミックナタリー』ナターシャ、2022年7月6日。2024年2月6日閲覧。
  10. ^ a b 15世紀末の人体解剖ロマン&視えない除霊師の除霊コメディ、新連載2本がボニータで」『コミックナタリー』ナターシャ、2022年8月5日。2024年2月6日閲覧。
  11. ^ a b 絵を描く青年と絵を売る青年の物語がボニータで、「吸血鬼すぐ死ぬ」セリフシールも」『コミックナタリー』ナターシャ、2022年9月6日。2024年2月6日閲覧。
  12. ^ a b 夢と恋を追う大正ロマン新連載がボニータで、付録に「9番目のムサシ」クリアファイル」『コミックナタリー』ナターシャ、2022年10月6日。2024年2月6日閲覧。
  13. ^ 奴隷の少女と変わり者の地理学者の旅行記「バットゥータ先生のグルメアンナイト」」『コミックナタリー』ナターシャ、2022年11月5日。2024年2月6日閲覧。
  14. ^ a b c 紫堂恭子とムラマツヒロキ×川島よしお、2本の新連載がボニータでスタート」『コミックナタリー』ナターシャ、2023年3月6日。2024年2月6日閲覧。
  15. ^ 同人教師×天才ギャルの交流描く新連載がボニータで、アンソロ企画に板倉梓&安野モヨコ」『コミックナタリー』ナターシャ、2023年4月6日。2024年2月6日閲覧。
  16. ^ 小林幸子が豪華な衣装と歌で異世界を再建、ボニータで新連載開幕」『コミックナタリー』ナターシャ、2023年6月6日。2024年2月6日閲覧。
  17. ^ ミステリーボニータ 2023年12月特大号”. 秋田書店. 2023年11月6日閲覧。
  18. ^ a b ミステリーボニータ編集部 2014a, p. 73.
  19. ^ a b ミステリーボニータ編集部 2014b, p. 297.
  20. ^ ミステリーボニータ 2007年6月号”. 秋田書店ホームページ. 雑誌バックナンバー詳細. 秋田書店 (2007年5月7日). 2023年12月9日閲覧。
  21. ^ あしべゆうほ 2020, p. 39-48.
  22. ^ ミステリーボニータ編集部 2021, p. 586.
  23. ^ 吟鳥子「きみを死なせないための物語」番外編が開幕、本編へとつながる前日譚」『コミックナタリー』ナターシャ、2021年1月6日。2023年10月7日閲覧。
  24. ^ a b シリーズ40周年「やじきた学園道中記」完結、夏には市東亮子の新シリーズ開幕」『コミックナタリー』ナターシャ、2022年4月6日。2024年2月6日閲覧。
  25. ^ 漫画家の和田慎二氏が死去」『日本経済新聞日本経済新聞社、2011年7月6日。2023年12月8日閲覧。
  26. ^ ボニータで和田慎二追悼、美内すずえ、高橋留美子ら寄稿」『コミックナタリー』株式会社ナターシャ、2011年7月29日。2023年12月8日閲覧。
  27. ^ 「クジラの子らは砂上に歌う」完結!付録に画集、たらちねジョン×トマトスープ対談も」『コミックナタリー』ナターシャ、2023年1月6日。2024年2月6日閲覧。
  28. ^ 「contents」『ミステリーボニータ』2024年2月号、秋田書店、2024年1月6日。 目次より。
  29. ^ 岩岡ヒサエ、星新一の「逃走の道」をボニータでマンガ化」『コミックナタリー』ナターシャ、2013年12月6日。2023年10月7日閲覧。
  30. ^ ミステリーボニータ 2013年3月号”. 秋田書店. 2023年10月7日閲覧。
  31. ^ 漫画家の野間美由紀さん、虚血性心疾患のため2日に死去 59歳 『パズルゲーム』シリーズ連載中」『ORICON NEWS』オリコン、2020年5月14日。2023年12月8日閲覧。
  32. ^ 【魚拓】野間美由紀先生が逝去されました”. ウェブ魚拓. 秋田書店 (2020年5月14日). 2023年11月10日閲覧。
  33. ^ 「やじきた学園道中記」ハーディ&狭霧のスピンオフ開幕、「吸血鬼すぐ死ぬ」付録も」『コミックナタリー』ナターシャ、2022年6月6日。2024年2月6日閲覧。

参考文献[編集]

  • ミステリーボニータ編集部 編「クリスタル☆ドラゴン 再開のお知らせ」『月刊ミステリーボニータ 2014年4月号』第28巻、第4号、秋田書店、73頁、2014年3月6日。ASIN B00IJGOJN6全国書誌番号:00073768 
  • ミステリーボニータ編集部 編「クリスタル☆ドラゴン 再開のお知らせ」『月刊ミステリーボニータ 2014年5月号』第28巻、第5号、秋田書店、297頁、2014年4月6日。ASIN B00J4T7L1Y 
  • あしべゆうほ「クリスタル☆ドラゴン」『月刊ミステリーボニータ 2021年1月特大号』第35巻、第1号、秋田書店、39-48頁、2020年12月6日。ASIN B08NWJPDWF 
  • ミステリーボニータ編集部 編「CONTENTS(目次)おしらせ&よみもの」『月刊ミステリーボニータ 2021年2月特大号』第35巻、第2号、秋田書店、586頁、2021年1月6日。ASIN B08R689M62 

外部リンク[編集]