和田慎二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
和田 慎二
本名 岩本 良文
生誕 1950年4月19日
日本の旗 広島県呉市
死没 2011年7月5日(満61歳没)
国籍 日本の旗 日本
職業 漫画家漫画原作者
活動期間 1971年 - 2011年
ジャンル 少女漫画
代表作 超少女明日香』シリーズ
怪盗アマリリス
ピグマリオ
スケバン刑事』など
テンプレートを表示

和田 慎二(わだ しんじ、本名:岩本 良文(いわもと よしふみ)、1950年4月19日 - 2011年7月5日[1])は、日本漫画家広島県呉市出身[1]漫画原作者・挿絵画家としての仕事も手がけていた。

略歴[編集]

代表作に『超少女明日香』シリーズ、『忍者飛翔』、『怪盗アマリリス』、『ピグマリオ』、『スケバン刑事』、『少女鮫』など。

1971年東海大学在学時に「パパ!」(『別冊マーガレット』9月号)でデビュー[1]

ジャンルは少女漫画に分類されるが、作風としては壮大なファンタジーに加えて大胆なアクションを取り入れたものが多い。

中でも『スケバン刑事』は根強い人気がある作品であり、コミックは累計で2000万部を超えている。また実写作品としてシリーズでテレビドラマ化されており、1985年フジテレビ東映の制作により主人公・麻宮サキを斉藤由貴が演じた第1シリーズは高視聴率作品となった。以後、麻宮サキ役は南野陽子浅香唯が演じてこれらのシリーズも大ヒットした。テレビシリーズ終了後の2006年には4代目となる主人公・麻宮サキを松浦亜弥が主演・深作健太監督作品として、18年ぶりに映画化された。

また1974年作品『キャベツ畑でつまずいて』の中で、日本で最初に「ロリータ・コンプレックス」という言葉を使ったといわれている[2]

集英社『別冊マーガレット』、白泉社花とゆめ』などの少女誌で主に執筆していたが、『少女鮫』の終了後、少年誌やミステリー・ホラー誌などを中心に執筆。その後、白泉社と決裂して版権を引き上げ、メディアファクトリーから新作や過去の代表作を新装出版した。

2011年7月5日、虚血性心疾患のため自宅で[3]死去。61歳没[1][4][5]秋田書店・月刊少女漫画誌『ミステリーボニータ』にて連載中であった「傀儡師リン」(コミックス既刊14巻まで)が遺作となった[1]

特色[編集]

登場人物[編集]

彼の作品には、一度出演したキャラクターが後の作品で再登場する例がたびたびある。

例として、『スケバン刑事』には神恭一郎・海堂美尾・スガちゃんなど。これらは彼の他の作品にも登場しており、特に神恭一郎は和田がデビュー当時より執筆を続けていた単発読切シリーズの一つである『神恭一郎シリーズ』の主人公である(なお『スケバン刑事』の第二部は、『神恭一郎シリーズ』の完結編という意味合いも持つ)。『スケバン刑事』終了後は神は死亡したとして、同作品のキャラクターだったムウ・ミサがその跡を継いだ。またスガちゃんは、『スケバン刑事』後は『怪盗アマリリス』に主人公宅のお手伝いさんとして、レギュラー出演している。『スケバン刑事』でサキは自身の他に事件で関わった人間が傷病で入院することがあったが、唯名純子・榊原亜子とその両親なども世話になった藤野病院の院長である藤野医師が同作終了後は『怪盗アマリリス』に出演し、奈々の正体を伯父の転警部に隠蔽すべく駅のホームの階段からわざと転落し部分的記憶喪失を装った際に藤野病院に入院した。

和田慎二自身も、ヨーヨー売りの男性役で、実写映画スケバン刑事(1987年)にカメオ出演している。

スターシステム[編集]

和田慎二は手塚治虫スター・システムを積極的に継承している漫画家のひとりである。しかも人間の顔に関する二通りの考え方(「顔が似ているから性格も似ている」と「顔は同じであるが性格はまったく違う」)のどちらも取り入れている。

たとえば、『怪盗アマリリス』の黒沢ゆかりと『超少女明日香 黄金のドクロが笑う』の黒百合島のアッパラパー娘は同じ性格・同じ役割を持つのに対し、『恐怖の復活』の鳴海麻矢と『スケバン刑事』の鳴海碧子は、まるで違う役柄を演じ分けた例である。『少女鮫』の石動医師と『Lady Midnight』の木場刑事、『怪盗アマリリス』の麻丘社長と『傀儡師リン』のバイオリニスト麻丘雅(これに関しては名前が一緒)も、一人の役者が異なる役を演じていると考えることができる。

パロディキャラクター[編集]

初期作においては、掲載当時は著作権に対して大らかな時代であったこともあり、数名のパロディキャラが出演していた。例としては以下の通り。

  • 『超少女明日香』の四重奏(カルテット)
    • エース:本名は本郷猛。『仮面ライダー』の主人公から名前を採られている。
    • イブ:本名は森ユキ。『宇宙戦艦ヤマト』のヒロインから名前を採られている。
    • 耳八幡:容貌はテリー・サバラスから採られた。
    • コロンボ:元ネタは『刑事コロンボ』の主人公。彼だけは名前どころか風貌すらも似せて作画されている。上述のスター・システムにより『怪盗アマリリス』にも転(ころび)警部としてレギュラー出演している。
  • 『呪われた孤島』のキャラクター
    • 間久部五郎(マック):元ネタは手塚治虫のキャラクターロック・ホームこと間久部緑郎より名前をもじってつけられている。
  • 『ラムちゃんの戦争』シリーズのキャラクター及び、メカニック

作品リスト[編集]

また、当時の『マーガレット』や『花とゆめ』の漫画家たちとコラボレーションしていた事もある(例:『ガラスの仮面美内すずえ、『紅い牙柴田昌弘など)。

漫画原作[編集]

交友・アシスタント関係[編集]

交友[編集]

  • 吾妻ひでお
  • 高千穂遙
    • 高千穂が設立した有限会社クリスタルアートスタジオ(現スタジオぬえ)のスタッフを介して知り合った。和田が好きなインバネスコートについて、入手が困難であることを高千穂に話したところ、高千穂はオーダーメードのインバネスコートを父親に作らせた[6]
  • 竹本泉

アシスタント[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]