山田ミネコ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

山田 ミネコ(やまだ みねこ、1949年7月11日[1] - )は日本の漫画家神奈川県出身。聖ヨゼフ学園(小・中・高)、トキワ松女子短期大学卒業。血液型AB型。鎌倉市在住。

ささやななえ山岸凉子大島弓子萩尾望都竹宮惠子青池保子木原敏江山岸凉子樹村みのり、とともに24年組と呼ばれるメンバーの一人。

漫画家としてのスタートは昭和40年代前半の貸本漫画(当時は「山田美根子」名義)[2]で、キャリアは長い。SF・ファンタジー色の強い作風が特徴的[3]。『別冊マーガレット』、『花とゆめ』、『LaLa』、朝日ソノラマデュオ』、東京三世社WHAT(旧:『SF競作大全集』)』、徳間書店リュウ』、秋田書店月刊プリンセス』などで執筆していたが、近年体調を崩し同人誌で活動していた。同人サークル「あとりえだば」として作風を変えないスタイルで、少女向けの創作物をメインに発表している[3]。好きな動物はウサギ[1]

代表作は『最終戦争シリーズ[注 1]。『花咲く帝王の樹々』シリーズ、『裏側の世界』シリーズなど小説家としての創作活動もしている。最近は「山田青」名義で球体関節人形の創作[4]、即売会などの活動も行っている。

「山田ミネ子」と誤表記されることがあるが、「山田ミネコ」が正確な表記である(貸本時代など初期には「山田美根子」表記も有り)。ちなみに、作中には逆読みの火星人「コネミ・ダ・マーヤ」が、怪獣「ダイガクジュケン」を退治しに行った友人、金星人「ミルテラ・バーツマコ」(小松原てるみ)と共にしばしば登場する。自画像はウサギ[注 2]。好物はチャーシューメン[注 3]

作品リスト[編集]

漫画[編集]

  • 妖魔の森 - アリスシリーズ
  • ペレランドラに帰りたい
  • 遙かなり我が故郷
  • 金星・火星・地球の詩(ペレランドラ ゴ・ダエヴァ アスールのうた)
  • ベルテーンの魔女 - 「最終戦争シリーズ」にリンク
  • 草原の狼(ステッペンウルフ、全4巻) - 「最終戦争シリーズ」にリンク
  • スプーン一杯の愛で(全2巻)
  • 夏の魔法の歌
  • 金の波 銀の魚
  • ふふふの闇(全8巻/文庫全5巻)
  • アフメット王国物語 - 「天動説騎士団」にリンク
  • 闇雨月
  • 月読の剣(未完)
  • 異形列伝
  • 妖怪風土記(全2巻)
  • 外法童子(※ふふふの闇外伝)
  • 人造動物園(全2巻)
  • 魔法使いの夏
  • 真夏の訪問者
  • 振り袖無頼控
  • 河童の出てきた日
  • たまにはあるよな変な話
  • 星のこわれる音
  • 二月三月の間に
  • 6月の丘
  • 蝶の夢
  • ひとりっ子の冬
  • やさしい死神
  • ざしき童子
  • きつねのてぶくろ
  • 雪童子
  • ぼたんどうろう
  • こっちむいて!信ちゃん
  • すみっこの白い影
  • 如月山

小説[編集]

  • 天動説騎士団 - 「アフメット王国物語」と「ふふふの闇」にリンク
  • 異郷から来た魔術
  • 裏側の世界シリーズ
  • 花咲く帝王の樹々 - 「最終戦争伝説シリーズ」にリンク
  • メビウスの時間の輪 パトロール森夜 - 「パトロールシリーズ」にリンク
  • 霊界トラブルゲッター 呪禁師(じゅごんじ)の森 - 「ふふふの闇」にリンク

イラスト集・絵本[編集]

  • 静かな幽霊
  • ひそやかな童話
  • プリンプリン物語 - NHK人形劇の絵本だが、実質は多色刷りのコマ漫画。1巻と表記されているが、続巻はなし。

挿絵[編集]

交友関係[編集]

鈴木光明
師匠。彼の著書『続少女まんが入門』では、プロの作例として山田ミネコの「振り袖無頼控」が上げられており、同作の貴重な本人直筆プロット、ネーム、ガラ刷りを目にする事が出来る[5]
和田慎二
友人。共に鈴木光明の門下生。互いの特集では寄稿する仲であった。
萩尾望都
友人。24年組の一人。互いの自宅がキャベツ畑に囲まれており、萩尾のSF「キャベツ畑の遺産相続人」は、電話中に山田から「夜中に一人で漫画を書いていると、キャベツが自分で転がって遊びに来る」との元ネタを頂いたもの[6]
樹村みのり
24年組の一人。友人。
酒井美羽
元アシスタント。
篠原千絵
元アシスタント。メシスタントでもあった[7]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 以前は「ハルマゲドン」とルビをふっていたが、重大なテロ事件を犯したオウム真理教がハルマゲドン思想を提唱しており悪印象がついてしまったため「アーマゲドン」に変更している。
  2. ^ 元々の自画像は「山田美根子のページ」(「魔法使いの夏」収録)等に見られるようにネコであったが、タヌキこと旦那さん(エッセイ等ではタヌキの肖像で表される)の影響で1980年代からウサギに。なお「ペレランドラへ帰りたい」の表紙ではネズミ姿だったこともある。
  3. ^ 1980年代のうさぎ高原日記内で、「うさぎの好物チャーシューメン。タヌキの好物サンマメン」との台詞がある。

出典[編集]

  1. ^ a b 鎌倉うちゃぎ”. 2013年6月13日閲覧。 生年以外を参照した。
  2. ^ 米沢嘉博、2007、「生活の中の少女群像!」、『戦後少女マンガ史(ちくま文庫版)』、筑摩書房 ISBN 978-4-480-42358-0 p. 142
  3. ^ a b 伊藤真広、村中宣彦(編)、2006、「【プロ作家】→【同人名義】データベース」、『ゲームラボ特別編集「現代視覚文化研究」』、三才ブックス ISBN 4-86199-061-0 p. 192
  4. ^ おてがみ”. 2013年6月13日閲覧。
  5. ^ 鈴木光明 『続少女まんが入門』 白泉社ISBN 4-592-73021-6 P286~343。
  6. ^ デュオ別冊『最終戦争伝説』朝日ソノラマ、P78~79。
  7. ^ リュウ増刊『ザ・山田ミネコ パトロールスペシャル』徳間書店、「うちゃぎ高原クラブ」P210。

外部リンク[編集]