LaLa

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
LaLa(ララ)
ジャンル 漫画雑誌
読者対象 少女
刊行頻度 隔月刊月刊
発売国 日本の旗 日本
言語 日本語
定価 470円(2014年6月号以降)
出版社 白泉社
雑誌名コード 09205
刊行期間 1976年7月 -
発行部数 126,500部(2015年10月 - 2016年9月日本雑誌協会調べ)
レーベル 花とゆめコミックス
姉妹誌 LaLa DXAneLaLa
ウェブサイト 白泉社オンライン

LaLa』(ララ)は、白泉社の発行する月刊少女漫画雑誌。発売日は毎月24日(発行月の前々月)。

概要[編集]

1976年7月に隔月刊誌として創刊された[1][2]。創刊号は山岸凉子の「花の精たち」というイラストが表紙を飾った。 創刊当時の誌名は『花とゆめ LaLa』であり価格は260円だった。初代編集長は小長井信昌が務めた。 創刊からちょうど1年後の1977年7月に同年9月号をもって月刊化され、誌名も『月刊 LaLa』へと変更された。

現行の姉妹誌には、隔月刊誌『LaLa DX』(1985年創刊時は季刊)、隔月刊誌『AneLaLa』(2013年6月創刊時は季刊)の2誌がある。両誌の沿革および既に休刊した増刊誌・派生誌に関しては後述の「#関連誌」を参照。

単行本は、白泉社の総合レーベル「花とゆめコミックス」より刊行されている。

新人賞として、毎月開催される「LMSララまんが家スカウトコース」と、4月・8月・12月に開催される「ララまんがグランプリ」を主宰。また、かつては「ララまんがスクール」を主宰していた。白泉社の主宰する四誌合同企画「白泉社アテナ新人大賞」(旧称「アテナ大賞」)にも参加。同賞は1976年から2012年まで開催され、2013年以降は「白泉社少女まんが新人大賞」としてリニューアルされた。受賞作品は開催の翌年2月号に掲載される。

かつては遙かなる時空の中で金色のコルダネオロマンスシリーズのコミカライズ作品が掲載されていた(現在はARIA講談社)に掲載)。

現在の掲載作品[編集]

過去の掲載作品[編集]

あ行[編集]

か行[編集]

さ行[編集]

た行[編集]

な行[編集]

は行[編集]

ま行[編集]

や行[編集]

ら行[編集]

わ行[編集]

発行部数[編集]

  • 1978年6月:公称30万部[3]
  • 1979年7月:公称30万部[4]
  • 1980年7月:公称30万部[5]
  • 1981年9月:公称30万部[6]
  • 1982年12月:公称400,000部[7]
  • 1984年4月:公称450,000部[8]
  • 1985年3月:公称450,000部[9]
  • 1986年3月:公称350,000部[10]
  • 1987年3月:公称350,000部[11]
  • 1988年3月:公称350,000部[12]
  • 1989年2月:公称380,000部[13]
  • 1990年2月:公称380,000部[14]
  • 1991年2月:公称380,000部[15]
  • 1991年4月 - 1992年3月:公称380,000部[16]
  • 1992年4月 - 1993年3月:公称380,000部[17]
  • 1993年4月 - 1994年3月:公称380,000部[18]
  • 1996年1月 - 12月:推定21万部[19]
  • 1997年1月 - 12月:推定20万部[20]
  • 1998年1月 - 12月:推定22万部[21]
  • 1999年1月 - 12月:推定23万部[22]
  • 2000年1月 - 12月:推定20万部[23]
  • 2003年9月1日 - 2004年8月31日:166,750部[24]
  • 2004年9月1日 - 2005年8月31日:173,583部[24]
  • 2005年9月1日 - 2006年8月31日:171,750部[24]
  • 2006年9月1日 - 2007年8月31日:170,833部[24]
  • 2007年10月1日 - 2008年9月30日:173,750部[24]
  • 2008年10月1日 - 2009年9月30日:178,667部[24]
  • 2009年10月1日 - 2010年9月30日:169,542部[24]
  • 2010年10月1日 - 2011年9月30日:160,250部[24]
  • 2011年10月1日 - 2012年9月30日:155,950部[24]
  • 2012年10月1日 - 2013年9月30日:144,609部[24]
  • 2013年10月1日 - 2014年9月30日:137,934部[24]
  • 2014年10月1日 - 2015年9月30日:130,359部[24]
  • 2015年10月1日 - 2016年9月30日:126,500部[24]

関連誌[編集]

1985年より、従来の別冊・増刊など各誌の再編が始まり、一方では姉妹誌の季刊『LaLa DELUXE』(のち『LaLa DX』)が創刊した。

他方、それまでの『LaLa大増刊』を引き継いで同1985年夏に登場した『LaLaスペシャルWendy』は、翌1986年夏に『LaLaスペシャルCindy』に改題し、1987年には短編特集の増刊『Short Stories』も登場するなど、約2年間にわたって題号や発行周期に混乱が見られたが、1988年に季刊の『LaLa Club』(『LaLa SPRING Club』など)に一本化して1990年まで刊行した。1991年には『LaLa'』に再改題して計3回刊行したのを最後に、季刊増刊誌は一時消滅した。

のち『Lunatic LaLa』(1994年-1996年、年2回刊)、『LaLaスペシャル』(2004年-2010年、初期は年刊・後期は不定期刊)などが登場している。

年代別関連誌
  • LaLa DELUXE(1983年:単発刊行、1985年 - 1986年:不定期刊)[25][26][27] →後継誌(誌名変更)『LaLa DX』
  • 別冊LaLa(1983年 - 1984年:季刊、1984年 - 1985年:隔月刊)[28][29]
  • My LaLa(1984年 - 1985年:不定期刊)[30]
  • LaLa DX(1987年 - 1995年:季刊、1995年 - 刊行中:隔月刊)[26][27]
  • LaLaスペシャルWendy(1985年 - 1986年:不定期刊)[31] →後継誌(誌名変更)『LaLaスペシャルCindy』
  • LaLaスペシャルCindy(1986年 - 1988年:季刊)[32]
  • AneLaLa(2013年 - 2014年:季刊、2015年 - 刊行中:隔月刊):季刊時代は1月・4月・7月・10月発行の前月5日発売。隔月刊時代は偶数月発行の前月5日発売。

参考文献[編集]

  • 白泉社発行月刊LaLa総目次[1]
  • コミックホームズ 白泉社系少女マンガ作品データベース[2]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 国立国会図書館サーチ|書誌詳細|Lala(白泉社)1976 ※同資料では「1巻1号(昭和51年9月)」と記載。
  2. ^ 楽天ブックス LaLa(ララ)2014年09月号[雑誌]- 白泉社(2014年12月29日時点のアーカイブ)※7月24日発売の同年9月号表紙にて「LaLa 38th ANNIVERSARY!」と記載。
  3. ^ メディアリサーチセンター『雑誌新聞総かたろぐ 1979年版』参照。
  4. ^ メディアリサーチセンター『雑誌新聞総かたろぐ 1980年版』参照。
  5. ^ メディアリサーチセンター『雑誌新聞総かたろぐ 1981年版』参照。
  6. ^ メディアリサーチセンター『雑誌新聞総かたろぐ 1982年版』参照。
  7. ^ メディアリサーチセンター『雑誌新聞総かたろぐ 1983年版』参照。
  8. ^ メディアリサーチセンター『雑誌新聞総かたろぐ 1984年版』参照。
  9. ^ メディアリサーチセンター『雑誌新聞総かたろぐ 1985年版』参照。
  10. ^ メディアリサーチセンター『雑誌新聞総かたろぐ 1986年版』参照。
  11. ^ メディアリサーチセンター『雑誌新聞総かたろぐ 1987年版』参照。
  12. ^ メディアリサーチセンター『雑誌新聞総かたろぐ 1988年版』参照。
  13. ^ メディアリサーチセンター『雑誌新聞総かたろぐ 1989年版』参照。
  14. ^ メディアリサーチセンター『雑誌新聞総かたろぐ 1990年版』参照。
  15. ^ メディアリサーチセンター『雑誌新聞総かたろぐ 1991年版』参照。
  16. ^ メディアリサーチセンター『雑誌新聞総かたろぐ 1992年版』参照。
  17. ^ メディアリサーチセンター『雑誌新聞総かたろぐ 1993年版』参照。
  18. ^ メディアリサーチセンター『雑誌新聞総かたろぐ 1994年版』参照。
  19. ^ 『1997年版 出版指標年報』全国出版協会推定発行部数
  20. ^ 『1998年版 出版指標年報』全国出版協会推定発行部数
  21. ^ 『1999年版 出版指標年報』全国出版協会推定発行部数
  22. ^ 『2000年版 出版指標年報』全国出版協会推定発行部数
  23. ^ 『2011年版 出版指標年報』全国出版協会推定発行部数
  24. ^ a b c d e f g h i j k l m 日本雑誌協会マガジンデータによる1号当たり平均部数。
  25. ^ 国立国会図書館サーチ|書誌詳細|ララ・デラックス : ララ特別編集(白泉社)1983 ※同資料では「1983年8月」の初号のみ記載。
  26. ^ a b 国立国会図書館サーチ|書誌詳細|Lala DX(白泉社)1985 ※同資料では「1985年no.1」からの記載。
  27. ^ a b NDL-OPAC - 所蔵詳細 - 請求記号:Z32-744 ※同資料では「1985年no.1」からの記載。
  28. ^ 国立国会図書館サーチ|書誌詳細|別冊Lala : 別冊ララ(白泉社)1983
  29. ^ 国立国会図書館サーチ|書誌詳細|別冊Lala(白泉社)1984
  30. ^ 国立国会図書館サーチ|書誌詳細|My lala (白泉社)1984
  31. ^ 国立国会図書館サーチ|書誌詳細|Wendy Lalaスペシャル(白泉社)1985
  32. ^ 国立国会図書館サーチ|書誌詳細|Cindy Lalaスペシャル(白泉社)1986

外部リンク[編集]