わかつきめぐみ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
わかつき めぐみ
生誕 ????2月6日
日本の旗 日本新潟県新潟市
職業 漫画家
活動期間 1982年 -
ジャンル 少女漫画
受賞 第21回星雲賞コミック部門受賞
1990年 受賞作品『So What?』)
テンプレートを表示

わかつき めぐみは、日本漫画家新潟県[1]新潟市出身、千葉県在住[2]血液型はA型[1]

経歴[編集]

1982年、『LaLa』4月大増刊号に掲載の「春咲きハプニング」でデビュー[1]白泉社の漫画雑誌『LaLa』『LaLaスペシャルCindy』『月刊メロディ』(現MELODY)などで作品を発表している。1993年から一時講談社の『少女フレンド』『Me』『ザ・デザート』などでも執筆した。1990年、「So What?」で第21回星雲賞コミック部門を受賞した[1]。初期から現在に至るまで、家族、友人、隣人などとの「日常の絆の再構築」をテーマとした作品が多く、細い描線による独特の絵柄と温かみのある視点で人間を描くことを得意とする。

新潟市に生まれ、父親の転勤にともなって小学5年生の時に石川県金沢市に転居[3]。中学1年の夏、歯科医の待合室にあった『別冊少女コミック』(小学館刊)で萩尾望都の「11人いる!」前編を読んだことをきっかけに漫画を描き始め[2]、翌1978年から「LaLaまんがスクール」への投稿を開始した[2][4]

高校在学中に8回目の投稿作が「第29回LaLaまんがスクール」(1980年)で8位に入賞したときには、かねてからファンレターを繰り返し送っていた同じ金沢市民の坂田靖子から電話を受けた[2]。さらに入賞に伴って担当となった編集記者のアドバイスで坂田宅を訪問し、ネームの作り方を学んだ[2]。投稿を重ねたあと、高校卒業後転居した京都市在住時にデビューした。

デビュー直後の一時期、かがみあきらに私淑し[5]、初期の「トライアングル・プレイス」(1984年)から「So What?」(1986年-1989年)にかけて、絵柄やストーリーのテーマに影響が強く見られた[5]。のち寺田寅彦夏目漱石内田百閒などの文学者の影響も受けている。音楽ユニットのムーンライダーズメトロファルスZABADAKなどのファンとしても知られる。

デビュー後まもなく父親の転勤で千葉県に転居し、出版社のある東京に近いことから定住[2]。後年普及したパソコンやインターネットなどのデジタル家電とは無縁の暮らしを続けている[2]

2021年6月には『わかつきめぐみ迷宮探訪』の出版を記念した原画展が東京・スパンアートギャラリーで開催された[6]

作品リスト[編集]

(かっこ内は雑誌発表年)

画集リスト[編集]

挿絵作品リスト[編集]

  • 波多野鷹「そして ぼくは歩きだす」(集英社コバルト文庫)
  • 水杜明珠「ヴィシュバ・ノール変異譚シリーズ」(集英社コバルト文庫)
  • 妹尾ゆふ子「夢の岸辺シリーズ」(講談社 X文庫ホワイトハート)

イメージアルバム[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d “わかつきめぐみ”. コミックナタリー (ナターシャ). https://natalie.mu/comic/artist/1766 2021年6月4日閲覧。 
  2. ^ a b c d e f g 「わかつきめぐみインタビュー」『わかつきめぐみ迷宮探訪』pp.8-26、わかつきめぐみ、白泉社、2021年6月9日。
  3. ^ 「わかつきめぐみ原画展-『わかつきめぐみ迷宮探訪』出版記念」スパンアートギャラリー、2021年5月13日
  4. ^ 「わかつきめぐみセルフ記録執筆作品リスト」『わかつきめぐみ迷宮探訪』pp.39-48、わかつきめぐみ、白泉社、2021年6月9日。
  5. ^ a b 「自作解説つき作品紹介」『わかつきめぐみ迷宮探訪』p.28、わかつきめぐみ、白泉社、2021年6月9日。
  6. ^ “「わかつきめぐみ原画展」開催、「So What?」から最新作「お猫さまズ暮らし。」まで”. コミックナタリー (ナターシャ). (2021年6月3日). https://natalie.mu/comic/news/430880 2021年6月3日閲覧。