B.B.Joker

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

B.B.Joker(ビー・ビー・ジョーカー)は、少女ギャグ漫画作品。作者はにざかな。にざが原作、かなが作画を担当している。オムニバス形式でありながら、所々シリーズ化されている作品でもある。

概要[編集]

白泉社LaLaにて、1997年から2002年にかけての5年間にわたって連載。全5巻+ファンブックが発売。本項ではLaLaでの本連載のほか、増刊号LaLa DXでの『B.B.Joker Selection』、別冊花とゆめでの『メロメロ』、他単行本に掲載されている、ヤングアニマルなどに載った単発読切も、基本的には同様にB.B.Jokerとして扱う。

タイトルの由来は、“人生のJoker(ババ)を引いた瞬間を、Black&Bitterに描く。”意味から来ている。

基本的にはオムニバス形式の4コマ漫画。少女漫画らしい可愛らしい絵柄と、青年漫画のノリに近いブラックかつシュールなネタとなっている。

登場人物[編集]

安藤[編集]

安藤大介(あんどう だいすけ)
17歳。常に奇怪な言動で、美佳や大坊先生を困らせる高校生。不思議ちゃんな性格で、なおかつ○○○に対して異様に執着している。美佳を(弄り役として)大切に思っている。本作品で最も早くシリーズ化された。学ラン→ブレザー着用。母親の素顔を見たことがない。式守伊之助を尊敬している。4月11日生まれ。
相澤美佳(あいざわ みか)
17歳。大介と付き合っているが、常に彼に振り回されて碌な目に遭わない。12月23日生まれ。
大坊(だいぼう)
安藤の担任教師。安藤にいじられるが、関係は割と上手くいっている様子。メキシコとインディアンにそれぞれ瓜二つな人がいる。恋人募集中。
安藤華子(あんどう はなこ)
大介の母親。夫に言われたある一言がきっかけで極度の対人恐怖症に陥る。吉永小百合を尊敬し、加齢を非常に気にしている。8月16日生まれ。
安藤京介(あんどう きょうすけ)
大介の父親。息子以上の変人。「ふしぎなおとな」の主役。かつてトムに飼われていた。11月4日生まれ。

[編集]

沖津修(おきつ しゅう)
24歳。通称・修(しゅう)さん。1万人の女性と付き合った、クールなナンパ男。恐ろしく天然で、しばしば大失敗をかます憎めない性格。週末になると全裸で帰ってくる。時代劇マニアで、水戸黄門の視聴は欠かさない。童貞(?)。「沖津君Perfect」の主役(沖津雅俊)の兄であり、彼と2人暮らししている。私服姿の長谷川貴裕を一目見て、男と見抜いた唯一の人物。赤が好き。9月25日生まれ、AB型。
坂本圭(さかもと けい)
21歳、修の付き人。修に憧れ、崇拝している男。時には修よりモテるうっかり八兵衛的存在。7月28日生まれ。
甲斐リュウジ(かい リュウジ)
25歳、修のライバル。修の行く先々に現れては、彼に子供っぽい嫌がらせを与えて去って行く謎の男。体重は、修と同じ64kgで、誕生日と血液型も修と同じ。小学5年生の頃に珠算検定1級を取得した(自称)。某ガキ大将を尊敬している。

長谷川物語[編集]

長谷川貴裕(はせがわ たかひろ)
16歳。男でもうっかり惚れる程の女顔で、あだ名はオカマ。自分の女顔が非常にコンプレックスである。大山倍達を尊敬、男らしさを目指しつつも、空回りすることが多い。彼の姉と妹も瓜二つ。4月3日生まれ。
澤井伸一(さわい しんいち)
16歳、長谷川の友人。長谷川に恋心を寄せる(彼の姉や妹には全く何も感じない)自分に悩んでいる。家は貧乏。フレディ・マーキュリーを尊敬している。9月12日生まれ。
桜井彩(さくらい あや)
16歳、長谷川の友人。長谷川に対して、どこか倒錯した恋心を抱いている。尊敬する人は神取忍7月7日生まれ。

夫婦な二人 / 双子な二人[編集]

伊藤今日子(いとう きょうこ)
25歳、旧姓は小野寺。夫とは幼馴染。夫に対するいびりは凄まじく、本当に愛しているのかは怪しい。婚姻届を未だに出していない。フグ田サザエを尊敬している。4月30日生まれ。
伊藤賢司(いとう けんじ)
25歳、妻の虐げに必死に耐える健気な夫。舅を尊敬している。5月5日生まれ。
伊藤明日香(いとう あすか)&伊藤友朗(いとう ともろう)
二卵性の夫婦双子。姉は生まれてから1年ほど人目のつかない場所に隠されていた。母親の胎教のおかげで、齢0歳にして人生を悟りきっている。2人とも母親似であり、2月26日生まれ。
伊藤忠次(いとう ただつぐ)
57歳。賢司の父親で、仙台市在住。定年間近の公務員。今日子に弱みを握られているらしく、彼女に従順。

生物[編集]

生物(せいぶつ)
まるで餅のような謎の生き物。端整なのに、周囲から嫌われている。何をやっても死なない不死身体質のメス。外因性による分裂及び合体も可能。ゴミを食べて卵を産み、環境を浄化することが出来る。自分の卵を食べると変色する。秘密結社のボスをからかうのが好き。尊敬の対象はマハトマ・ガンジー
高宮馨(たかみや かおる)
16歳、生物の数少ない友人にして理解者。趣味はコスプレロリータ嗜好の男であり、「歌う女の子」の主役(中島ひかり)がお気に入り。

グリーンハイツ202[編集]

岡山美紀(おかやま みき)
21歳。グリーンハイツ202号室に住む、女子大生。連載当初はどこにでもいる女の子だったが、彼氏に振られたことをきっかけに徐々に家に閉じこもり、壊れていく。「机に向かう男」の主役(岡山宏)は彼女のいとこ。1月28日生まれ。
三田村秀雄(みたむら ひでお)
グリーンハイツ203号室に住む、眼鏡の青年。美紀が気になっているようだが、彼女の変な思いつきの行動に真っ先に被害に遭う、かわいそうな人。岡山宏の予備校講師。

教育4コマ[編集]

藤崎まなみ(ふじさき まなみ)
教育番組のおねえさん(2代目)。初代のお姉さんとビン太くんは闇の組織によって殺された。いつもビン太くんに振り回されている、隠し子持ちのシングルマザー。いつ2代目ビン太くんに殺されるか戦々恐々の日々を送っている。2月18日生まれで、尊敬の相手はジョディー・フォスター
ビン太(びんた)
そのマスコット。2代目はかなり危ない性格で、教育番組的に問題発言も多い。10円玉を潰せる。深作欣二を尊敬している。12月31日生まれ。

犬になるまで[編集]

斉藤ツトム(さいとう ツトム)
14歳。犬と人間のハーフとして生まれた少年。Mの気がある。最初は人間だったが、徐々に犬化していく。猿と仲が良い。
下村美代子(しもむら みよこ)
14歳、ツトムとは恋仲。犬になった後も、ツトムを忘れることが出来ない。実は、ツトムと猿を引き合わせた張本人。
斉藤トム(さいとう トム)
ツトムの父親。流暢に人語を話せる、犬。京介の(元)飼い主であり、猿とはまさに犬猿の仲
斉藤由佳(さいとう ゆか)
ツトムの母親で、人間。京介とは、トム繋がりで面識がある。

真知子のせいで…!![編集]

日暮真知子(ひぐらし まちこ)
3巻の準主役。行く場所全てで不幸と災厄を撒き散らす、元気一杯な村の女の子。自分が生まれ育った村を全焼させている。1月1日生まれ。
和村有希(わむら ゆき)
14歳、村長の娘で成績優秀。真知子の(数少ない)親友兼苦労人。

マンガ道[編集]

十條真彦(じゅうじょう まさひこ)
17歳。漫画家志望の少年。祐子との出会いによってコンビを組み、少女向けギャグ漫画の原作者となる。非常に狂気じみた性格。モデルは、にざ。
正木祐子(まさき ゆうこ)
17歳。漫画家志望の少女。真彦との出会いによって半ば無理やりコンビを組まされ、少女向けギャグ漫画の作画担当となる。本心では真彦のことが大嫌い。モデルは、かな。美佳とは友人関係。

Ping□Pons!![編集]

熊谷亮太(くまがや りょうた)
18歳、卓球をこよなく愛する眼鏡の男子高校生。かなりの実力を誇る、卓球部部長。部員の少なさで部が廃部の危機にあるため、唯一の部員(厘子)と共に宣伝活動をするがことごとく空回りする。
上関厘子(かみのせき りんこ)
16歳。卓球以上に、卓球の球が大好きな女子高生。亮太と共に宣伝活動を行うが、足を引っ張っている。
顧問の先生
卓球部を存続させるために頑張ってはいるが、報われない。本名は不明。

秘密結社[編集]

ボス
38歳、秘密結社を束ねるボス。様々かつユニークな拷問方法を編み出し、部下からは恐れられている。生物のことが大嫌い。尊敬するのはダース・ベイダー12月4日生まれ。

走っている二人[編集]

黒髪の男&茶髪の男
常に走っている、2人の大学生。黒髪の男は走りながらのボケ役であり、茶髪の男はそれのツッコミ役である。『B.B.J』の中でも屈指の古株キャラクターでありながら、名前がない。黒髪の男と美紀はメル友関係。黒髪の男は4月1日生まれで間寛平を、茶髪の男は8月20日生まれで瀬古利彦を尊敬している。

単行本[編集]

発行はいずれも白泉社ジェッツコミックス。

関連項目[編集]