マツモトトモ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

マツモトトモ1月8日[1] - )は日本漫画家大阪府出身[1]血液型はA型[1]

「眠る姫」(1995年『ルナティック・ララ』3月10日号)でデビュー。デビュー以前は看護師として働いていた。

作品リスト[編集]

  • キス(1996年 - 2001年、LaLa) - 単行本全8巻、文庫版全4巻
  • 23:00(2001年 - 2002年、LaLa) - 単行本全1巻、文庫版全1巻
  • 美女が野獣(2002年 - 2005年、LaLa) - 単行本全5巻、文庫版全3巻
  • 英会話スクールウォーズ(2005年 - 2006年、LaLa) - 単行本全2巻、文庫版全1巻
  • ビューティー ハニー(2007年 - 2008年、LaLa) - 単行本全3巻
  • ボーズ・ラブ!!!(2009年[2]、LaLa) - 単行本全1巻
  • 制服図鑑(2010年[3] - 2011年、MELODY) - 単行本全1巻
  • 中一プロブレム(2012年[4] - 2013年、青LaLa・赤LaLa・白LaLa・LaLa DX) - 単行本全1巻
  • インヘルノ(2013年[5] - 連載中、AneLaLa) - 単行本既刊3巻(2016年5月現在)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 白泉社 作家データベース マツモトトモ”. 白泉社. 2016年12月17日閲覧。
  2. ^ マツモトトモ、新連載はBLならぬ「ボーズラブ!!!」”. コミックナタリー (2009年2月3日). 2016年12月17日閲覧。
  3. ^ メロディで「花咲ける青少年」ユージィンの過去編が登場”. コミックナタリー (2010年4月28日). 2016年12月17日閲覧。
  4. ^ 青春たっぷり「青LaLa」にあきづき空太、藤原ヒロら新作”. コミックナタリー (2012年7月10日). 2016年12月17日閲覧。
  5. ^ AneLaLa本日発売!津田雅美、葉鳥ビスコらの大人な一面が”. コミックナタリー (2013年6月5日). 2016年12月17日閲覧。

リンク[編集]