森川久美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

森川 久美(もりかわ くみ、8月5日 - [1])は、石川県金沢市在住の少女漫画家。同人誌時代は山田茉莉の名前で東京女子大学漫画研究会の同人誌『やっはるーっ』にて活動していた。元宝塚歌劇団星組トップスターの紫苑ゆうのファンである[2]

経歴[編集]

1976年白泉社花とゆめ」にて『特別休暇』でデビュー[1]。作品には歴史を題材にしたものが多い。当初はシェークスピアを題材にした作品『十二夜』、復讐劇をテーマとした『シメール』などがあり、ルネサンス期のヴェネツィアを舞台とした「ヴァレンチノシリーズ」で人気を博す。

その後、中編『蘇州夜曲』の続編として『南京路に花吹雪』を1981年1983年にかけて「LaLa」に連載した。昭和初期の中国を舞台に、日中戦争を回避するために闘う人々を描く。当時としては極めてシリアスな作品であったが、番外編として、主人公である本郷義明の実母が訪れるエピソードを描いた『南京路でつまずいて』、黄子満が主人公の『花は辺りに雨と降り』などがある。

その後、返還前の香港を舞台とした『セルロイドドリーミング』、世紀末のフランスを舞台とした『アルカディアへの道』、イスタンブールを舞台とした『イスタンブール物語』などと洋の東西を問わず様々な作品を執筆している。

白泉社「LaLa」から角川書店月刊Asuka」に移籍、『イスタンブール物語』を再開させた。この作品は「LaLa」で連載終了後、コミックス発売の告知が出たにも拘らず、の移籍だった。 移籍を受けて、刊行途中だった『アルカディアへの道』は1巻のみで絶版となり、未完となっている。

移籍後の活動は順調で、角川書店からは全集を刊行、他にも様々な作品を描き、再び『南京路に花吹雪』の続編『Shanghai 1945』を小学館プチフラワー」で連載、1988年には秋田書店Candle」で19世紀のイタリア併合をめぐる争いを描いた短編『法王庁の陰謀』を発表している。 その後、藤本ひとみ原作『ブルボンの封印』、五木寛之原作『ソフィアの歌』を漫画化している。

2001年潮出版社コミックトムプラス」にて宋家三姉妹(宋靄齢 宋慶齢 宋美齢)を主人公にした作品『月光の帝国』を連載するが、同誌の休刊(廃刊)により、未完に終わっている。

2006年現在は、朝日ソノラマのネムキ増刊「夢幻館」にて読み切り『危険な席』『幻燈港町』を掲載、『ざくろの木の下で』の連載を行っている。

アシスタント[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 森川久美『法王庁の陰謀』、秋田書店、1988年9月。巻頭プロフィール頁より。
  2. ^ http://www1.linkclub.or.jp/~mya/jewelrybox/sion.htm

外部リンク[編集]