eensy-weensy モンスター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
eensy-weensy モンスター
ジャンル 少女漫画学園ラブコメディ
漫画
作者 津田雅美
出版社 白泉社
掲載誌 LaLa
発表号 2006年12月号 - 2007年11月号
巻数 全2巻
話数 12話
テンプレート - ノート
ウィキプロジェクト 漫画
ポータル 漫画

eensy-weensy モンスター』(イィンシィ-ウィンシィ モンスター)は、津田雅美による日本少女漫画。『LaLa』(白泉社)において、2006年12月号から2007年11月号まで連載された。単行本は全2巻。作者の長期連載作品となった『彼氏彼女の事情』の次回作にあたる。

タイトルの『eensy-weensy』とは英語で「とても小さな」の意(幼児言葉)。心の内面に潜み、不意に現れる裏の感情を『モンスター』に準えている。

第1話が12月の話、第2話が翌年1月の話・・・第12話が11月の話と、各エピソードの時系列が『LaLa』への掲載年月と同期しており、当初から1年間(12話)完結のストーリーという構成で作られている。

ストーリー[編集]

四つ葉高校1年の五月七花は至って平凡で、誰に対しても温厚なのが唯一取り柄のような女の子。しかし、同級生で女子に人気のナルシスト王子常盤葉月だけは相性が悪く、心の中に潜む毒虫モンスターが現れ、無意識のうちに罵詈雑言を浴びせてしまう日々。

そんな自分自身に対して嫌悪する七花と、初めて女の子からの暴言を受けたことで女性不信に陥る葉月だったが・・・

登場人物[編集]

主人公[編集]

五月七花 (さつき なのは)
ショートヘアで、とても小柄な女の子。成績・容姿とも平凡で、運動神経いまいち。超人的な友人知人に囲まれている分、余計に目立たない。
普段は朗らかでほとんど怒ることもないが、常盤葉月だけは言動全てがしゃくにさわってしまい、ある日ついに葉月へ罵詈雑言を浴びせてしまう。その事件がきっかけで改心していく葉月と徐々に打ち解けていくが、無意識に暴走するタチの悪い『心の中のモンスター』には自己嫌悪している。
色恋には疎く、鈍い。
常盤葉月 (ときわ はづき)
眉目秀麗、成績や運動神経も優秀な天才肌の男子。料理も上手。女の子からの愛称は「王子」。
当初はナルシストで外面重視な性格であり、女子からは大人気だが半分弄ばれ、男子からは嫉妬されていた。その軽薄な点を七花から悪口雑言の限りを尽くして指摘され一時は女性不信になるが、後に改心し自己改革に乗り出す。
やがて七花(と彼女の『モンスター』)への恋心を自覚する。

同級生[編集]

竜崎のばら (りゅうざき のばら)
七花の同級生幼馴染の親友。フランス人と日本人ハーフ
容姿端麗で長身、他者に優しく男気もあり、同性の女子からも大人気。通称「四つ葉高校のオスカル」。クリスマスには山のようなプレゼントを貰っている。
御堂蓮花 (みどう れんげ)
七花の同級生で幼馴染の親友。通称「超秀才の佳人」。竜崎のばらとも親友。
容姿端麗で成績は学年トップ。風貌・言動とも極端に清楚かつ和風で、そのぶん親しまれにくいタイプ。

家族[編集]

五月雷人 (さつき らいと)
七花の兄で、妹とは異なり長身(185cm)。シスコンで、七花には騎士の如く付き添っており、兄妹仲も良好。七花のことは「なのたん」と呼んでいる。
男らしさも備えており、葉月からも憧れられている。
竜崎風人 (りゅうざき ふうと)
竜崎のばらの兄。のばらに勝るとも劣らない美形で美声。
父が蒸発中で家計が苦しいため、肉体労働アルバイトに明け暮れている。
御堂水人 (みどう すいと)
御堂蓮花の兄。風貌・言動とも蓮花に共通するものを醸し出している。
雷人・水人・風人はお互い「ライライ」「スイスイ」「フウフウ」と呼び合っている。
常盤羽鳥 (ときわ はどり)
葉月の姉。常盤の実家は岐阜だが、弟と2人で東京下宿している。
葉月と比較すれば地味顔。家では葉月を従えており、葉月へ悪態をついた七花を評価している。

書誌情報[編集]

津田雅美 『eensy-weensy モンスター』 白泉社〈花とゆめコミックス〉、全2巻