紅玉いづき

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
紅玉 いづき
(こうぎょく いづき)
誕生 1984年????
石川県金沢市
活動期間 2005年 -
ジャンル 小説ライトノベル
主な受賞歴 第13回電撃小説大賞・大賞
デビュー作ミミズクと夜の王
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

紅玉 いづき(こうぎょく いづき、1984年[1] - )は、日本小説家

人物・来歴[編集]

石川県金沢市生まれ[2]石川県立金沢桜丘高等学校金沢大学文学部卒業[3][4]。受賞時のペンネームは紅玉伊月(こうぎょく いづき)。ペンネームは誕生石ルビーから。

小学生のときにコバルト文庫に熱中して小説を書き始め、高校時代は文芸部に所属し全国高等学校文芸コンクール文部科学大臣賞を受賞した[2]。大学時代は「詩のボクシング」の大学生チャンピオンとなった[5]

2006年、『ミミズクと夜の王』で第13回電撃小説大賞・大賞を受賞[2]電撃文庫には珍しく挿絵を使わず、正統派の児童文学的な作風が話題になった。

文芸を志した契機となったコバルト文庫への思いは絶えず、2019年には同文庫の紙書籍刊行停止の報を受け同人誌「少女文学」を創刊[6]。 かつて同文庫で活躍した若木未生須賀しのぶなどの寄稿を受け、2022年までに5号を数えている。

作品[編集]

単行本[編集]

人喰い三部作・関連作品[編集]

ミミズクと夜の王』『MAMA』『雪蟷螂』の3作は、人喰い三部作と称され[7]、同一世界観に基づく。『毒吐姫と星の石』は『ミミズクと夜の王』の続編。

  • ミミズクと夜の王(2007年2月 電撃文庫 / 2022年3月 メディアワークス文庫【完全版】) - イラスト:磯野宏夫(電撃文庫)、MON(メディアワークス文庫)
    • メディアワークス文庫版には「鳥籠巫女と聖剣の騎士」を追加収録。
  • MAMA(2008年2月 電撃文庫) - イラスト:カラス
  • 雪蟷螂(2009年2月 電撃文庫) - イラスト:岩城拓郎
  • 毒吐姫と星の石(2010年11月 電撃文庫 / 2022年4月 メディアワークス文庫【完全版】) - イラスト:磯野宏夫(電撃文庫)、MON(メディアワークス文庫)
    • メディアワークス文庫版には「初恋のおくりもの」を追加収録。

ようこそ、古城ホテルへ[編集]

イラスト:村松加奈子

  • ようこそ、古城ホテルへ 湖のほとりの少女たち(2011年9月 角川つばさ文庫
  • ようこそ、古城ホテルへ(2) 私をさがさないで(2011年12月 角川つばさ文庫)
  • ようこそ、古城ホテルへ(3) 昼下がりの戦争(2012年6月 角川つばさ文庫)
  • ようこそ、古城ホテルへ(4) ここがあなたの帰る国(2012年12月 角川つばさ文庫)

サエズリ図書館のワルツさん[編集]

イラスト:sime

  • サエズリ図書館のワルツさん 1(2012年8月 星海社FICTIONS
  • サエズリ図書館のワルツさん 2(2013年8月 星海社FICTIONS)

大正箱娘[編集]

イラスト:シライシユウコ

  • 大正箱娘 見習い記者と謎解き姫(2016年3月 講談社タイガ
  • 大正箱娘 怪人カシオペイヤ(2017年3月 講談社タイガ)

悪魔の孤独と水銀糖の少女[編集]

イラスト:赤岸K

  • 悪魔の孤独と水銀糖の少女(2018年5月 電撃文庫)
  • 悪魔の孤独と水銀糖の少女II(2019年5月 電撃文庫)

その他[編集]

  • ガーデン・ロスト(2010年1月 メディアワークス文庫) - イラスト:上条衿
  • ブランコ乗りのサン=テグジュペリ(2013年2月 角川書店 / 2015年12月 角川文庫
    • 『小説屋Sari-Sari』2012年8月号 - 12月号連載。連載時タイトルは『少女サーカス』
  • 青春離婚(2014年6月 星海社FICTIONS) - イラスト:HERO
    • 収録作品:青春離婚 / 非公式恋愛 / 家族レシピ
  • あやかし飴屋の神隠し(2014年7月 メディアワークス文庫) - イラスト:宝井理人
  • 現代詩人探偵(2016年3月 ミステリ・フロンティア / 2018年4月 創元推理文庫) - イラスト:新岡良平(ミステリ・フロンティア)、丹地陽子(創元推理文庫)
  • 進撃の巨人 果てに咲く薔薇(2019年4月 講談社【愛蔵版】 / 2019年4月 KCデラックス【上・下】) - 原作:諫山創、日本語版著:紅玉いづき、英語版著:KODANSHA USA PUBLISHING、イラスト:緒賀岳志
  • 15秒のターン(2022年5月 メディアワークス文庫) - イラスト:ろるあ
    • 収録作品:15秒のターン / 2Bの黒髪 / 戦場にも朝が来る / この列車は楽園ゆき / 15年目の遠回り

アンソロジー(収録)[編集]

「」内が紅玉いづきの作品

  • 19 -ナインティーン-(2010年12月 メディアワークス文庫)「2Bの黒髪」
  • 星海社カレンダー小説2012(下)(2012年7月 星海社FICTIONS)「青春離婚」
  • カレンダー・ラブ・ストーリー 読むと恋したくなる(2014年7月 星海社文庫)「青春離婚」
  • 小説の神様 わたしたちの物語 小説の神様アンソロジー(2020年4月 講談社タイガ)「『小説の神様』の作り方ーーあるいは、小説家Aと小説家Bについて」

雑誌等掲載作品[編集]

  • 鳥籠巫女と聖剣の騎士(『電撃文庫MAGAZINE』Vol.17 2011年1月号 / 2014年8月 電撃文庫【電子書籍】) - 『ミミズクと夜の王』『毒吐姫と星の石』のスピンオフ
  • 青春離婚(最前線 2011年11月) - イラスト:HERO
  • ナイト・ライブラリナイト さえずり町の夜(『毎日新聞』朝刊〈大阪版〉 2014年1月連載) - イラスト:sime
  • 悪魔語りのテオ(『電撃文庫MAGAZINE』Vol.37 2014年5月号、Vol.39 2014年9月号 - Vol.44 2015年7月号) - イラスト:赤岸K

ゲームシナリオ[編集]

TRPGリプレイ[編集]

コミカライズ[編集]

  • 青春離婚(2012年9月 星海社COMICS) - 漫画:HERO
  • サエズリ図書館のワルツさん(2014年1月 KCデラックス) - 漫画:楠田夏子
  • ミミズクと夜の王(2021年4月 - 花とゆめコミックス) - 漫画:鈴木ゆう

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

外部リンク[編集]