メディアワークス文庫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

メディアワークス文庫(メディアワークスぶんこ)は、KADOKAWAアスキー・メディアワークス(ブランドカンパニー)より2009年(平成21年)12月16日に創刊された文庫レーベル[1]。発売日は毎月25日。

キャッチコピーは、ずっと面白い小説を読み続けたい大人たちへ――

概要[編集]

アスキー・メディアワークス(AMW)およびKADOKAWAでは、これまでライトノベルをメインとしてきたAMWの娯楽文庫レーベル「電撃文庫」を読み続けてきた世代が社会に出る年齢になってきた事を受け、それらの世代にも受け入れられるような一般文芸を手がける事に着手、本レーベル文庫の創設となった。前述したライトノベル経験世代にも、そうでない一般文芸読者にも受け入れられる様々なジャンルの作品を取り揃えるように既刊数を積み重ねている。この戦略の一環としてAMWが主催する小説投稿コンテスト・電撃小説大賞では、第16回より同賞の一部門として「メディアワークス文庫賞」を新設している[2]

一般的な文庫とは違い、表紙がコミックタッチのイラストを用いたものが多く、本文の文字サイズは電撃文庫に比べると大きくなっている。また、カラーの口絵が1枚挿入されている。(例外として有川浩『シアター!』、綾崎隼『INNOCENT DESPERADO』、木崎ちあき『博多豚骨ラーメンズ』は2枚入っている)

創刊ラインナップ[編集]

2009年(平成21年)12月16日、電撃文庫電撃の単行本で活躍していた作家6人の作品と、新設された電撃小説大賞「メディアワークス文庫賞」受賞作2作品の計8作品で創刊された。

メディアワークス文庫賞[編集]

電撃小説大賞の一部門として2009年(第16回)にメディアワークス文庫賞が新設された。応募する部門が分かれているわけではなく、その他の賞とともにすべての応募作の中から選出される。電撃小説大賞は短編小説も募集しているため、短編小説がメディアワークス文庫賞を受賞する場合もある。

メディアワークス文庫賞を含む電撃小説大賞全体については「電撃小説大賞」のページを参照のこと。

受賞者 タイトル 刊行年月 備考
2009年(第16回) 野崎まど [映] アムリタ 2009年12月
有間カオル 太陽のあくび 2009年12月
2010年(第17回) 浅葉なつ 空をサカナが泳ぐ頃 2011年2月
朽葉屋周太郎 おちゃらけ王 2011年2月
仲町六絵 典医の女房 【短編】[3] 2011年5月 加筆の上『霧こそ闇の』として刊行
2011年(第18回) エドワード・スミス 侵略教師星人ユーマ 2012年2月
成田名璃子 月だけが、私のしていることを見おろしていた。 2012年2月
2012年(第19回) 行田尚希 路地裏のあやかしたち 綾櫛横丁加納表具店 2013年2月

脚注[編集]

  1. ^ 電撃文庫で育った大人たちに贈る「メディアワークス文庫」2009年冬に始動! (電撃オンライン、2008年11月6日付) なお、メディアワークス(ブランドカンパニー)は創刊当時角川グループパブリッシングの子会社「株式会社アスキー・メディアワークス」だった。
  2. ^ 新文庫レーベル「メディアワークス文庫」が2009年冬創刊! 電撃大賞に新部門も (電撃オンライン、2008年11月7日付)
  3. ^ 短編「典医の女房」はメディアワークス文庫公式サイトで公開されている。メディアワークス文庫 | 典医の女房 仲町六絵

関連項目[編集]

外部リンク[編集]