北川恵海

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
北川 恵海
(きたがわ えみ)
誕生 1981年????
日本の旗 大阪府吹田市
職業 小説家
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
活動期間 2015年 -
ジャンル 小説
主な受賞歴 電撃大賞 電撃小説大賞部門〈メディアワークス文庫賞〉(2014年)
デビュー作ちょっと今から仕事やめてくる』(2015年)
公式サイト twitter.com/emi_kitagawa
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

北川 恵海(きたがわ えみ[1]1981年[2] - )は、日本小説家

経歴・人物[編集]

大阪府吹田市出身[3]2014年、小説『ちょっと今から仕事やめてくる』で第21回電撃大賞の電撃小説大賞部門〈メディアワークス文庫賞〉を受賞する[4]2015年、同作が刊行、小説家としてデビューする[5]。小説家の時雨沢恵一は、同作について「綺麗に始まり、綺麗に話が進み、綺麗に終わった作品です。あまりにスムーズにお話が流れるので、最後まで意外性がないといえばなかったのですが、個人的には、それは欠点にはならないと思います」[5]と評価している。同年、同作で第4回静岡書店大賞〈映像化したい文庫部門〉を受賞する[6]

2017年、同作が福士蒼汰主演で映画化される[7]2019年、同作が飯島寛騎鈴木勝吾主演で舞台化される[8][9]。同作は、累計発行部数70万部を超えるベストセラーとなっている[9]

小説家になろうと思ったきっかけについて、「友人の結婚式でスピーチをした際に、とても感動した、といった声をもらったことで、言葉を使った仕事は楽しいかもしれない、と思うようになった」との旨を述べている[10]ワーキング・ホリデーの制度を使ってオーストラリアカナダなどで就労した経験をもち、日本と海外の働き方の違いを強く感じたことが、デビュー作を執筆するきっかけにつながった、との旨を述べている[11]

一般文芸とライトノベルの区別については、「もともとライトノベルしか書かないと思っていたわけではなく、一般文芸の賞に応募したこともありますし、私の中ではジャンルの区別はないです」と語っている[12]

作品リスト[編集]

単行本[編集]

  • ちょっと今から仕事やめてくる(2015年2月 メディアワークス文庫
  • ヒーローズ〈株〉!!!(2016年4月 メディアワークス文庫)
  • 続・ヒーローズ〈株〉!!!(2017年4月 メディアワークス文庫)
  • 星の降る家のローレン(2018年11月 KADOKAWA / 2020年7月 メディアワークス文庫)
  • ちょっと今から人生かえてくる(2019年7月 メディアワークス文庫)
  • 続々・ヒーローズ(株)!!!(2019年12月 メディアワークス文庫)
  • 完・ヒーローズ(株)!!!(2020年5月 メディアワークス文庫)
  • 真夜中のメンター 死を忘れるなかれ(2021年10月 実業之日本社文庫)

雑誌掲載作品[編集]

エッセイなど

メディア・ミックス[編集]

映画[編集]

舞台[編集]

  • ちょっと今から仕事やめてくる(2019年6月13日 - 6月23日、演出:深作健太

漫画[編集]

  • ちょっと今から仕事やめてくる(2017年4月 KADOKAWA) - 鈴木有布子

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ “累計発行50万部突破!大人気小説『ちょっと今から仕事やめてくる』福士蒼汰ほか超豪華キャストで映画化決定!!”. ORICON NEWS. (2016年7月29日). https://www.oricon.co.jp/pressrelease/47361/ 2019年3月17日閲覧。 
  2. ^ ちょっと今から仕事やめてくる 北川恵海 著”. 国立国会図書館. 2019年3月17日閲覧。
  3. ^ “「自分らしい」って?『ちょっと今から仕事やめてくる』トークショー”. 朝日新聞. (2017年5月26日). https://withnews.jp/article/k0170526006qq000000000000000S00110501qq000015265A 2019年3月17日閲覧。 
  4. ^ 「第21回電撃大賞」受賞作品決定”. KADOKAWA (2014年10月10日). 2019年3月17日閲覧。
  5. ^ a b 第21回 電撃大賞 入選作品”. KADOKAWA. 2019年3月17日閲覧。
  6. ^ 静岡県内の書店員が選ぶ「静岡書店大賞」第5回受賞作が決定!”. 日本出版販売 (2016年12月7日). 2019年3月18日閲覧。
  7. ^ ちょっと今から仕事やめてくる (2017)”. シネマトゥデイ. 2019年3月17日閲覧。
  8. ^ 「ちょっと今から仕事やめてくる」舞台化!飯島寛騎、鈴木勝吾ら出演”. ナターシャ (2019年1月31日). 2019年3月17日閲覧。
  9. ^ a b “飯島寛騎&鈴木勝吾、舞台『ちょっと今から仕事やめてくる』W主演”. マイナビニュース. (2019年1月31日). https://news.mynavi.jp/article/20190131-764720/ 2019年3月18日閲覧。 
  10. ^ 『ちょっと今から仕事やめてくる』北川恵海さんインタビュー”. 転職会議. 2019年3月18日閲覧。
  11. ^ “失敗して、しんどかったら辞めればいい【第19部】 提言 これからのハタラク<1>北川 恵海さん”. 西日本新聞. (2017年9月26日). https://www.nishinippon.co.jp/feature/ilive_iwork/article/361464/ 2019年3月18日閲覧。 
  12. ^ 『ちょっと今から仕事やめてくる』の北川恵海、新境地「ライトノベルと一般文芸の間を埋めていけたら――」”. KADOKAWA (2018年11月26日). 2019年3月18日閲覧。

外部リンク[編集]