今夜、世界からこの恋が消えても

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
今夜、世界からこの恋が消えても
著者 一条岬
発行日 2020年2月22日
発行元 KADOKAWA
ジャンル 小説
日本の旗 日本
言語 日本語
形態 文庫判
ページ数 320
次作 今夜、世界からこの涙が消えても
コード ISBN 978-4-04-913019-5文庫判
Portal.svg ウィキポータル 文学
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

今夜、世界からこの恋が消えても』(こんや、せかいからこのこいがきえても)は、一条岬による小説[1]。通称は「セカコイ」[2]

2019年に第26回電撃小説大賞(メディアワークス文庫賞)を受賞している[1]。受賞時のタイトルは『心は君を描くから』[注 1][3][4]

本作は韓国でも人気があり、韓国語版が2022年2月時点で20万部超えの大ヒットとなっている[2][5]2022年6月には日本、韓国、中国版書籍の合計が50万部を突破した[6]

眠るとその日一日の記憶を失ってしまう「前向性健忘」を患った女子高生と、彼女に幸せな日々を送ってほしいと献身的に支えながらも、自らも大きな秘密を隠し持っている同級生の男子の儚く切ない恋愛を描く。

2022年7月29日に映画版が公開された[5]

あらすじ[編集]

高校生・神谷透の前の席の下川がいじめのターゲットにされ始めた。透が止めさせようとすると、いじめの主犯格の男が「今日中に一組の日野真織に告白してくれば止めてやる」と言い出した。 透は真織に嘘の告白をしてしまうが、真織が「放課後までお互い話しかけない」「連絡のやり取りは簡潔にする」「本気で好きにならない」という3つのルールを守ることを条件にOKの返事が返ってくる。

ふたりは付き合い始め、お互いに一緒に過ごす時間をとても幸せに思い、惹かれ合っていく。透は恋を嘘に出来なくなり、真織に「好きになってもいいかな」と尋ねる。しかし、真織は迷いながらも「前向性健忘っていってね。夜眠ると忘れちゃうの。一日にあったこと、全部」と自分の病気のことを打ち明ける。

新しい記憶が蓄積できず、寝ると毎日記憶がリセットされる真織は手帳や日記にその日一日の出来事を書き留め、翌朝に復習することで記憶をつなぎとめていた。透は、そんな彼女の日記を楽しいことで埋めたい、前向きに生きられるようにと献身的に向き合っていく。

登場人物[編集]

神谷透(かみや とおる)
主人公。高校生。公営団地で父親と二人暮らし。母は透が小学一年の時に病気で他界している。
その後は中学一年だった姉・早苗が母代わりになって家事などをやってくれていた。
嘘の告白から始まった恋だったが、真織をとても大切に思っている。
日野真織(ひの まおり)
透の恋人。高校生。特進クラスの一組。透のことを「私の彼氏くん」と呼ぶ。
事故で「前向性健忘」を患っており、眠りにつくとその日の記憶がリセットされる。
綿矢泉(わたや いずみ)
高校生。真織の親友。美人だが気難しそうと周囲に思われている。
透のことは信頼しており、真織と透と3人でよく一緒に行動している。
下川(しもかわ)
透の前の席の男子生徒。とても優しい性格。透と友人になる。
いじめのターゲットになっていたが、透の告白の後はいじめは止んでいた。
親の都合で中国の学校への転校が決まっている。
神谷早苗(かみや さなえ)
透の姉。作家。ペンネームは西川景子。クールな美人で透とは似ていない。
文芸界新人賞を受賞。「残滓ざんし」という作品で今年の「芥河賞」[注 2]を受賞している。
透たちの父
小説家を目指していたが、途中で諦めている。近くの自動車工場で勤務。
執筆をしているという名目で、家事は一切せず早苗や透に任せきりだった。

書誌情報[編集]

映画[編集]

今夜、世界からこの恋が消えても
監督 三木孝浩
脚本 月川翔
松本花奈
原作 一条岬
製作 春名慶
岸田一晃
川田尚広
製作総指揮 臼井央
出演者 道枝駿佑なにわ男子
福本莉子
古川琴音
前田航基
西垣匠
松本穂香
野間口徹
野波麻帆
水野真紀
萩原聖人
音楽 亀田誠治
主題歌 ヨルシカ左右盲
撮影 柳田裕男J.S.C.
編集 穗垣順之助
制作会社 TOHOスタジオ
製作会社 「今夜、世界からこの恋が消えても」製作委員会
配給 東宝
公開 日本の旗 2022年7月29日
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

2022年7月29日に公開された[7]。監督は三木孝浩、主演は道枝駿佑なにわ男子)と福本莉子[5]。道枝は本作が映画初主演となる[5]

キャッチコピーは「消さなきゃいけなかったのは 君と過ごした一年だった。[8]

撮影は藤沢市など神奈川県内を中心に各地で行われた(「主なロケ地」参照)。

公開初日には、主演の道枝駿佑と福本莉子の地元である大阪のTOHOシネマズ梅田にて初日舞台挨拶が実施され、福本と道枝が登壇、全国153館の映画館へ同時生中継が行われた[9][10]TOHOシネマズ六本木ヒルズでも初日舞台挨拶が行われ、主演の2人と共演する古川琴音、松本穂香、水野真紀、萩原聖人、三木孝浩監督が登壇した[11][12]

Filmarks(フィルマークス)が実施した「7月第5週公開映画の初日満足度ランキング」で1位を獲得している[13]

あらすじ(映画)[編集]

キャスト[編集]

主要人物[編集]

神谷透(かみや とおる)
演 - 道枝駿佑なにわ男子)(幼少期:後藤成貴、中学生時代:徳山凜響)
主人公。高校3年生。クラスでのいじめを止めるため、真織に嘘の告白をする。
真織とは思いがけず交際することになったが、真織のことはとても大切に思っている。
日野真織(ひの まおり)
演 - 福本莉子
透の同級生で恋人。交通事故で、眠るとその日の記憶を失ってしまう「前向性健忘」を患っている。
嘘の告白と分かりながらも透にOKの返事をするが、後から恋人のふりをすることを提案し、3つのルール[注 3]を示す。
綿矢泉(わたや いずみ)
演 - 古川琴音[14]
真織の同級生で親友。真織の病気を理解し支える。母親は有名なデザイナーで父親とは離婚調停中。
透のことは最初は警戒していたが、透も作家・西川文乃が好きなことを知り、打ち解けていく。
2人の交際も応援するようになり、透とはお互いに親友と思うようになるが、そのために物語の重要な鍵となる。

透の家族[編集]

神谷早苗(かみや さなえ)
演 - 松本穂香[14]
透の姉。小説家でペンネームは西川文乃[注 4]。「残滓ざんし」という作品で芥川賞を受賞する。
父親とは確執があり家を出ているが、家に残してしまった透を心配している。
透と真織の恋を優しく見守りつつも、透の健康や2人の未来を案じている。
神谷幸彦
演 - 萩原聖人[14] [15]
透たちの父親。小説家を目指していたが挫折。自堕落に日々を過ごしている。
神谷文乃
演 - 野波麻帆[14]
透たちの母。故人。心臓病で急逝している。一家の中心であり、太陽のような存在だった。

真織の家族[編集]

日野浩司
演 - 野間口徹[14][15]
真織の父親。優しく細やかな気遣いで真織に接している。
日野敬子
演 - 水野真紀[14][15]
真織の母親。真織のことを常に心配し、夫と共に真織に寄り添う。

透の関係者[編集]

下川
演 - 前田航基[16][14]
透の友人。クラスメイトの三枝から嫌がらせを受けており、透にかばってもらう。
三枝
演 - 西垣匠[16][14]
透のクラスメイト。下川に対する嫌がらせを止めようとした透に、条件として真織に告白しろとけしかける。

真織の関係者[編集]

医師
演 - 蔵原健
真織の担当の医師。真織は記憶障害から立ち直りつつあるようだと告げる。

湊陽高校[編集]

透と真織たちが通う高校。

三枝の友人
演 - 梶田冬磨赤木耀[17]
いつも三枝と一緒にいる。
透と真織のクラスメイト
演 - 鎌田らい樹新谷ゆづみ、中﨑花音[18]

その他[編集]

役名不詳
演 - 奥村アキラ、小沼朝生

スタッフ[編集]

主なロケ地[編集]

神奈川県藤沢市
  • 湘南海岸公園(芝生広場・水の広場)[20][21]… 透と真織の初デートの場所。江の島が見える海辺で透の手作りのお弁当を食べる場面、寝てしまった真織が記憶を失って混乱する場面が芝生広場で、泉が自転車で駆けつける場面が水の広場で撮影された。
  • 鵠沼伏見稲荷神社[20]… 真織とのデートで、透がおみくじを引いて大吉が出る。
  • 辻堂海浜公園[21][20]… 透と真織がサイクリングデートをする場所として撮影された。
  • 藤沢市民会館[21][20]… 真織が透を泉に引き合わせて泉の自宅に向かう場面、花火大会の場面などが撮影された。
神奈川県藤沢市鎌倉市
神奈川県茅ヶ崎市
  • 浜須賀歩道橋[23]… 水族館デートの後に真織・透・泉が、卒業式の後に真織と泉が通りかかりお別れの挨拶をする場所、透が泉に「自分がいなくなったら真織の日記から自分のことを消去してほしい」と頼む場所などとして撮影された。
神奈川県横浜市
  • 八景島シーパラダイス[20]… 真織とのデートで透がソフトクリームを落とす場面などが撮影された。クランクインの場所。
  • YOKOHAMA AIR CABIN[21][20]… 透と真織がデートで乗ったエアキャビン。
  • 横浜みなとみらい21・帆船日本丸[21][20]… 透と真織がデートで訪れた場所。2人で両手を広げて楽しく写真を写す場面が撮影された。
  • 関東学院大学[20]… 透と真織たちが通う「湊陽高校」として、階段教室で透が真織に嘘の告白をする場面、卒業式後の場面などが撮影された。
神奈川県平塚市
  • 東海大学湘南キャンパス[20]…「湊陽高校」として、雨の中の下校時に真織が透に尊敬する人を聞き、透が「西川文乃」と答える場面などが撮影された。
千葉県木更津市
  • 拓殖大学紅陵高等学校[20]…「湊陽高校」として、朝の授業前の場面、透の告白の翌日の場面、放課後に真織が透の教室を訪ねてくる場面が撮影された。
千葉県千葉市
東京都豊島区
  • サンシャイン水族館[20]… 透・真織・泉が訪れ、ショップでペンギンのキーホルダーをペアで手に取る場面などが撮影された。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ この言葉は、映画で福本莉子が演じる日野真織のエンディングの台詞として使用されている。
  2. ^ 作品の中での名称であり、「芥川賞」の誤字ではありません。
  3. ^ 「放課後まではお互いに話しかけないこと」「連絡のやり取りはできるだけ簡潔にすること」「本気で好きにならないこと」
  4. ^ 原作では「西川景子」。

出典[編集]

  1. ^ a b 今夜、世界からこの恋が消えても”. メディアワークス文庫. KADOKAWA. 2022年2月12日閲覧。
  2. ^ a b “道枝駿佑(なにわ男子)&福本莉子W主演で贈るラブストーリー『今夜、世界からこの恋が消えても』(セカコイ)、7月29日公開決定”. SCREEN ONLINE (株式会社 近代映画社). (2022年2月12日). https://screenonline.jp/SCREEN_Plus/17518139 2022年2月13日閲覧。 
  3. ^ “日本最大級の公募新人賞「第26回電撃大賞」受賞作品・受賞者決定!小説部門《大賞》に1作品が輝く” (プレスリリース), 株式会社KADOKAWA, (2019年10月6日), https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000006336.000007006.html 2022年2月13日閲覧。 
  4. ^ 『今夜、世界からこの恋が消えても』(P312)
  5. ^ a b c d “なにわ男子・道枝駿佑、映画初主演 福本莉子とW主演で感動ラブストーリー<今夜、世界からこの恋が消えても>”. モデルプレス (株式会社ネットネイティブ). (2022年2月12日). https://mdpr.jp/cinema/detail/3005472 2022年2月12日閲覧。 
  6. ^ “まさかの結末に世界で50万人が涙─今夏映画化で話題沸騰『今夜、世界からこの恋が消えても』待望の続編が発売!” (プレスリリース), 株式会社KADOKAWA, (2022年6月24日), https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000010754.000007006.html 2022年8月6日閲覧。 
  7. ^ “なにわ男子・道枝駿佑&福本莉子、W主演 『今夜、世界からこの恋が消えても』映画化”. ORICON NEWS (株式会社oricon ME). (2022年2月12日). https://www.oricon.co.jp/news/2224350/full/ 2022年2月12日閲覧。 
  8. ^ “夕暮れの道枝駿佑、福本莉子捉えた「セカコイ」ポスター、新キャストに古川琴音や松本穂香ら”. 映画ナタリー (株式会社ナターシャ). (2022年4月8日). https://natalie.mu/eiga/news/473079 2022年4月8日閲覧。 
  9. ^ “【レポート】『今夜、世界からこの恋が消えても』なにわ男子・道枝駿佑と福本莉子が、念願の故郷・大阪で舞台挨拶!”. anemo(アネモ) (アソート株式会社). (2022年8月1日). https://www.anemo.co.jp/movienews/report/sekakoi_02-20220801/ 2022年8月3日閲覧。 
  10. ^ 「今夜、世界からこの恋が消えても」 [@sekakoimovie] (2022年7月29日). "/#セカコイ 初日舞台挨拶&全国同時中継🎬✨\#道枝駿佑 さん・ #福本莉子 さんの地元・大阪の舞台挨拶の模様を全国の劇場で生中継🌍❤️関西弁でトークをした他、セカコイカラーの大きなハートマークが会場に♡"2人の地元・大阪で大いに盛り上がった舞台挨拶でした❣️" (ツイート). Twitterより2022年8月3日閲覧
  11. ^ “道枝駿佑、初の主演映画『今夜、世界からこの恋が消えても』は「一生忘れることができない“記憶に残る作品”」”. ぴあ (ぴあ株式会社). (2022年7月29日). https://lp.p.pia.jp/article/news/239729/index.html?detail=true 2022年8月3日閲覧。 
  12. ^ 「今夜、世界からこの恋が消えても」 [@sekakoimovie] (2022年8月3日). "\#セカコイ🌍❤ 大ヒット上映中❣️/舞台挨拶初日イベントオフショット公開📷東京の舞台挨拶には、#道枝駿佑 さん、#福本莉子さん、#古川琴音 さん、#松本穂香 さん、#水野真紀 さん、#萩原聖人 さん、#三木孝浩 監督が勢揃いしました😳✨映画を観たら #セカコイの記憶 で投稿してくださいね" (ツイート). Twitterより2022年8月3日閲覧
  13. ^ “【発表】映画『今夜、世界からこの恋が消えても』初日満足度ランキング1位獲得”. FILMAGA (株式会社つみき). (2022年8月1日). https://filmaga.filmarks.com/articles/183217/ 2022年8月3日閲覧。 
  14. ^ a b c d e f g h "古川琴音&松本穂香ら新キャスト、 道枝駿佑&福本莉子のサンセットビジュアル公開『今夜、世界からこの恋が消えても』". シネマカフェ. イード. 8 April 2022. 2022年4月8日閲覧
  15. ^ a b c “映画『今夜、世界からこの恋が消えても』なにわ男子 道枝駿佑×福本莉子、“号泣”恋愛小説を実写化”. FASHION PRESS (株式会社カーリン). (2022年4月8日). https://www.fashion-press.net/news/84376 2022年4月8日閲覧。 
  16. ^ a b “道枝駿佑×福本莉子、“観る小説”「夜の連続TikTok小説 セカコイ」毎夜投稿スタート”. ORICON NEWS (株式会社oricon ME). (2022年6月1日). https://www.oricon.co.jp/news/2236975/full/ 2022年7月27日閲覧。 
  17. ^ 赤木耀 Akagi Yoh [@yohyoh1122] (2022年7月29日). "【お知らせ】三木孝浩監督の「今夜、世界からこの恋が消えても」に道枝駿佑さん演じる神谷透の同級生として出演させていただきました!本日から全国の映画館で上映開始です!本当にとても泣ける素晴らしい作品なので是非劇場でご覧下さい!#セカコイ@sekakoimovie" (ツイート). Twitterより2022年7月29日閲覧
  18. ^ Merci Merci Official [@cq_merci_merci] (2022年7月4日). "【中﨑花音】映画出演情報!映画「今夜、世界からこの恋が消えても」女子高生役で出演いたします。2022年7月29日(金) ROAD SHOW!▼詳細はこちらからcampusqueen.jp/contents/538741ぜひ劇場でご覧ください!#中﨑花音 #セカコイ" (ツイート). Twitterより2022年7月29日閲覧
  19. ^ “ヨルシカ、なにわ男子・道枝駿佑×福本莉子『セカコイ』主題歌に起用 “90秒で涙する”予告公開”. ORICON NEWS (株式会社oricon ME). (2022年6月23日). https://www.oricon.co.jp/news/2239651/full/ 2022年6月23日閲覧。 
  20. ^ a b c d e f g h i j k l m 「今夜、世界からこの恋が消えても」劇場プログラム / 発行:東宝株式会社 映像事業部
  21. ^ a b c d e 観光モデルコース〉映画『セカコイ』のロケ地 ―― 透と真織の日々をめぐる”. JR東日本. 東日本旅客鉄道株式会社. 2022年8月1日閲覧。
  22. ^ “映画『今夜、世界からこの恋が消えても』タイアップ企画を実施いたします!”. 湘南モノレール (湘南モノレール株式会社). (2022年7月22日). https://www.shonan-monorail.co.jp/news/2022/07/post-542.html 2022年7月30日閲覧。 
  23. ^ 浜須賀歩道橋”. FOURSQUARE CITY GUIDE. 2022年8月1日閲覧。

外部リンク[編集]