日本映画撮影監督協会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

協同組合日本映画撮影監督協会(にほんえいがさつえいかんとくきょうかい)は、劇場用映画や映像作品を手がける撮影監督撮影技師、映像作品の撮影および収録業務の従事者で構成する日本の職能団体協同組合である。

概要[編集]

目的は、撮影技術の向上と所属会員の社会的・経済的地位の向上としている。おもな事務所の所在地は東京都新宿区新宿にある。英語表記はJapanese Society of Cinematographers(J.S.C.)。数百名の会員を擁する。映画のクレジットには会員名の後にJ.S.C.と表記する。

日本映画監督協会日本映画テレビ照明協会日本映画・テレビ録音協会日本映画・テレビ美術監督協会日本映画テレビ編集協会日本映画・テレビスクリプター協会とともに日本映像職能連合を構成、団体加盟し、これとは別に日本映画監督協会以外のこれら5団体とで日本映画メインスタッフ連合会を構成、これに加盟する。さらに著作者団体協議会映像関連団体連絡会にも加盟団体として加盟する。

略歴[編集]

  • 1954年(昭和29年)、前身の日本映画撮影者倶楽部創立、長井信一幹事長とする(1969年まで)
  • 1956年(昭和31年)、三浦賞設置
  • 1960年(昭和35年)、日本映画撮影監督協会に改称
  • 1962年(昭和37年)、機関誌『映画撮影』創刊
  • 1969年(昭和44年)、協同組合に改編
  • 1992年(平成 4年)、J.S.C.賞設置
  • 1999年(平成11年)、青年部設置
  • 2004年(平成16年)、撮影助手育成塾開設

歴代理事長[編集]

理事長 就任時期
三村明 1961年-1978年
2 楠田浩之 1978年-1981年
3 高村倉太郎 1981年-2002年
4 兼松熈太郎 2002年-

外部リンク[編集]