小林節雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

小林 節雄(こばやし せつお、1920年5月3日 - 2006年10月22日)は日本映画撮影監督静岡県出身。

経歴[編集]

1940年慶應義塾商工学校卒業と同時に日活多摩川撮影所に入社。1941年に出征。1946年大映に復帰。1971年の大映倒産後フリーになる。増村保造市川崑監督作品を中心に活躍。

撮影作品[編集]

出典・参考文献[編集]

  • 『映像メディア作家人名事典』日外アソシエーツ、1991年。ISBN 4816911111
  • 山口猛『映画撮影とは何か キャメラマン40人の証言』平凡社、1997年9月。ISBN 9784582282351
  • 佐藤忠男『日本の映画人―日本映画の創始者たち』日外アソシエーツ、2007年6月。ISBN 4816920358[1]
  • 『現代物故者事典2006~2008』日外アソシエーツISBN 978-4-8169-2165-0

脚注[編集]

  1. ^ P218より

外部リンク[編集]