玉井正夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
たまい まさお
玉井 正夫
生年月日 (1908-10-03) 1908年10月3日
没年月日 (1997-05-26) 1997年5月26日(88歳没)
出生地 日本の旗 日本愛媛県松山市[1]
民族 日本人
職業 撮影監督
ジャンル 映画
活動期間 1925年 - 1963年
配偶者 玉井好恵(妻)

玉井 正夫(たまい まさお、1908年10月3日 - 1997年5月26日)は、日本の撮影監督愛媛県松山市出身[1]

来歴・人物[編集]

1924年に大阪写真塾を出て帝国キネマ小坂撮影所に入り、1928年に市川右太衛門プロダクションに移って『野獣』でデビュー[1]。1931年には日本映画撮影監督協会設立に参加。1933年には日本カメラマン協会を設立。1936年にJ.O.スタヂオに転じる[1]。その後、J.O.スタヂオがP.C.Lなどと合併して発足した東宝に所属し、東宝の看板撮影監督の一人となった。特に成瀬巳喜男監督とのコンビで、数々の名作にカメラマンとして就いた。1961年に第一光映社に転属。

1997年5月26日午前5時20分に心不全のため死去(享年88歳)[2]

作品[編集]

受賞歴[編集]

出典・参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f 玉井正夫 コトバンク 20世紀日本人名事典
  2. ^ 読売新聞1997年5月26日夕刊15面より

外部リンク[編集]