楠田浩之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
くすだ ひろし
楠田 浩之
楠田 浩之
キネマ旬報社『キネマ旬報』第122号(1955)より
生年月日 (1916-04-14) 1916年4月14日
没年月日 (2008-09-13) 2008年9月13日(92歳没)
職業 撮影技師
ジャンル 映画
活動期間 1934年 - 1967年
活動内容 1934年 松竹蒲田撮影所入社
1936年 松竹大船撮影所異動
1943年 技師昇進
配偶者 楠田芳子
著名な家族 木下恵介 義兄
木下忠司 義兄
主な作品
二十四の瞳
野菊の如き君なりき
カルメン故郷に帰る

楠田 浩之(くすだ ひろし[1]1916年4月14日 - 2008年9月13日[1])は、日本の撮影技師である。名の読み「ひろゆき」は誤りである[1]

人物・来歴[編集]

1916年(大正5年)4月14日東京府東京市(現在の東京都)に生まれる[1]

旧制・京華中学校(現在の京華高等学校)を卒業する[1]。1934年(昭和9年)、松竹蒲田撮影所に入社、撮影部に配属されて撮影助手となる[1]小原譲治厚田雄春らに師事する[2]。1936年(昭和11年)、撮影所が蒲田から新設の松竹大船撮影所に引越し、楠田も異動になる[2]

1943年(昭和18年)、技師に昇進し、木下恵介監督の第1作『花咲く港』で、木下とともに一本立ちする[1][2]。以降、1951年(昭和26年)の日本最初のカラーフィルムによる長篇劇映画『カルメン故郷に帰る』、『二十四の瞳』(1954年)、『野菊の如き君なりき』(1955年)等、キャリアのほとんどが木下作品で埋め尽くされる[1][2]

1959年(昭和34年)、木下恵介監督の『楢山節考』で芸術選奨を受賞する[1]

2008年(平成20年)9月13日、死去した[1]。満92歳没。

フィルモグラフィ[編集]

特筆以外はすべて松竹大船撮影所製作作品である。

[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j 楠田浩之、『講談社 日本人名大辞典』、講談社コトバンク、2010年2月26日閲覧。
  2. ^ a b c d 楠田浩之、日本映画データベース、2010年2月26日閲覧。

外部リンク[編集]