野菊の如き君なりき

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
野菊の如き君なりき
監督 木下惠介
脚本 木下惠介
原作 伊藤左千夫
野菊の墓
製作 久保光三
音楽 木下忠司
撮影 楠田浩之
編集 杉原よ志
製作会社 松竹大船
配給 松竹
公開 1955年11月29日
上映時間 92分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

野菊の如き君なりき』(のぎくのごとききみなりき)は、1955年に公開された日本映画松竹製作。木下惠介監督・脚本。原作は伊藤左千夫の『野菊の墓』。昭和30年キネマ旬報ベストテン第3位。モノクロ

概要[編集]

「まつひとも、待たるる人も、かぎりなき、思ひ忍ばむ、北の秋風に」
明治の世。幽玄な信州の山河を背景に、身分の違いゆえ叶わず散った少年と、年上の少女の悲恋。73歳になった老人の回想形式で物語は進む。

あらすじ[編集]

スタッフ[編集]

出演者[編集]

外部リンク[編集]