伊藤熹朔

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
いとう きさく
伊藤 熹朔
生年月日 (1899-08-01) 1899年8月1日
没年月日 (1967-03-31) 1967年3月31日(満67歳没)
出生地 日本の旗 日本東京府東京市神田区三崎町
民族 日本人
職業 舞台美術家美術監督
ジャンル 舞台美術映画
活動期間 1920年代 - 1967年
主な作品
雨月物語[1]

伊藤 熹朔(いとう きさく、1899年8月1日 - 1967年3月31日[1])は、日本の舞台美術家美術監督である。伊藤熹朔賞に名を残す。

人物・来歴[編集]

1899年(明治32年)8月1日東京市神田区(現東京都神田三崎町に建築家伊藤為吉の四男として生まれる[1]。兄に舞踊家の伊藤道郎、弟に演劇人の千田是也[1]、妹暢子はのちに画家の中川一政を夫とした。

旧制・東京美術学校(現在の東京藝術大学美術学部)西洋画科に入学[1]、在学中から土方与志の模型舞台研究所に参加した。1923年(大正12年)に同校を卒業し、1924年大正13年)、『ジュリアス・シーザー』の装置で舞台美術家としてデビューする[1]。その後、築地小劇場、分裂後の劇団築地小劇場、築地座新協劇団などの舞台美術を手がけ、日本の舞台美術の先駆者となる。1930年(昭和5年)、六人会を結成、後進の育成に努めた。

1953年(昭和28年) 株式会社俳優座劇場付属の舞台美術部を芝区川桜町に開設

1956年(昭和31年)、イヴ・シァンピ監督による日仏合作映画『忘れえぬ慕情』の美術、1959年(昭和34年)には、ジョン・ヒューストン監督の『黒船 THE BARBARIAN AND THE GEISHA』の美術顧問を務め、国際的にも活動した[2]

1962年、菊池寛賞を受賞[3]

1964年(昭和39年)、日本芸術院会員になる[1]

1967年(昭和42年)3月31日、死去した[1]。満67歳没。

娘の伊藤弘子は女優となり、俳優の長谷川哲夫と結婚ののち引退した。2人の娘で熹朔の孫である上原真美も女優になっている。

フィルモグラフィ[編集]

特筆なきものは「美術」とクレジット[2]

ビブリオグラフィ[編集]

受賞歴[編集]

[編集]

  1. ^ a b c d e f g h 伊藤熹朔、『講談社 日本人名大辞典』、講談社コトバンク、2010年3月5日閲覧。
  2. ^ a b 伊藤憙朔、日本映画データベース、2010年3月5日閲覧。
  3. ^ 伊藤熹朔 年譜
  4. ^ 『朝日新聞』1950年4月1日(東京本社発行)朝刊、2頁。

外部リンク[編集]