谷よしの

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

谷 よしの (たに よしの、1917年1月17日 - 2006年2月4日) は、日本の女優。数多くの映画で脇役を演じる。登場シーンは短いながら庶民的な味わいのある演技で作品に彩りを添えた。

経歴・人物[編集]

1936年7月、松竹入社[1]。デビュー作は、島津保次郎監督の『浅草の灯』(1937年)。島津のもとで助監督を務めていた木下恵介から声がかかり、通行人の役で出演した[1]。以降、『カルメン故郷に帰る』など、木下作品にほぼ毎回出演した[1]。終戦直後に公開された『そよかぜ』にも出演している[1]

小津安二郎監督作品や『男はつらいよ』シリーズを始めとする山田洋次監督作品など、木下作品以外にも多くの映画に登場した。『男はつらいよ』シリーズでは36作品に出演し、うち28作品にクレジットされている。与えられた役もいろいろだが、主に柴又「とらや」のご近所さん、旅館の仲居、「とらや」の客、花売りなどが多い。映画ほど多くはないがテレビドラマへの出演もある。

最後の出演作は、2000年公開の『ホーム・スイートホーム』(入院患者の役)だった[1]。2006年2月4日に89歳で死去。

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

関連書籍[編集]

  • 阿部清司『谷よしの映画人生 天の巻』堀内家内工業、2005年
  • 阿部清司『追悼 女優・谷よしの』堀内家内工業、2006年
    • 上記の続編。追悼本。
  • 山田太一ほか著『人は大切なことも忘れてしまうから―松竹大船撮影所物語』マガジンハウス、1995年 ISBN 4838702698
    • 谷へのインタビューを収録。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e “嗚呼!!キネマの天地 さらば大船撮影所 (3)”. ZAKZAK (夕刊フジ). http://www.zakzak.co.jp/tsui-sat/tsuiseki/contents/0708_03.html 2015年6月25日閲覧。 

外部リンク[編集]