東京キッド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
東京キッド
美空ひばりシングル
B面 浮世船路
お祭りマンボ(1991年盤)
リリース
録音 1950年
日本の旗 日本
ジャンル 歌謡曲流行歌
レーベル 日本コロムビア
作詞・作曲 藤浦洸(作詞)
万城目正(作曲)
美空ひばり シングル 年表
白百合の歌
(1950年)
東京キッド
(1950年)
裏町パラダイス
(1950年)
テンプレートを表示

東京キッド」(とうきょうきっど)は、1950年7月20日に発売された美空ひばりシングルおよび、同年9月9日に公開された斎藤寅次郎監督による映画である。

概要[編集]

映画「東京キッド」の美空ひばり

1950年9月に公開され、当時13歳だったひばりが主演し、ひばりが「師匠」と慕っていた川田晴久との共演も果たした松竹映画『東京キッド』の主題歌として製作された。

明るく楽しいリズムの本楽曲と映画が共に大ヒットし、戦後混乱期の日本人に夢と希望を与えたと言われている[1]

「キッド」とは「子供、若者」という意味であり、本楽曲のタイトルは「東京の街の子」という意味がある。

「チューインガム」、「フランス香水」、「チョコレート」など舶来のものが歌詞に多く含まれており、戦後間もない当時としては斬新なものであった[2]

当時「天才少女歌手」と呼ばれた美空ひばりの初期の代表曲として知られており、本楽曲は美空ひばりの全シングルの売り上げランキング第9位となっている[3]。また、『悲しき口笛』などのヒットで当時売れっ子となっていたひばりの人気を不動のものにした[4]

1998年時点でのシングル(アナログ盤とCDの合計)売上は日本コロムビア調べで100万枚(概数)[5]

収録曲[編集]

オリジナル盤[編集]

  1. 東京キッド
  2. 浮世航路
    • 作詞:藤浦洸、作曲:万城目正、編曲:田代与志

1991年盤[編集]

  1. 東京キッド
    • 作詞:藤浦洸、作曲:万城目正、編曲:仁木他喜雄
  2. お祭りマンボ

カバー[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 東京キッド(DVD)|松竹DVD倶楽部
  2. ^ 『現代世相風俗史年表』(河出書房新社、2009年)
  3. ^ 「あのころ番付 ひばり『柔』は190万枚」『日経プラスワン』2000年6月24日付、1頁。
  4. ^ 美空ひばりの映画『青空天使』(1950年)について - 太田米男 (大阪芸術大学
  5. ^ 毎日新聞』1998年6月22日付大阪夕刊、1頁。

関連項目[編集]