新・男はつらいよ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
新・男はつらいよ
監督 小林俊一
脚本 山田洋次
宮崎晃
製作 斎藤次郎
出演者 渥美清
倍賞千恵子
栗原小巻
横内正
財津一郎
笠智衆
音楽 山本直純
主題歌 渥美清『男はつらいよ』
撮影 高羽哲夫
編集 石井巌
配給 松竹
公開 日本の旗 1970年2月27日
上映時間 92分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
配給収入 1億2000万円[1]
前作 男はつらいよ フーテンの寅
次作 男はつらいよ 望郷篇
テンプレートを表示

新・男はつらいよ』(しん・おとこはつらいよ)は、1970年2月27日に公開された日本映画男はつらいよシリーズの4作目。同時上映は『アッと驚く為五郎』。

あらすじ[編集]

名古屋の競馬場で大穴を当てたフーテンの寅こと車寅次郎が名古屋からタクシーで久しぶりに懐しの生まれ故郷柴又に帰って来た。柴又では寅さんのおいちゃん夫婦、妹さくら、その夫博らが寅さんの噂に花を咲かせていた。寅さんは100万円を見せびらかせ大得意、日頃の恩返しにとおいちゃん夫婦をハワイ旅行に行かせると大はりきりだった。弟分で今は旅行社に勤める登に準備万端をととのわせた寅さんは、日一日とハワイの夢に胸はずませるおいちゃん夫婦に有頂天。この噂は近所に知れ、寅さんの株はグッとあがった。ハワイへ出発する日がやってきた。が、好事魔多し、寅さんの金を登の社長が持逃げして、旅行の夢ははかなくも消えた。そんな寅は竜造、つねと空港でたたずんでいた。そこで同行した博は一足先に帰ったが、3人は寝静まった隙を狙ってとらやに戻った。店のカーテンをしっかり締め、出来るだけ身動きをとらないようにしていたが、ずうずうしい泥棒(財津一郎)が入ってきて、寅次郎はお金を渡したところで、駆けつけた警官らにハワイ旅行に行っていなかったことがばれてしまう。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

ロケ地[編集]

記録[編集]

  • 観客動員:48万5000人[1]
  • 配給収入:1億2000万円[1]
  • 上映時間:92分

脚注[編集]

  1. ^ a b c 日経ビジネス』1996年9月2日号、131頁。

外部リンク[編集]