男はつらいよ 柴又より愛をこめて

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
男はつらいよ 柴又より愛をこめて
監督 山田洋次
脚本 山田洋次
朝間義隆
原作 山田洋次
製作 島津清
中川滋弘
出演者 渥美清
栗原小巻
川谷拓三
音楽 山本直純
撮影 高羽哲夫
編集 石井巌
配給 松竹
公開 日本の旗 1985年12月28日
上映時間 106分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
配給収入 10億5000万円
前作 男はつらいよ 寅次郎恋愛塾
次作 男はつらいよ 幸福の青い鳥
テンプレートを表示

男はつらいよ 柴又より愛をこめて』(おとこはつらいよ しばまたよりあいをこめて)は、1985年12月28日に公開された日本映画。『男はつらいよ』シリーズの36作目。タイトルは『007 ロシアより愛をこめて』から。

あらすじ[編集]

とらやの裏の印刷工場を経営するタコ社長の娘あけみ(美保純)が夫婦関係に嫌気が差し家出した。タコ社長はテレビの尋ね人コーナーに出演するなどして必死に探し、その甲斐あって、あけみが伊豆の下田にいることがわかった。旅から帰った寅次郎は、あけみを連れ戻すために下田へと赴く。仲間の長八のつてであけみを見つけ出し、駄々をこねるあけみをなだめながら、式根島にまで足を運ぶことになった。

そして、島へ渡る船の中で、島の小学校の同窓会に出席する11人の青年に出会った寅次郎は、彼らを桟橋で出迎える島のマドンナ、真知子先生(栗原小巻)の姿を目にするや、その美しさにうっとり。教え子の一人になりすますと、『二十四の瞳』の子供のようにはしゃぎ回るのであった。もちろん、あけみのことなどすっかり頭から吹き飛んでいた。放っておかれたあけみは、旅館の息子茂(田中隆三)に、絶景や温泉を回りつつ宿に案内されていた。次の日、あちこち茂に案内されたあけみは、突然茂からプロポーズされる。しかし、あけみは「人妻なの、ごめんなさい」と告げ、一目散に茂のもとから去っていった。その夜、あけみは寅次郎に明日柴又に帰ることをつげ、寅次郎もさくらにきつく言われていた手前、しぶしぶ帰ることを了承し、桟橋で真知子先生に別れを告げ柴又に戻った。

あけみが帰ってきたことに、タコ社長は大喜び。しかし、寅次郎はそんなことよりも、真知子先生の事で頭がいっぱいなのであった。しばらくするとそこへ、父親の病気のため上京していた真知子先生がとらやに現れる。すっかり、有頂天の寅次郎だったが、真知子はその夜、死んだ親友の娘(磯崎亜紀子)の父親(川谷拓三)から、プロポーズされていることを寅次郎に相談した。式根島に戻るため、飛行場に見送りにきていた寅次郎は真知子に、心中複雑ながらも、是非結婚して幸せになるように告げるのであった。またしても、自分の幸福より他人の幸福を望んでしまう寅次郎であった。

この作品で諏訪家にビデオデッキが初登場。

キャスト[編集]

ロケ地[編集]

スタッフ[編集]

記録[編集]

同時上映[編集]

受賞[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ ラストカットにはかんざんじロープウェイ浜名湖パルパルが登場している。

出典[編集]

関連項目[編集]

  • 森本ワイド モーニングEye - 劇中で放送の当番組にタコ社長が出演。上記の通り、当時の司会者(森本毅郎、石井和子)が出演者としてクレジットされた。

外部リンク[編集]