男はつらいよ 寅次郎と殿様

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
男はつらいよ 寅次郎と殿様
監督 山田洋次
脚本 山田洋次
朝間義隆
原作 山田洋次
製作 島津清
出演者 渥美清
真野響子
倍賞千恵子
前田吟
寺尾聰
三崎千恵子
下條正巳
笠智衆
三木のり平
嵐寛寿郎
音楽 山本直純
撮影 高羽哲夫
編集 石井巌
配給 松竹
公開 日本の旗 1977年8月6日
上映時間 99分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
配給収入 8億4900万円
前作 男はつらいよ 寅次郎純情詩集
次作 男はつらいよ 寅次郎頑張れ!
テンプレートを表示

男はつらいよ 寅次郎と殿様』(おとこはつらいよ とらじろうととのさま)は、1977年8月6日に公開された日本映画男はつらいよシリーズの19作目。同時上映は中村雅俊主演の『坊ちゃん』。

あらすじ[編集]

殿様の家としてロケされた大洲市にある「旧加藤家住宅主屋」

端午の節句を迎えた柴又に寅次郎が帰ってくるが、満男のために買ったこいのぼりを巡って早速一悶着を起こしてしまい、挙句とらやで飼い始めた犬に「トラ」と名付けたのが気に入らず、すぐさま旅に出てしまう。そして寅次郎は仕事で伊予大洲市に立ち寄った晩、旅館で一人の女性(真野響子)と出会い、何やら寂しげな様子を察した寅は彼女に鮎料理をご馳走する。女性が東京の青砥に住み、柴又の団子屋を知っていると聴いて驚く寅次郎。

翌日、寅次郎は大洲城の近くで、偶然に知り合った老人(嵐寛寿郎)の家に招待される。二人連れ立って歩いていると町の人々が老人に丁寧に挨拶するのを不思議に思うが、実は老人の正体は大洲の殿様の子孫・藤堂久宗だった。彼の執事(三木のり平)は寅次郎を怪訝そうに思うも、殿様はすっかり寅のことを気に入ってしまい、寅を体よく追い出そうとする執事に対し刀を抜いて怒り出す。どこか世間ズレした殿様にまたも驚く寅次郎。

そして寅次郎が東京人だと知った殿様は、東京で亡くなったという次男の話をする。次男には嫁の「まりこ」がいたが、その結婚を「身分違い」として認めず勘当同然の扱いをしたと言う。今はすっかり反省した殿様は、せめて息子の嫁に会って謝りたいと、寅次郎に探してくれるように依頼する。例によって酒の勢いで安請け合いした寅次郎だが、殿様は完全に信用しきっており、寅を追いかけて上京してしまった。困り果てた寅次郎はとらやの面々も巻き込み「東京にいるまりこ」という情報だけで、自分の足で「まりこ」を探そうとするが当然上手くいかない。

そんなとらやにかつて寅が伊予大洲で出会った例の女性が現れた。彼女の名前は「まりこ」で、かつて愛媛出身の夫と死に別れたというのだ。

キャスト[編集]

ロケ地[編集]

スタッフ[編集]

記録[編集]

  • 観客動員:140万2000人[1]
  • 配給収入:8億4900万円(1977年邦画配給収入第9位)[2](8億2000万円[1]とも)
  • 上映時間:99分

脚注[編集]

  1. ^ a b 日経ビジネス』1996年9月2日号、131頁。
  2. ^ 『キネマ旬報ベスト・テン全史: 1946-2002』 キネマ旬報社、2003年、223頁。ISBN 4-87376-595-1

外部リンク[編集]