脇坂氏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
脇坂氏
家紋
輪違い
本姓 藤原氏
家祖 脇坂安明
種別 武家
華族子爵
主な根拠地 播磨国龍野江戸時代の藩領)
著名な人物 脇坂安治
脇坂安照
脇坂安董
脇坂安宅
凡例 / Category:日本の氏族

脇坂氏(わきざかし / わきさかし)は、日本氏族

概要[編集]

脇坂氏が史上に現れるのは脇坂安明の子の安治の代からであり、藤原姓を称していたものの、安明以前の系譜は明確ではない。『寛永諸家系図伝』の編纂にあたっては、安明から系図を書き起こし「北南それとも知らずこの糸のゆかりばかりの末の藤原」という和歌を添えたという逸話がある。これは『寛政重修諸家譜』でも踏襲されている。家紋は輪違い、通字は「」。

野史』では、浅井秀政の三男・生秀の孫・教政が、九条家の所領近江国浅井郡脇坂庄の下司となったのが脇坂氏の祖で、その5代後が安明であるという[1]

安治は織田・豊臣に歴仕し、賤ヶ岳の七本槍として名を揚げた。その後淡路洲本藩に3万石を与えられ、水軍の大将となった。2代安元堀田氏から養嗣子安政を迎えたことで、願譜代としての待遇を受けるようになった。10代当主の安董寺社奉行老中として活躍し、正式な譜代扱いを受けるようになった。子の安宅も老中を務めている。

関ヶ原の戦いでは本領安堵を受け、慶長9年(1609年)に伊予大洲藩5万3,000石、元和3年(1617年)には信濃飯田藩5万5,000石(後に分知で5万3,000石)、寛文12年(1672年)に播磨龍野藩5万3,000石(後に分知で5万1,089石)と移封され、以後定着した。明治時代には子爵

歴代当主[編集]

  1. 脇坂安治
  2. 脇坂安元
  3. 脇坂安政
  4. 脇坂安照
  5. 脇坂安清
  6. 脇坂安興
  7. 脇坂安弘
  8. 脇坂安実
  9. 脇坂安親
  10. 脇坂安董
  11. 脇坂安宅
  12. 脇坂安斐
  13. 脇坂安煕
  14. 脇坂安之
  15. 脇坂研之
  16. 脇坂安知2007年 - 現在)

系図[編集]

凡例:∥=養親子

 安明
  ┣━━┓
 安治 安景
  ┣━━┳━━┓
 安忠 安元 安信
  ┏━━╋━━┓ 堀田正盛
  ∥  ∥  ∥  ┣━━┓
 安経 安利 安政←安政 正信
     ┏━━┫     ┃
    安村 安照    正休
  ┏━━┳━━┫     ┃
 安清 安利 照武    正朝
  ┣━━┓        ┃
 安貞 安興       正陳
  ┏━━┫        ┃
 安弘 安実       安親(*)
     ∥
    安親(*)
  ┏━━┫
 安董 安教
  ┃
 安宅
  ∥
 安斐

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 大日本人名辞書刊行会編 国立国会図書館デジタルコレクション 『大日本人名辞書』下巻 大日本人名辞書刊行会、1926年http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1879535/718 国立国会図書館デジタルコレクション 

外部リンク[編集]