脇坂安興

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
脇坂安興
時代 江戸時代中期
生誕 享保2年5月11日1717年6月19日
死没 延享4年8月10日1747年9月14日
改名 豊之助(幼名)、安興
墓所 京都府京都市右京区花園妙心寺隣花院
東京都中野区上高田青原寺
官位 従五位下中務少輔淡路守
幕府 江戸幕府
主君 徳川吉宗家重
播磨龍野藩
氏族 脇坂氏
父母 脇坂安清鵜川内蔵助娘・慈性院
兄弟 安貞、清次郎、安興甘露寺規長継室、
内藤政里正室、女子
津軽信興
本間氏、小堀氏
宝勝院、安弘安実竹腰勝起正室、
片桐貞芳正室、斉藤三益継室
テンプレートを表示

脇坂 安興(わきさか やすおき)は、江戸時代中期の大名播磨国龍野藩4代藩主。龍野藩脇坂家6代。官位従五位下中務少輔淡路守

略歴[編集]

享保2年(1717年)5月11日、3代藩主・脇坂安清の三男[1]として誕生。

兄・安貞が早世したために世子となり、享保7年(1722年)の父の死去により跡を継いだ。享保16年(1731年)12月に叙任される。元文5年(1740年)には龍野の史書である『龍野志』が編纂された。

延享4年(1747年)8月10日に死去し、跡を長男・安弘が継いだ。

系譜[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 異説として次男。