堀切 (葛飾区)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本 > 東京都 > 葛飾区 > 堀切 (葛飾区)
堀切
—  町丁  —
堀切菖蒲園駅
堀切の位置(東京23区内)
堀切
堀切
堀切の位置
座標: 北緯35度44分51.17秒 東経139度49分40.17秒 / 北緯35.7475472度 東経139.8278250度 / 35.7475472; 139.8278250
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Tokyo Prefecture.svg 東京都
特別区 Flag of Katsushika-ku, Tokyo.svg 葛飾区
人口 (2017年(平成29年)12月1日現在)[1]
 - 計 28,371人
等時帯 日本標準時 (UTC+9)
郵便番号 124-0006[2]
市外局番 03[3]
ナンバープレート 足立

堀切(ほりきり)は、東京都葛飾区町名。現行行政地名は堀切一丁目から堀切八丁目。住居表示実施済み区域である。郵便番号は124-0006[2]

地理[編集]

葛飾区西部、荒川東岸の低地にあたり、対岸は北から足立区墨田区に接する。町域の北は小菅および西亀有、東は東堀切および宝町、南は四つ木に接する。

町の中央を東京都道308号千住小松川葛西沖線(平和橋通り)が南北に横切っている。この平和橋通りと京成本線が交差するあたりに堀切菖蒲園駅がある。実際の菖蒲園は、この地点より南西に約10分ほど歩いたところにある。

菖蒲園のある綾瀬川沿いには首都高速中央環状線が通っており、菖蒲園の北300メートルほどに堀切ジャンクションがある。ここはかつて、堀切橋(旧橋)が架かっていたところである。

テレビドラマ3年B組金八先生』や『親子ゲーム』のロケ地であった東武伊勢崎線堀切駅周辺は、荒川対岸の足立区千住曙町にある。大正年間に荒川が開削される前は地続きであった。また、堀切駅自体も現在より東にあったが、開削予定地に当たったため現在地に移動した。なお移動前は花菖蒲の名所、堀切園(現・堀切菖蒲園)の最寄駅であった。現在では葛飾区と堀切駅周辺とは荒川上流の堀切橋を利用し、約1km迂回しないと往来できない。

広域地名[編集]

京成電鉄堀切菖蒲園駅を中心とした生活エリアをまとめて「堀切」または「堀切菖蒲園」と呼んだり、荒川の開削によって分断された東武伊勢崎線堀切駅周辺を加えて「堀切」とするケースもある。

地価[編集]

住宅地の地価は、2014年平成26年)1月1日公示地価によれば、堀切8-4-16の地点で31万1000円/m2となっている。[4]

歴史[編集]

堀切村は、江戸時代には武蔵国葛飾郡に属した。明治維新後、小菅県を経て東京府に属し、1878年郡区町村編制法により南葛飾郡の所属となった。1889年5月1日町村制施行に際して周辺各村と合併して南綾瀬村大字となる。南綾瀬村は1928年2月1日に町制を施行して南綾瀬町となり、1932年10月1日東京市に編入されて葛飾区の一部となった。

1930年代までは東京(江戸)近郊の農村地帯であり、堀切園をはじめとする菖蒲園が集まり著名な行楽地となった。しかし、東京市に編入される頃から都市化が進行し、環境の悪化から堀切園以外の菖蒲園は太平洋戦争期までに廃園となった。高度経済成長期までに工業地として都市化は完了し、現在では住宅に小工場や堀切菖蒲園駅周辺の商店街が混在する地区となっている。

地名の由来[編集]

主に外敵の侵入防止のため集落の周囲に人工的に開削された溝()の一種が堀切と呼ばれる。

世帯数と人口[編集]

2017年(平成29年)12月1日現在の世帯数と人口は以下の通りである[1]

丁目 世帯数 人口
堀切一丁目 2,172世帯 4,647人
堀切二丁目 2,928世帯 5,617人
堀切三丁目 1,634世帯 3,082人
堀切四丁目 2,163世帯 4,032人
堀切五丁目 1,662世帯 2,956人
堀切六丁目 1,326世帯 2,558人
堀切七丁目 1,426世帯 2,889人
堀切八丁目 1,313世帯 2,590人
14,624世帯 28,371人

小・中学校の学区[編集]

区立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[5][6]

丁目 番地 小学校 中学校
堀切一丁目 全域 葛飾区立綾南小学校 葛飾区立堀切中学校
堀切二丁目 全域 葛飾区立堀切小学校
堀切三丁目 全域
堀切四丁目 9~10番
その他 葛飾区立こすげ小学校 葛飾区立綾瀬中学校
堀切五丁目 1~7番
その他 葛飾区立南綾瀬小学校 葛飾区立双葉中学校
堀切六丁目 1~10番
26番
29~34番
葛飾区立青葉中学校
その他 葛飾区立東綾瀬小学校
堀切七丁目 全域
堀切八丁目 全域 葛飾区立西亀有小学校

交通[編集]

鉄道[編集]

道路[編集]

施設[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 葛飾区の世帯と人口”. 葛飾区 (2017年12月1日). 2017年12月18日閲覧。
  2. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2017年12月18日閲覧。
  3. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2017年12月18日閲覧。
  4. ^ 国土交通省地価公示・都道府県地価調査
  5. ^ 葛飾区小学校通学区域一覧”. 葛飾区 (2015年12月16日). 2017年12月18日閲覧。
  6. ^ 葛飾区中学校通学区域一覧”. 葛飾区 (2015年12月16日). 2017年12月18日閲覧。