西新小岩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
日本 > 東京都 > 葛飾区 > 西新小岩
西新小岩
—  町丁  —
新小岩公園
西新小岩の位置(東京23区内)
西新小岩
西新小岩
西新小岩の位置
座標: 北緯35度43分10.56秒 東経139度51分0.94秒 / 北緯35.7196000度 東経139.8502611度 / 35.7196000; 139.8502611
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Tokyo Prefecture.svg 東京都
特別区 Flag of Katsushika-ku, Tokyo.svg 葛飾区
人口 (2017年(平成29年)12月1日現在)[1]
 - 計 16,776人
等時帯 日本標準時 (UTC+9)
郵便番号 124-0025[2]
市外局番 03[3]
ナンバープレート 足立

西新小岩(にししんこいわ)は、東京都葛飾区町名。現行行政地名は西新小岩一丁目から五丁目。住居表示実施済み区域である。郵便番号124-0025[2]

地理[編集]

葛飾区の南部、新小岩駅の北西に位置し、奥戸地域に属する。北東で東新小岩一・五・七・八丁目、南東で新小岩一丁目、南西で中川荒川荒川放水路)を挟んで対岸に平井および墨田区東墨田、北西で中川を挟んで対岸に東四つ木一・二丁目と隣接する。新小岩駅を中心に商業地が展開されている。東新小岩とは東京都道308号千住小松川葛西沖線で画し、新小岩とは総武本線の鉄路で画す。荒川・中川を隔てる中土手へは平井大橋で渡ることができ、葛飾あらかわ水辺公園置かれているほか、首都高速中央環状線平井大橋出入口で接続されている。

歴史[編集]

地名の由来[編集]

国鉄総武本線新小岩駅(現・JR東日本)に由来する。住居表示実施以前は、上平井町・平井中町・下小松町などの町名であった。

世帯数と人口[編集]

2017年(平成29年)12月1日現在の世帯数と人口は以下の通りである[1]

丁目 世帯数 人口
西新小岩一丁目 1,423世帯 2,643人
西新小岩二丁目 567世帯 1,026人
西新小岩三丁目 1,836世帯 3,665人
西新小岩四丁目 3,206世帯 5,871人
西新小岩五丁目 1,757世帯 3,571人
8,789世帯 16,776人

小・中学校の学区[編集]

区立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[4][5]

丁目 番地 小学校 中学校
西新小岩一丁目 全域 葛飾区立松上小学校 葛飾区立新小岩中学校
西新小岩二丁目 全域
西新小岩三丁目 1~4番
9~15番
その他 葛飾区立上平井小学校
西新小岩四丁目 4~12番
21~27番
36~38番
その他 葛飾区立松上小学校
西新小岩五丁目 全域 葛飾区立上平井小学校

交通[編集]

鉄道[編集]

鉄道

バス[編集]

新小岩駅を中核に路線バスの網が広がる。

道路・橋梁[編集]

道路
橋梁
  • 平和橋(中川の橋梁。対岸に東立石・東四つ木)
  • 上平井橋(中川の河川橋梁。対岸に東四つ木)
  • 平井大橋(中川・荒川の河川橋梁。対岸に江戸川区平井
  • 総武本線荒川中川橋梁(荒川・中川の鉄道河川橋梁)

施設・寺社[編集]

企業

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 葛飾区の世帯と人口”. 葛飾区 (2017年12月1日). 2017年12月18日閲覧。
  2. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2017年12月18日閲覧。
  3. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2017年12月18日閲覧。
  4. ^ 葛飾区小学校通学区域一覧”. 葛飾区 (2015年12月16日). 2017年12月18日閲覧。
  5. ^ 葛飾区中学校通学区域一覧”. 葛飾区 (2015年12月16日). 2017年12月18日閲覧。