新宿 (葛飾区)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日本 > 東京都 > 葛飾区 > 新宿 (葛飾区)
新宿
—  町丁  —
亀有警察署
新宿の位置(東京23区内)
新宿
新宿
新宿の位置
座標: 北緯35度45分42.74秒 東経139度51分42.36秒 / 北緯35.7618722度 東経139.8617667度 / 35.7618722; 139.8617667
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Tokyo Prefecture.svg 東京都
特別区 Flag of Katsushika-ku, Tokyo.svg 葛飾区
人口 (2017年(平成29年)12月1日現在)[1]
 - 計 15,172人
等時帯 日本標準時 (UTC+9)
郵便番号 125-0051[2]
市外局番 03[3]
ナンバープレート 足立

新宿(にいじゅく)は、東京都葛飾区にある町名住居表示実施済み。現行行政地名は新宿一丁目から六丁目。郵便番号は125-0051[2]

地理[編集]

葛飾区の北部、中川の東岸に位置する。北で南水元、東で東金町金町および柴又、南で高砂、西で中川を挟んで亀有青戸および足立区中川と隣接する。町域の中央を国道6号が東西に貫いている。町域内の多くは住宅地となっている。北部の六丁目にはかつて三菱製紙中川工場があったが、2003年に撤退後、現在では広大な空き地の一部が三菱ガス化学東京研究所として利用されている他、マンション、老人ホームなどが建設されている。東京理科大学が2013年4月に開設され、理学部第一部の応用物理学科、 工学部第一部の建築学科・電気工学科・機械工学科、工学部第二部の建築学科・電気工学科、基礎工学部の電子応用工学科・材料工学科・生物工学科が設置されている[4]

国道6号水戸街道)と新金貨物線が交差する新宿新道踏切を中心に激しい渋滞が発生するため、交通情報でよく聞かれる地名の一つである。

地価[編集]

住宅地の地価は、2014年平成26年)1月1日公示地価によれば、新宿1-21-11の地点で25万2000円/m2となっている[5]

歴史[編集]

江戸時代水戸街道の宿場町で、成田街道佐倉街道)との分岐点があった。明治になり常磐線が開通した際、亀有・新宿間に架かっていた有料橋中川橋の減収を懸念して住民が近くに駅を作ることに反対、隣接する亀有に駅ができたため、以降町の発展が遅れた。

地名の由来[編集]

由来は「新居の宿」の略称からといわれている。

世帯数と人口[編集]

2017年(平成29年)12月1日現在の世帯数と人口は以下の通りである[1]

丁目 世帯数 人口
新宿一丁目 1,211世帯 2,510人
新宿二丁目 891世帯 1,827人
新宿三丁目 987世帯 2,223人
新宿四丁目 1,084世帯 2,211人
新宿五丁目 1,060世帯 2,103人
新宿六丁目 1,940世帯 4,298人
7,173世帯 15,172人

小・中学校の学区[編集]

区立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[6][7]

丁目 番地 小学校 中学校
新宿一丁目 全域 葛飾区立新宿小学校 葛飾区立新宿中学校
新宿二丁目 全域
新宿三丁目 29~33番 葛飾区立住吉小学校
その他 葛飾区立柴原小学校
新宿四丁目 全域 葛飾区立新宿小学校
新宿五丁目 全域
新宿六丁目 1~2番
6番
葛飾区立飯塚小学校 葛飾区立金町中学校
その他 葛飾区立花の木小学校

交通[編集]

鉄道[編集]

町域内を東日本旅客鉄道常磐線と新金貨物線の路線はあるものの、鉄道駅は存在しない。以下に新宿地域の近隣の最寄駅を挙げる。

常磐緩行線金町駅(金町六丁目所在)
京成本線京成高砂駅(高砂五丁目所在)
京成金町線:京成高砂駅/柴又駅(柴又所在)/京成金町駅(金町所在)
北総線:京成高砂駅

道路・橋梁[編集]

施設[編集]

行政
郵便局
教育
文化
  • 葛飾区新宿図書センター
  • 葛飾区科学教育センター「未来わくわく館」
公園
企業
  • 三菱ガス化学東京テクノパーク

史跡・寺社[編集]

  • 西念寺
  • 宝蓮寺
  • 立増寺
  • 浄心寺
  • 日枝神社
  • 花の木稲荷神社

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 葛飾区の世帯と人口”. 葛飾区 (2017年12月1日). 2017年12月18日閲覧。
  2. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2017年12月18日閲覧。
  3. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2017年12月18日閲覧。
  4. ^ 概要,2014-9-16閲覧。
  5. ^ 国土交通省地価公示・都道府県地価調査
  6. ^ 葛飾区小学校通学区域一覧”. 葛飾区 (2015年12月16日). 2017年12月18日閲覧。
  7. ^ 葛飾区中学校通学区域一覧”. 葛飾区 (2015年12月16日). 2017年12月18日閲覧。